ここから本文です
中村與資平記念館別館
::2019年・令和元年・猪年

書庫全体表示

宗像主一の経歴

イメージ 1

宗像主一(1893-1965年)の経歴


「明治26年(1893)2月15日生
原籍 広島県安芸郡奥海田村(現・海田町)
大連の住所 大連市山縣通138
大正8年東京帝国大学工科大学を卒業直後来連し、中村建築事務所入り、技師長として設計監督の事務を執っていたが、大正10年同所主、工学士中村與資平氏が欧米漫遊して帰朝し、組織を変更して中村宗像建築事務所と改称し、中村氏は京城に常駐することになり、宗像氏が(大連の)全てを継承して経営に当たり、今日に至る。
商号 中村宗像建築事務所
開業年月 大正6(1917)年3月
営業所 大連市霧島町23
従業員 井関緑、衛藤右三郎」
(以上、大正13年刊『満洲土木建築業興信録』より)

衞藤右三郎氏は1922年入所、15年間設計監督に従事した後、1937年満洲国の特殊会社「満洲生活必需品株式会社」に入社。戦後は、鹿児島市で設計事務所経営。
熊本市出身、1904年-1992年没
参考:衞藤中山設計HP http://www.ens-nac.co.jp/founder/profile/

主な建築作品 ◎現存 ○改装 ★撤去 ?不明

1923年 救世軍大連会館 ★
1925年 横浜正金銀行奉天支店 ◎
1927年 三越呉服店大連出張所 ◎
    景賓巷街60号S氏住宅(116160)?
1929年 大連市黒石礁K氏住宅(116154)?
1930年 連鎖商店A区〜H区(大連市) ◎、一部★
    南満洲電気蠑莵膽動車待合所(大連市)◎
    周水子小野田セメント会社小学校講堂 ?
    水明荘K氏邸(大連黒石礁)?
1931年 米国領事館(大連市)○
    四平街輸入組合(四平街中央大街)二階建て貸店舗等 ?
    熊岳城農業実習所牛舎、サイロ(施主:熊岳城農事試験所)?
1933年頃 大連羽衣高等女学校 ◎
1935年以前 早苗町富士見寮(大連市)?
1936年 東洋拓殖大連支店 ◎
1938年 石田邸(大連市高砂町32)?
    丸永商店(大連市敷島町41)?
    消費組合大連眞金町分配所(大連市眞金町52)?

肖像写真は『東アジアの日本人建築家』西澤泰彦著、柏書房2011年より
同書によれば、戦後、宗像は1946年3月から47年2月まで、大連に進駐したソ連軍の技術顧問として活動し、帰国後、58年までアメリカ軍の技術顧問として活動した。晩年に書き遺した「履歴書」には個人住宅を除き、44件の建物が記されているという。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事