よっし〜の東京的休日

2016年6月、新生活はじめます。

全体表示

[ リスト ]

AKB48 : “声優選抜”にまゆゆら9人決まる 初アニメ「AKB0048」で主演

(2011年12月13日 まんたんウェブ)
http://mantan-web.jp/2011/12/13/20111213dog00m200031000c.html
アイドルグループ「AKB48」の初テレビアニメの主演声優9人を決める「声優公開オーディション」が13日、東京都内で行われ、AKB48とその姉妹グループ総勢200人のメンバーの中から渡辺麻友さんら9人の“声優選抜”が決定した。
選ばれた9人は、同アニメの主題歌も担当する。
9人の最後に名前を呼ばれた渡辺さんは「あー、よかった」と安堵(あんど)の表情で舞台に上がり、「最後まで呼ばれなかったので….…すごく安心しました」と目に涙をためて喜んだ。

アニメ「AKB0048」は、AKB48を題材にした初のアニメで、アイドル候補の研究生たちを主人公にしたオリジナルストーリー。
近未来宇宙を舞台にゲリラライブを続ける超銀河アイドルチーム「AKB0048」の活躍を描いたSF作だ。
研究生たちがあこがれるアイドル「伝説のメンバー」も登場する。
企画・監修は、AKB48総合プロデューサーの秋元康さんが務め、原案と総監督を「マクロスシリーズ」などを手がけた河森正治さん、エグゼクティブプロデューサーを劇場版アニメ「エヴァンゲリヲン新劇場版」の大月俊倫さんが担当する。
また同アニメの原案を基にしたコミック化(講談社)も予定されている。
来春放送予定で、放送局は未定。

オーディションはAKB48、SKE48、NMB48、HKT48のメンバー計200人の中から行われ、事前に行われた1次審査で選ばれた30人が、この日の公開オーディションに臨んだ。
公開オーディションでは全員が、自己アピールとせりふ読みなどの実技審査を行い、「声優の仕事に挑戦したい」という意気込みと、パフォーマンスを重視して選ばれた。
秋元さん、河森さん、大月さんと、音響監督の明田川仁さんが審査員を務めた。
河森監督は「最初は、本当に9人しゃべれる子がいるのかとスタッフの中でも騒然としていたが、絞るのが大変だったぐらいよかったです」とコメントした。

 アニメ好きで知られる渡辺さんは「このチャンスは絶対負けたくない」といい、せりふ読みの課題のうち事前に知らされていたせりふは完全に暗記していたようで、台本を見ずに演じきった。
自己アピールでは「アニメは私に大切なものを教えてくれました。その感謝を込めて絶対にセンターになって見せます。アニメの素晴らしさが全世界の方に伝わるようにしたい」と意気込みを語っていた。

また秋元さんは「あまりにも21人のメンバーが素晴らしかったので、この中からも使わせてほしい。イメージするところがあるので、チャンスがあれば声をかけさせてくださいと言われました」といい、予定になかった審査員特別枠の4人、竹内美宥(AKB48 チーム4)、村重杏奈(HKT48 1期生)、木下百花(NMB48 研究生)、古川愛李(SKE48 チームK2)を発表した。
イメージ 1

◇「AKB0048」の主演声優に選ばれた9人=敬称略

佐藤亜美菜(AKB48 チームB)、岩田華怜(AKB48 研究生)、矢神久美(SKE48 チームS)、
仲谷明香(AKB48 チームA)、秦佐和子(SKE48 チームK2)、佐藤すみれ(AKB48 チームB)、
石田晴香(AKB48 チームB)、三田麻央(NMB48 2期研究生)、渡辺麻友(AKB48 チームB)

かねてより話題になっていた「AKB48」アニメ化、声優選抜が決まったんですね。

やはりというか予想通りというか、まゆゆが堂々のメンバー入り。
ガチヲタな彼女としては、AKB本体の選抜メンバーよりもなりたかったんじゃないか、って思うなぁ。

# 最近雑誌のグラビアで「いつもの髪型」じゃないまゆゆ見ると、ふと”若い頃のモモーイっぽい”って思うわw

”ジブリ声優”みたいな立ち位置じゃなく(苦笑)、本気で頑張って欲しいですけどね。
………「アイドル→声優」、っていうジョブチェンジの流れも昔からあるわけだし。


河森さんや大月さんらは”本気で”出し惜しみなくアニメ制作やるだろうから、いろんな意味で注目ですなぁ。

…っていうか、すでに「AKB0048」って作品タイトル決まってて、公式サイトも出来てるのね。
  → http://akb0048.jp/

ストーリーを読んでみると、いかにも河森監督節って感じの舞台設定ですねぇ。
アイドル活動が禁じられている未来、伝説のアイドルグループ・AKB48を復活させて「非合法アイドル」として活動するとか、読んでるだけで「私達の歌を聴けぇ〜♪」的展開になることは予想できますね。
イメージ 2

”襲名メンバー”として、現AKBメンバーの後継者(?)が登場するのも設定的には面白そう。

# なぜまゆゆだけ”3型目”なんだろう?何かこの辺にも設定仕込んでそうだな。

ネタ的にはどうなるか非常に気になりますね。
今回決まったAKB声優選抜がどれだけ頑張れるか、脇をどんな声優陣が固めるのか、温かく見守りましょうか。


………さぁ、AKB48がいよいよアニメ界へ殴り込み。
大月さんがどこまで本気かにもよるけれど、キングレコード的には失敗する気は毛頭無いはず。

アニメに先駆け「なかよし」や「マガジンSPECIAL」でコミック連載、メディアミックスで攻める模様。

来春放送予定ってことですが、これに対してアニメ業界はどう立ち向かうのか?

気になるのは、スフィア主演・水島精二監督・サンライズ制作の「夏色キセキ」との住み分けというか、
「会いに行けるアイドル」vs「最強声優ユニット」の対決の図式が起こるのかどうか。

# アニヲタ(声ヲタ)はスフィア推しなのかもしれんけど、AKBヲタがどこまで追い上げるのか。
# AKB48のシングルでおなじみの購買力がそのまま入ってくると、アニメ業界騒然ですぜ。

そしてもう一つ、2012年1月から放映開始の「戦姫絶唱シンフォギア」と「AKB0048」との対比。

両作品とも「音楽を中心とした近未来の物語」だけど、ビジュアルデザイン(ロマン・トマ、ブリュネ・スタニスラス、ルガル・ヤン)が一緒みたいなので、どことなく世界観が近くなる気がするなぁ(^^;

「シンフォギア」では水樹奈々さん、高山みなみさん、高垣彩陽さんと、声優界でも歌唱力に定評のある人を集めているので、「アニメと音楽」という面で比較するのも面白そうだ。


期せずして、2012年の春に「アニメと音楽」をモチーフにした作品が複数放映開始となり、
”声優アイドルユニット”と”アイドルユニットの声優選抜”の主演作品が登場することになりました。


「AKB0048」という作品が2012年のアニメ業界にどのような影響を引き起こすのか、
”AKB商法”がアニメ業界にも蔓延するきっかけになってしまうのか、今後に注目です。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事