本州最北のカブ人

世界のホンダスーパーカブをこよなく愛する四十路男です

スーパーカブミーティング

すべて表示

その後の動き!?

ミーティング終了から間もなく2週間になります。もはや自分の中では準備やら運営やらというモードから開放されてすっかり頭の中からはミーティングの余韻すら消えかかっていたところでしたが、今日の仕事中に携帯に見知らぬ番号から着信があり出てみると、当日取材に来ていたとある新聞社の支局からでした。新聞は3社が取材に来ていましたが、この社の記事は他2社に比べると取り扱い方が控え目でした。しかし記者いわく記事として掲載してみたところ面白いという反響が(多分)社内からあったらしく、東北各地で同じように開催しているカブミーティングの事について特集記事のようにしてみたいといった内容でした。まだ具体的にいつ記事となって掲載されるのかも未定のようなので、あくまでも構想段階に過ぎないのかもしれませんが、記者からしてみると最初は単なる取材エリアでのイベントを扱っただけにすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

続・40年選手の部品供給状況

2017/10/8(日) 午後 7:37

巷では「新型」のスーパーカブの話題で賑わったりもしています。2012年にモデルチェンジされたJA10/AA04型から中国生産に切り替わりましたが、5年ぶりの新型から再び日本国内生産に戻るとの話で、相応の値上がりは仕方ないながらも品質が向上しているものと期待が持てますね。 さて、新車とはまるっきり無縁で古いものばかりいじっている私です。所有車でいちば ...すべて表示すべて表示

40年選手の部品供給状況

2017/9/24(日) 午後 7:41

地元開催のカブミーティングを主催すること、そしてその時に照準を合わせてのかもめカブ再生は6月から8月にかけて集中的に実施し、とりあえず形にはなりました。しかしまだ課題は残っていて、ひとまずエンジン始動はOKながらも電装系のチェックも含めた調整が残ったままです。これまでに分かっている限りではエンジンはかかるもののアイドリングが長続きしないという状況で、これは間 ...すべて表示すべて表示

近況

2017/9/16(土) 午後 8:16

「新連載」と銘打っておきながら、最初の1回のみで企画倒れ感があるタウンエースノアの項目でして、昨年11月に急遽購入となった、今年で21年選手は当初乗り気ではないながらも乗るクルマがなくなった為に仕方なく乗り始めたのです。しかしそんな気持ちとは裏腹にカブを中心としたバイクの運搬に何だかんだと活躍してくれていまして、意外に重宝しています。  現在 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事