ここから本文です
マイキャット泳ぐ芸術家
ネットで消えゆくブログ記事たち、保存はわざとレトロにファイル作りで自分の手元に残しておきます。

書庫全体表示

記事検索
検索

全336ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 ようやく2007年から2019年までのブログの12年間の心に残ったコメントと記事をプリントアウトして冊子のファイルが完成しました。
その際、新しく買ったインクジェットプリンターが今までのとはかなり進歩したボトル式のものに変えたので、スムーズに印刷は進みました。
でも今までのブログを年を追って行くと皆さんにコメントしていただいた文章が忘れがたくて当時のやり取りの楽しさなど想いだしたりしながら楽しくできました。
それで、こんないっぱい出来上がりました〜
イメージ 1

A4で14冊です。
これでも選んで印刷したつもりでしたが結構読んでいくと捨てがたい貴重なコメントや文章でした。

イメージ 2



イメージ 3


こうして完成してみると、ブログに熱が入っていた時期と、だんだん先細りになって行ったのが一目瞭然です。
実はこの冊子のカバーや表紙の印字や綴じは、こういうことが得意な夫が自発的にやってくれたものです。助かりました。

イメージ 4


イメージ 5


愛猫のダリっちはもちろんなあ〜にもしてくれなかったです。
エアコンが嫌いで昼間はバスルームにこんな感じで寝ています(=^・^=)


私の気持ちはこれで一仕事終わった感じで、あとは8月中に引っ越し先を決めて行くつもりです。


もうかれこれ、5月からクラシックギターレッスンの記事も書いていないから、今日はその総まとめも・・・・。

5月 186回
   187回

6月 188回
   189回

7月 190回
   191回

8月10日に 192回を受けてくる予定です。

そして今取り組んでいる曲は、好きなビートルズの曲
ミッシェルです。

 
イメージ 8
   
今は左ページまで譜面読み程度の段階でやっています。
イエスタデイもそうでしたが、リズム使いが難しそうです。

でも前回のソルのエチュードとは違った明るい解放感みたいなもの感じます。
夏から秋に向かって完成に励んでいます。

 あ、そうそう、それからまだ恒例の紫蘇ジュースも作っていなかったっけ・・・

イメージ 6


イメージ 7



 
aonekoさんのYOUTUBE発表は秋、新しいブログの世界に行ってからのアップロードになりそうです。
また機会があったら聴いてください。

 新しい引っ越し先を教えてくださるブログのお友達、ありがとうございます。今後もお付き合いできたらよろしくお願いいたします。
では暑い夏、ガンバ!でいきましょう。


 YAHOOのブログ仲間の皆さん、お久しぶりです。
たぶんこの曲がYAHOOブログでアップするのが最後です。

クラシックギター界のベートーヴェンとも称されるF.Sorの憧れの曲を習い始めて、まずは私の技量としてはこの段階での区切りとしました。
前回先生の前で演奏したときには、「美しい月光でした」と拍手していただきうれしさがこみあげてきましたが、今後の課題になる箇所を数点言っていただき、まだまだ発展途上ですが、今日はなんてたって誕生日ですから、その記念にアップさせていただきました。

 このブログで皆さんに聴いていただきだんだん少しずつ進歩してきたので、感謝します。

 今後YAHOOのブログ閉鎖をしてしまったらどこにいくか、まだぐずぐずしています(笑)
このまま、タイタニックの船上で沈む寸前まで演奏し続けた楽師たちのように沈むのも悪くはないなあなんて思ったりしています。

 でもYOUTUBUの方はこのまま年に数回はアップロードして行きたいと思っていますから、よかったら来てください。


こちらが私のaonekotaaのYOUTUBEのページです。
ちょっと長いアドレスなので、aonekotaaでも検索できます。

もしよろしかったら、チャンネル登録をしていただけたら励みになります。

イメージ 1


今朝のダリです。


イメージ 2



イメージ 3


今年は青い紫陽花があまり花をつけてくれなくちょっと残念でした。
今日は雨で少し元気を取り戻したようです。


 私のこのYAHOOのブログは、マイキャットである愛猫ダリと、ガーデニングとフィットネスジムでクロールの泳ぎをして、油絵を描きながらその当時は仕事も行っての毎日から始まりました。
思えば今よりずっと忙しかったわけで、それでも毎日土日以外楽しく書き続けていました。
ブログ友達もできて、ネットでの繋がりやお付き合いもしてこの6月が来て、まさに12年です。感謝です。


 
イメージ 1



イメージ 2


こんな小さかったダリも、今朝のダリは2019年の9月で14歳になります。人間で言えば70歳くらいかな・・・。

イメージ 3

イメージ 4


ダリと一緒に写っている赤薔薇は、以前義兄の海の駿河湾での自然葬で一緒に捧げた薔薇を挿し木したものです。海に流すのは花弁の部分だけだったのでなぜかかわいそうになって私が愛知県まで持ち帰って数本挿し木してみたら育ってくれました。
でも3本のうち2本は病気になって枯れてしまい、去年この鉢植えのも病気になりかけてしまい、土を全部入れ替えて、日当たりのいい3階のベランダに移して育てたら生き返ってくれました。
大きな花弁をつけてくれて、今朝は花の重さを軽減してあげようと2本切り花にしました。


イメージ 5

こちらは毎年、たいして手もかけてあげず、陽当りも午前中だけという外で育てているプチトリアノンのピンク薔薇、今年もたくさん咲いてくれました。


イメージ 6

こちらは近所の女性からプチトリアノンの挿し木して増やした苗木をあげたらそのお返しに、英語で遺産とかいう意味の名前が付けられた蔓バラ系の薔薇をいただきました。

イメージ 7

細い路地に植えた挿し木したプチトリアノン、この品種は丈夫らしくほかっておいても虫に食べられようが、また甦って元気に四季咲を楽しませてくれます。地植えですから虫よけにオルトランなどを土にまくことができて、鉢植えより神経質にならずに済みます。

イメージ 9


もうじき蕾が開きそうな芍薬も順番を待っています。


イメージ 8


 5月はガーデニングの喜びを感じることができていい季節ですね。

5月生まれの私の娘も母の日に好きな紫陽花を贈ってくれました。

イメージ 10

リラの花のような色の額紫陽花です。
この品種は我家の庭にはないので、また育てるのが楽しみです。

昨日は、なんと腰痛がでてしまい、フィットネスの卓球お休みしました。
湿布を貼って、昨日一日無理をせず、ダリと一緒にソファーに寝転んでゆっくりしたら今朝は痛み、軽減しました。
今取り掛かっているギターの練習時間が長くなってしまったのと、練習試合に熱をこめすぎたのが原因のようです。
今日は行きたいと思っています。

皆さんも体調壊さないようにしてください。
 ついにタイムリミット3日前というフェルメール展に5月10日に大阪市美術館まで行ってきました。
しかも前日の岡山への旅ついでという状況で・・・。
というのも数年前神戸で開催された「真珠の耳飾りの少女」を鑑賞しに行った時には、当時私自身もこの別名「青いターバンの少女」を3枚油絵で模写に取り組んでいて、ずっと以前にマウリッツハイツで心穏やかに鑑賞してきたにもかかわらず、もう一回日本で催された展覧会でしっかり視てやろうなんて意気込んで神戸まで出掛けたのに、かなりの混雑フィーバーで、しかも美術館側のまるでパンダのような見世物を観客に見せてやるって雰囲気の態度、
「立ち止まらないでください!」と連呼するから美術を鑑賞するってものに程遠いものを感じてしまい、もうこりごりと、今回のフェルメールもちょっと覚めた姿勢でいました。
行くのか行かないのか、ほとんど風任せという感じでとうとうあと数日の期限となって、今回はある流れで行くことができました。

イメージ 1


実は大阪市立美術館は初めての来館です。
すぐ近くに天王寺動物園もあってなかなかいい環境にありました。

お出迎えは、フェルメールブルーのお花たちが誘ってくれました。
あと3日なので、たとえ金曜日の平日でも混んでいるんだろうなと思って、
泊まった神戸から出発したのですが、正午ちかくだったのが幸いしたのか入場の列はほとんどないくらいでした。こういう幸運もあるものですね。

イメージ 2

館内ではこんなスポットがあってここは写真OK。

イメージ 3


東京から大阪に、2019年2・16日〜5・12日までの開催期間です。

それでも展示会場に入ると、結構人はいました。
事前に、夫は鑑賞の極意を調べて置いてくれて、まずフェルメール以外の展示室は素通りして最後の展示室のフェルメールの部屋の作品を先に鑑賞してから、ゆっくり引き帰してまた最初から鑑賞して行くのを実行してみました。人に迷惑をかけるような動けないほどの込み具合ではないから、可能でした。係員の人も神戸の時とは違い、並んでみなくてもいいので自由に進んでくださいと静かな声で言ってくれていっました。



イメージ 5

フェルメールの絵画は6枚来ていて、私はこの中の一枚「恋文」はアムステルダム国立美術館で見ていましたが、あとは原画を鑑賞するのは初めてですからワクワクしていました。

この絵は「手紙を書く女」1665年頃作、45X39.9cmという小品です。
窓からさす光と女性の柔らかな皮膚、洋服の白や黄色の質感、まさにうっとり・・・
ワシントンナショナルギャラリー所蔵




イメージ 6

こちらは「取り持ち女」、1656年頃作143X130cm
フェルメールにしては大きなサイズ

ドレスデン国立古典絵画館所蔵



イメージ 7

「マルタとマリアの家のキリスト」    「手紙を書く婦人と召使い」
158.5X141.5cm          71.1X60.5cm
スコットランドナショナルギャラリー   アイルランドナショナルギャラ




イメージ 8

「リュートを調弦する女」       「恋文」
51.4X45.7cm            44X38.5cm
メトロポリタン美術館         アムステルダム国立美術館


イメージ 4



閉幕3日前となって決心して出掛けた大阪のフェルメール展、満足のいくものとなって鑑賞してきました。

 他のオランダ美術の展示室も結構充実したものを感じました。
とくに、フェルメールに大きな影響を与えた同時代に生きた画家、
「ピーテル・デ・ホーホ」の絵もよかったです。
一枚しか来ていなかったのが残念でした。
 10日間の連休、無事過ごされましたか〜
私はその間、並んだり混んでいるところは苦手なので、これといった場所や、旅行はしなかったのですが、その中の一日は毎年恒例の名古屋栄の公園で催されたベルギーBeerウィークエンドに出掛けて美味しいベルギービールをいただいてきました
五月晴れの青空のもと、戸外でいただくのは格別気分がいいものです。

イメージ 1



イメージ 2

開催される都市で、一番早くスタートした名古屋でした。このあと横浜、日比谷、大阪、東京と回っていくようです。だから名古屋では天候によってはちょっと肌寒かったと思います。
今回は、毎年いただいていた、おつまみのムール貝がなかったのが残念で、フライものが多かったです。

イメージ 4

ビールのメニューは小冊子で渡されるほど多種類あって、大きく分類して
ホワイトビール8種類
トラピストビール8種類
レッドビール4種類
ゴールデンエール9種類
アビィビール7種類
フルーツビール21種類
ランビックビール4種類
セゾンビール3種類
アイビーエービール8種類
スペシャルビール34種類
その他まだたくさんの銘柄や種類があって、その中の3杯をセレクトして飲んできますが、結構皆アルコール度高く、最初の一杯は頭が働きますが、あとはもう黒ビールが嫌だったらゴールデンをなんて、適当に色で選んだりしています(笑)

イメージ 3


 このあと、ついでに名古屋美術館で今開催されている吉野石膏コレクションを鑑賞してきました。
連休で混んでいるのかなと思ったら、結構穴場となって程よい人数でゆっくり見て来れてよかったです。
噂には聞いていましたが、吉野石膏コレクションはいい作品がたくさんありました。
「印象派からその先へ」と題されただけあって、ミレー、コロー、クールベ、マネ、モネ、シスレー、ルノワール、ピサロ、ゴッホ、ルオー、ボナール、ヴラマンク、ピカソなど多数ありました。

なかでもシスレーの絵画は堪能できるほどあって、この5月の陽光の季節に美しく存在していました。

ゴッホの「雪原で薪を運ぶ人々」の油絵の様式は、まだ印象派となる以前の絵ですが「ジャガイモを食べる人々」に見られる暗さや土臭さはなくて、彼本来が持つオランダ人としての透明な素朴さが全体の白から漂って静かに伝わってきて、いい絵だと思いました。

イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7

美術館と同じ公園では、サーカスも開かれて、入場するための長い列ができていました。

 この連休中にギターレッスンもありました。
今度の曲、なかなか手強くて、左指のフレットを押さえる指の先がマメだらけ、たいして時間的にはやっていないんですが、ついつい力入れすぎてしまい、もっとリラックスして脱力しなくっちゃと反省です。


 さてこのブログの移行先、そろそろ決めなきゃいけないんだっけ、
アメブロやその他のブログをちょい見してみるんですが、なんかピンときません。
ほんとYAHOOは簡単で見やすい気がしてなかなかそれに見合うところないような・・・
 それでもまだこうしてこのブログでお付き合いくださるブログ仲間の皆さんには感謝です。



全336ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事