全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

   
    第3回 ふらっとサバイバル  『富士山制覇』


  この企画は中高生の曖昧・・・ではなく、強い意志により始まった企画で(どうだか…) 
  単にママチャリでふらっと旅にでる、というものである。

  (歴史)

  第一回・・・千葉南下(大人2人、中学生3人、小学生1人)
           走行距離 198,492km

  第二回・・・東京湾一週(大人1人、高校生2人)
           走行距離 263,681km


 
  そして今回は
        『富士山制覇!!』(無謀すぎる…)

  男なら一度は富士山を制覇してみたいだろう?(フッ)



参加者意気込み(写真より、左から)
クール知能派。燃える意思、中3の受験生、ユーヤ『全力疾走!!』
信仰が取り柄。「絶対何とかなる」が口癖、曹長ヨッシュ『絶対皆で制覇!!』
特攻隊長、先頭を任された中3、受験生、シン『受験勉強なんか忘れちまえ!』
自転車旅行企画者。秘めた信仰、高2、リーダーのナルト『富士山ぶっ倒す!(山的な意味で)』
笑顔のムードメーカー、高2、マル『キャオラ(炎) 富士山が俺をよんでるぜ・・・』

 
=

この物語はノンフィクションです





1話 出発


礼拝の中、大塚先生は言った。
大塚牧師「もう自転車旅行隊が心配で心配で・・・。そんな私に
          『大丈夫、私が彼等の前を行く』
              主はこう言って下さいました。」


『大丈夫、私が彼等の前を行く』

ヨッシュ「この御言葉を掴む以外になかったですね・・・
      以前に1人で下見に行って来たので(オイオイ)
      今回の旅行がどれほど危険であるか、どれほど辛いかが分かっていたので
      行きたくね・・・(でちゃったよ本音!)じゃなくて、
      心配で心配で。
      
      この御言葉に感謝です。」2008 9/7


8月10日(日)四街道キリスト教会〜厚木


PM10時過ぎ、四街道キリスト教会

礼拝での祝福の祈り、我が教会の皆様からの献金、OKAYANの見送り、
もう感謝で言い尽くせないほどの恵みがすでに溢れていた。

PM1:00

とうとう出発の時が来た。
教会の皆様が見送って下さった。

『気をつけてね』


『無理はしないでね』


『怪我だけはしないでね』


『がんばってね』


『お祈りしてるからね』


『忘れ物ない?』


『考え直したら?』(言ってない言ってない)


みんな「はい、わかりました!」

自転車を囲んでの送別会。送り出す皆さんの目が心配そう(笑)(写真〇仮函


僕等もうれしくて・・・うれしくて・・・皆泣いてました(うそつけ!)

 

『本当に気をつけてね』


『本当に無理はしないでね』


『本当に怪我だけはしないでね』


『本当にがんばってね』


『本当に忘れ物ない?』










・・・。















         僕達いつ出発できんの!?



ヨッシュ「よしっ、皆、もう出発だ!出発!」

皆    「オーッ」

そして僕らは出発した。

愛しい教会の皆様が遠くなって行き、
目には涙が溢れていた(うそこけ!)

ハプニングランキング 圏外 
そんな時、


ドサッ


マル「あー!!


   バッグが落ちた!皆、待って〜!」

オイオイ・・・。

マルのバッグが道路に落ちた。

教会の皆様の目も・・・がくっと下に落ちていた・・・。



かくして自転車旅行は始まった。




第2話 ザ・ダイソー


さて、

何を隠そう、僕らはそれから2時までず〜っとダイソーでたむろしていた。(アホー!)




なぜか皆で健康サプリメントを買っていた。(なにしてんの!?マジで)




シンとヨッシュは家が近いので家に帰っていた。(オイオイ・・・)




ヨッシュ先生は空気入れを取りに、シンは。。。家が恋しくなって。(ホンマかいっ)




そしてスピードメーターをシンの自転車に取り付け(そういうのは前日にしとこうよ)



2時、出発。(1時間もダイソー。。。)


出発寸前に地図確認。サングラスのユーヤがイカス。(写真∋仮函

      

第3話 246号線 


PM2:00

四街道をようやく出発した。
まずは69号線で津田沼を越え、船橋まで行く。

時速平均20キロ。

途中、バッグを落としたり、帽子が飛ばされたり、サンダル落としたり。。(笑)


とにかく急いだ。
この日の予定は無謀ながらに厚木まで行きたかった。
正直、無理だと思った。
しかし、皆言った『必ずたどり着いてやる!』

皆、元気だ。
自転車旅行が初めてのユーヤは少しきつそうだったが、まだ元気だ。

69号線で津田沼を越え、船橋あたりに3時過ぎに着き、8号線に沿って左に曲がり、
南船橋のららぽーとを通り過ぎると357号線にあたる。
そこを右にま〜っすぐ行く。

そうすると葛西臨海公園、ディズニーランド、と名所にあたるのだ。



僕たちは葛西臨海公園の前で休憩をとることにした。
前日に買った5割引のパンを皆に配った。
ナルトは『眠眠打破』を6本も持ってきた!

良いスポットだ。
観覧車が前に見える。
夜だとキレイなんだけど。

しかし1つ問題があった。







シン「下水処理所の前だよ。。。」





気にするな(涙)



後ろには葛西臨海公園観覧車。皆で軽い食事中。(写真参照)
マル「うまいねぇ〜へっへっへ」(写真せ仮函



前では何かすごい大きな太鼓の音と掛け声で
踊りを踊っている人が100人くらいいた。
うるさくてしょうがなかった。(写真)

ヨッシュ「あれディズニーの人たちだよ。。。多分」
    
   皆「(うそこけ!)」



気を取り直して僕らは出発した。

途中、ディズニーランドを通過。


もう東京だ。

いくつもの橋を越え、走りつづける。(写真11、12)


そのうち夢の島を通ると、もう台場付近だ。

ユウヤの荷物もちのヨッシュとマル。信号待ち(写真セ仮函

5人の顔からは笑顔は消えていた。

『304号線が見えたら右!!』が、皆の合図だったが、
この日は花火大会で、お台場付近はすごいことになっていた。

人人、人でもう走れない。

誰がはぐれてもおかしくない人の数。


固まって走るしかなかった。



僕らは歩道は走らない。
長時間にわたり、段差があるところを走ると、疲れが早いし、スピードが遅いのだ。
だから車やダンプカーやバスの擦れ擦れを走るのだ。
だから危険。
コケルことは許されない。
主に祈るのみ!








304号線をまっすぐ行くと1時間ほどで皇居にぶつかった。


国会議事堂も前に見えた。

それを左周りにまわると。。。
















ヤツが来る・・・。




富士山への挑戦状。246号線!!




この道を越えられなければ決して富士山へのキップが手に入らない。


ここからが今回の僕らの本当の旅の始まりだ。。。



主に祈るのみ。




「大丈夫、主が我等の前を行って下さる!」


ヨッシュ「ヤツがきた!皆・・行くぞぉ!って赤だYO!!」(写真参照)


?H3>第4話 ただただ進め!前へ!

PM6:00くらい。

僕らは富士山への挑戦状246号線にたどり着いた。

少し行くと、左にローソンが見えた。

一休憩。

さて、出発・・・と思いきや、

ホットハプニング ローソンの店長

ローソンの店長とシンがなぜか仲良くなっており、
店長がシンにヨウカンをくれた。

シン「なんか、富士山に行くんですって言ったら、ヨウカンくれた!!」

わぉ!さすがシン。

そして、わざわざ店の外まで出てきてくれて見送りまでしてくれた。

こんな良い人もいるんだ!!って皆感動していた。

帰りにここに寄って報告しよう。やり遂げたって。
皆そう言い合った。

そのとき僕らはどんな笑顔をしているんだろう。


僕らは走り続けた。



ただ真っ直ぐ!前へ!
この246をそれることなく。

PM7;00 神奈川県突入。


PM8;00
マックで夕食を食べた。

皆、節約、節約〜♪って100円マックだけ!


皆の表情はさすがに疲れていた。
ユーヤは初めてだけに一番きつそうだった。(写真Щ仮函


              
さてさて、僕らは走り続けた。

僕は地図を見ながら今日中に
目標の厚木健康ランドセンターに着くか!?と心配になっていた。


皆「あのさぁ、あとどのくらい?」

何回聞いたことか。



そのたびに

「う〜ん、あと30キロくらい」とか


答えるの辛いし!


ヨッシュ「別に他の健康ランドでもいいよ?」

みんな「いや、目標まで行こうぜ!」


こいつら男だ。。。

途中で雨のため雨宿り(写真┿仮函



目まいが・・・

皆、限界。険しい顔つき。

夜も遅くなってきた。。。


PM10:00

走り続ける。。。

厚木突入。(写真参照)


ぐったり。




普通なら寝る時間。。。

「皆、がんばれ!」・・・そう言うしかなかった。



そんなとき、どこからともなく歌声が・・・










シン「もえあがれ〜♪僕のこころ〜♪」

シンが歌い始めた。





シン、マル「燃え上がれ〜!僕の〜こころ〜♪」


マルも歌い始めた。











2人とも辛くて変なテンションになってきた!!




急がねば・・・




シン「歌うと、なんか疲れない!」

さすが、賛美の力!



PM11:00過ぎ。『厚木健康ランドセンター』到着。

皆「ついたぁぁぁぁぁ!!うぉぉぉぉ!」

夜中だってのに吼えたける獅子のよう。

夜中だってのに、ハイテンション!

夜中だってのに、元気を取り戻した!

健康ランドが見えると皆は猛ダッシュ!!




すると、ザァァァーー!
いきなりすごい大雨が降ってきた。


僕らは主の御手を見た。

感謝!



しかし、
本当にがんばったよ。

8月10日 四街道キリスト教会〜厚木健康ランドセンター
走行距離 93,891km
                                    著者 yosh

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

とっても苦労したとは思いますが、富士山制覇して偉い!!しかも、自転車で往復!!若いうちしか出来ません!!仲間がいないと出来ません!!誰にも出来るということでもありません!!これは一生ものの宝になることでしょう!!この夏の金メダルだね!!私はちょっと羨ましいです。(*^。^*)/ 削除

2008/9/7(日) 午後 11:52 [ K.N ] 返信する

顔アイコン

いやー疲れたよ
でもホントのホントに賛美すると疲れないんだよっ
これは科学的にも解明されてて、
声を出すことによって、ふだんは7,80%しか出ない力を
100%出せるようになるんだって。
賛美ってすごいよね
ちょっときつかったけど、知らない人ともいっぱい知り合えたので
とてもいい思い出になりました。
よっくんありがとう。
自転車旅行のメンバーありがとう。
祈っていてくれたみんなありがとう。
そして、イエス様ありがとう。ばんざーいっ!!!

2008/9/13(土) 午後 11:08 [ shin ] 返信する

9年越しですが、こんな無謀な旅に、神の兄弟、ゆうすけが来週から富士山に挑戦するって話。楽しみだな〜

2017/8/11(金) 午後 11:37 [ yos*yo*h7*22 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事