2017年学会報告

2017年学会報告


JAHA 156回 国際セミナー
イメージ 6

-------------------------------


整形外科手術      2017年2月16日〜19日、Improve Internationalの実習セミナー「整形外科術」が滋賀県の医療研修施設で行われました。
講師はRoberto Köstlin  (Prof. Dr.med.vet, DipleCVs. Dipl. eCVs, associate Professor of Surgery), Ulrike Matis (Dr. med. vet. habil. (PhD), Dipl. eCVs, Professor of Surgery)をお迎えして、はじめの2日間で、主に前後肢によく生じる骨折に対する外科的整復について授業が行われました。授業は解剖学的考察をディスカッションし、実習において段階的なテクニックを実践しました。肘関節突起の固定や尺骨骨切り術、膝関節骨折や大腿骨頭や頸部へのアプローチや固定技術について授業と実習が行われました。
後の2日かんでは、仙腸関節のスクリュー固定と腸骨・寛骨・坐骨のプレーティングを含む骨盤と仙腸関節へのアプローチについて、また脛骨高平部水平化骨切り術(TPLO)と滑車溝くさび状造溝術についても学びました。
イメージ 4
イメージ 5

-------------------------------

イメージ 2




































---------------------------------------


JAHA
神経病学
イメージ 1
Dr. 金園 晨一
(埼玉動物医療センター・どうぶつの総合病院)

米国獣医神経科専門医。直接的および間接的に関わった神経疾患の症例数は数千例に及ぶ。レジデントとして変性性脊髄症研究の中核に携わり、2013年米国獣医内科学会にてKnecht Awardを受賞。現在もUniversityof Missouri, Washington Universityなどの変性性脊髄症、筋萎縮性側索硬化症の研究者達との提携研究を継続中。




-----------------------------------------




イメージ 3
看護士セミナー

スーパーVNシリーズを受講修了しました。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事