ここから本文です
サラリーマン 弱小馬主日記
目標は自分名義の馬で ・・・ 1勝(2013/4/15達成) → JRA挑戦(2016/1/11達成)→重賞制覇→JRA1勝

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

ゴールデンウィーク前半を利用してマカオと香港に行ってきた。
その全体の旅行記は別の機会に紹介するとして、さしあたりウインブライトが勝利したクイーンエリザベス二世ステークスを振り返ってみたい。

僕はウインの会員ではない。友人経由の相乗りだ。それでも母サマーエタニティにも相乗りしており、この血統への愛着は深い。
会員には現地発着ツアーが組まれ、会員以外も参加可能だったが、口取りは会員のみという話を聞き、友人とは別行程での沙田競馬場入り。結果的には口取り可能にせざるを得ない状況だったらしく、そっちでの参加でも良かったかな、と思ったり。
ただ僕も現地のビュッフェツアーで競馬場に入っていて、ウイン会員のいるエリアへはフリーパス。パドックは友人と一緒に観戦した。

イメージ 1

ハットトリックの香港マイルの時には会員もパドック内に入れてもらえたので、なんとなくパドック客席からの眺めは新鮮だ。さすがにウイン会員は人数も多く(ハットトリックの時は2人だけ)、パドック入場はできなかったらしい。
ウインブライトはイレコミ気味。出遅れなければいいが、と思った。

本馬場入場に合わせて馬場側に移動。観戦はメンバーズエリアから。

イメージ 2

ハットトリックの時と似たような角度。なんだか懐かしい。

レースは、残り200mくらいまでは冷静に見れていた。しかしゴール直前は、何を叫んだかわからないくらいの大声。やっぱり、海外G1制覇というのを目の当たりにすると、興奮を抑えることができなかった。
口取りに向かう友人を見送り、僕はスタンドで待機。
当たり前だが、松岡騎手の嬉しそうな顔が印象的。

イメージ 3

いやあ、勝ったんだなあ、あの仔が。
ウインブライトの当歳時には、こんな馬になるとは思ってもいなかった。以前にも載せたが、その頃の写真を再掲しておく。

イメージ 4

口取りの後は表彰式。その時に、君が代が流れる。
僕は、最後まで歌えなかった。「いわおとなりて」のあたりで大号泣。自分でも、あれだけ泣くとは思いもよらず。
ウインブライトだけを考えたら数年、しかし母サマーエタニティからだと十数年にも及ぶ付き合い。これが競馬なんだな。

じつはこれで、僕は沙田競馬場で生観戦をした場合において、相乗りを含めた出資馬の成績は2戦2勝。複数の馬で海外G1を勝利した一口馬主氏は数多くいらっしゃるだろうけれど、「負けなし」という人は極めて限定的ではなかろうか?

蛇足ながら、香港ではウインブライトの単勝オッズは48.35倍。これだけで香港までの往復航空券代金になった。
友人と、夜は海越しに香港島の夜景を眺めることができる九龍のレストランで、シャンパンと北京ダックで祝勝会。最高の夜だった。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事