人魚姫の呟き

自分を大切にするために捧げる音楽と永遠の祈り 人魚姫の夢・・泡のように儚い呟き

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 2

なあんちゃって、タイトルをそのまま、のっけてしまいました。

実は、このイベント、寝ても覚めていられません。
http://yokomaria.com/performance/2008/12/yokomaria_2.html
三越のプロデューサーの方に、「期待しているよ。」と言われて、内心、ひやひやです。

最近は、演歌の都はるみさんも、クロスオーバーして、がんばっているのですよね。
知っていました?都はるみさんが、ロックと演歌をクロスオーバーしていること。

31日、「天城超え」と、「恋のフーガ」と、「異邦人」と、「聖母たちのララバイ」を歌います。
私も、がーんばらないとね。

・・・・・・・・・・・・・・・

最近、生きるための音楽なのか、真実を見つめるための音楽なのか、
私にはわかりません。

あるいは、はじめ、真実を見つめるための音楽だったはずが、気がつけば、違う目的で、違う方向に行ってしまっていたのかもしれません。

私は、どう考えても、クラシック歌手で、マイクを使わない世界で生きてきました。
それは、変わらない、長い教育の中で、培われていたことなのだから。

今、何か脱皮するために、さまざまな方が、いろいろなこと、いろいろな企画をしてくださいますことは感謝です。
それが苦しみの種なのかは、喜びの種なのかわかりません。
でも現実の中で、どこまで出来るのか解りませんが、今、目の前のことをただ、精一杯こなして行きます。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

迷いとは「人生」そのもの。 若輩の悩み多き頃、ポン友が「生き甲斐の追及」という本をくれました。「悩んで自分の進むべき道がわからないときは、目の前にあることに専心努力して取組んでいれば、自ずと道が開ける」と書かれていました。「目の前の事」は「神の試練」。「チャンスの女神には後ろ髪は無い」という諺の如く、真正面から挑戦されますように。成功間違いなし!!! 削除

2008/12/25(木) 午後 0:06 [ ダイサン ] 返信する

ダイサン、ありがとうございます。本当に、その通りなのです。目の前のことに専念する・・・全てのことに対して、そう思います。どんな小さいことでも、真剣ですよ。いつも、感謝致します。

2008/12/26(金) 午前 4:56 [ you**tsu*uda ] 返信する

顔アイコン

こんばんは。
昨日はありがとうございました。
まったくの初心者ですが、よろしくお願いいたします。
大晦日の三越は是非聴きにいかせていただきます。
「天城越え」「異邦人」などは
よくカラオケで歌っていますので
クラシックでどう歌われるか楽しみにしております。

芸術のジャンルは違いますが、
いつも悩みながら再生産をしてゆくものと思っております。
そして、決して自分に負けないことだと言い聞かせております。
トラバいたします。

2008/12/29(月) 午前 4:56 関 節夫 返信する

吉祥天さん、こんばんわ。
私は、今の表現になるまでに、何度も何度も同じフレーズの繰り返しや、感情を押し殺して、技術を身につけることに誠真した数年間がありました。それは、今も続いています。
今まで、さまざまなことに、挑戦をしてきました。
このチャレンジは、これからも続くと思います。

それと、発声は、必ず、上の響きのためには、下の支えが必要です。。
本当に、ひとつの技術を身につけることは、自分との戦いなのだと思います。
だから、アーティスト・表現者は、職人であるとも思います。
この不完全な肉体を通して、どこまで、コントロールや制することが出来るかなのだと思います。

三越の演歌とポピュラーソングは、自分でもどうなるかわかりません。笑

2008/12/30(火) 午前 4:05 [ you**tsu*uda ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事