ここから本文です
養命鍼灸治療院・ANNEX
One rises to meet a challenge.

書庫全体表示


今年も様々な場所でお灸教室を開催してきました。

中でも、印象に残っているお灸教室について、忘備録的な意味も

含め綴っておきたいと思います。


第一弾では、10月に開催された福岡県東峰村保健福祉センター(い

ずみ館・多目的ホール)での【自分で出来る!お灸教室 in 東峰村】…を

挙げました。

第二弾となる今回は、その後日談的な内容になります。




前回、東峰村ではお灸教室の「熱」が高まり、東峰村在住の鍼灸

師・N先生にお灸教室のオファーが殺到していることを書きました。

2019年3月までに6回ものお灸教室を開催…とのことですが、早く

も現時点でその内の4回が終了。

ユニークなのが「高齢者」「一般女性」「子育て世代(中学生以下の

お子様をお持ちの方)」など、世代別にお灸教室を開催している点です。


先日、日程を調整して「子育て世代」向けのお灸教室のお手伝いを

させていただきました。

ありがたいことに、10月の【自分で出来る!お灸教室 in 東峰村】

の評判が良かったようで、受講生は勿論、主催サイド(東峰村の教育

委員会など)の熱意を肌で感じました。

主催者との会話で『私も10月のお灸教室に参加したんですよぉ。

とても楽しかったので、これは広めなければ「火」が点(ひ)きま

した(笑)。是非とも多くの村民に体感してほしいと思いました』

…と、嬉しいコメント。

『なるほど…お灸だけに「火」が点いた…というわけですね(苦笑)

…という、私のクダラナイ返しは見事にスルーされましたけど(実に

正しくて鮮やかな対処法だ)

イメージ 1
頭頂部にあるツボを伝授中


会場は福岡県東峰村保健福祉センター(いずみ館・ボランティア室)

受講生は8名。子育て世代向け…ということで、疳の虫について&

子育て中特有の症状(イライラや腰痛など)に対応する経穴(けいけつ=ツボ)

を盛り込みました。お灸実技のみならず、ツボの押し方(指圧のやり方)

も網羅し、盛りだくさんの内容になりました(つめ込み過ぎ?)

イメージ 2


講座では毎回何かしらの反省点が浮き彫りになるのですが、この

日も質疑応答の際、もう少しマシな回答が出来てたらなぁ…等々

を猛省。(-_-;)


イメージ 3


アンケートでは、第二弾の開催を要望する記載が多かったようで、

その言葉が何よりの励みになりました。

機会があれば、またお手伝いさせていただきたいと思っています。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事