ここから本文です
養命鍼灸治療院・ANNEX
One rises to meet a challenge.

書庫全体表示


今年も様々な場所でお灸教室を開催してきました。

中でも、印象に残っているお灸教室について、忘備録的な意味も

含め綴っておきたいと思います。

 



〝さよならは別れの言葉じゃなくて 再び逢うまでの遠い約束

夢のいた場所に 未練残しても心寒いだけさ〟

……とか、〝終わりは始まり〟……などと、昭和の名曲に歌われて

いますが、まさしくその通り…と思うことは少なくありません。


……と、何やら一風変わった出だしとなりましたが、今年はお灸

教室の会場として慣れ親しんでいた場所とお別れする年でもあり

ました。


2017年から『可愛らしい雰囲気のお店でお灸講座を』…という

趣旨で≪Oh!Cute!! (お灸と…) シリーズ≫を企画し、幾度か開催

してきましたが、そのホームグラウンド…と言うべき場所が、

幸猫雑貨店さんでした。

イメージ 2

漢方養生指導士・薬膳マイスターであられるオーナーさまがお灸

や東洋醫学に理解があり、お灸の販売のみならず『幸猫お灸部』

なる「部活」を展開。

オーナーさま(幸猫お灸部の部長)とお客さまとでワイワイ♪キャイ

キャイ♪…しながら、お灸を楽しまれていました。

こんなユニークな「部活」をしている雑貨屋さんは、日本でも

数少ない…つっか、ほぼほぼないのでは

イメージ 1


そして、年に2回ほどお灸部の顧問(不肖ながら私でございます)が登場し

【顧問がCome on!!】と題したお灸教室を開催。

しかも、毎回満員御礼の状態。

ある意味、主催側の「熱」があってこその好結果だったと痛感。


諸般の都合により、今年の8月に閉店を余儀なくされたわけですが、

閉店前の最後のイベントとして、去る8月5日(日曜) & 8月9日(木曜)

の2回に亘って、お灸講座を開催させていただきました。

イメージ 3


雑貨屋さんでお灸教室。 お手製の薬膳おやつやお茶付のサービス

など、実験的な試み、かつ、お灸教室の方向性&可能性を学ぶこと

が出来た貴重な経験でした。本当にありがとうございました

イメージ 4






現在は、新しいオーナーさまによって、新生・幸猫雑貨店として

営業されております。

このことは、急転直下まさかの展開 当初は誰も予想もして

いなかった出来事らしいのですが、人生どのように転がっていく

のか…わからないからこそ面白いのかもしれません。

ひょっとして、お灸部の復活もある

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事