ここから本文です
養命鍼灸治療院・ANNEX
One rises to meet a challenge.

書庫【Pierce Brosnan】

記事検索
検索

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


ピアース・ブロズナンジャッキー・チェン共演のサスペンス

アクション『ザ・フォーリナー/復讐者』が、5月3日公開!

イメージ 1
世界各国のポスター




ジャッキー・チェンが元特殊部隊の男を演じ、政治的な無差別テロ

の犠牲となった娘の復讐を果たすべく、事件の裏に隠された真相に

近づく……という展開。 従来のジャッキーのイメージとは異なる

シリアスでダークな役作りを披露しています。


監督は、007シリーズ『ゴールデンアイ』や『カジノロワイヤル』

マーティン・キャンベル

イメージ 2




実はこの映画…2年ほど前(2017年秋)に世界各国で公開。

その後、待てど暮らせど、なかなか日本で公開されないので、半ば

諦めていました。それだけに楽しみなのでございますですよ。

イメージ 3




本作の見どころ…その中心は、やはりジャッキー・チェンの軍隊

仕込みの接近戦や格闘スタイル…になるのでしょうが、ピアース

のファンとしては、彼のヴィジュアルの変化について触れておき

たいところ。

ストーリーとは関係ないのでネタバレにはならないと思いますが、

役作りの一環として、〝付け鼻〟にトライしたようです。

イメージ 4


そういえば、ジャッキーも団子鼻チックなので(失礼!)、アクショ

ン映画ファンが喜びそうな【ジャッキー対007】…という図式

のみならず、【団子鼻対決】でもある…というね(違うと思うけど)







開くトラックバック(0)


ピアース・ブロズナン出演作品が公開となります。

スタジアム版ダイ・ハード!…のコピーが躍る『ファイナル・ス

コア』は、4月12日から全国ロードショー

イメージ 1
世界各国のポスター


主演は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』デイヴ・バウ

ティスタ。彼は『007 スペクター』で、寡黙な巨漢を演じ、ダニ

エル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドと、激闘を繰り広げまし

た。アメリカのプロレス団体・WWEを代表するスーパースターの

一人ですが、近年は活躍の舞台はもっぱら映画となっています。

鍛え上げた巨体を活かしたアクションが、本作の見どころのひとつ

だと思われます。


イメージ 3


共演は、5代目ジェームズ・ボンドとして知られるピアース・ブ

ロズナン。本作撮影時、別の作品(アメリカのTVシリーズ)の役作りの

ため、髭を生やす必要があり、このファイナル・スコア』では、

そのままのスタイルで臨んだようです(個人的にはピアースの髭姿は…

イメージ 2






■あらすじ■ 元アメリカ海軍特殊部隊の精鋭で、今も傭兵として死と隣り
合わせの生活を送るマイケル・ノックスは、弟同然だった今は亡き戦友の故郷・ロンドンを訪れていた。
自分を実の伯父のように慕ってくれる戦友の愛娘ダニーを誘い、サッカーの試合を観戦に出かけたノックスは、父親を亡くして以来、荒んだ生活を送るダニーの久しぶりの笑顔を見てほっと胸をなでおろす。
しかし、その裏では超満員の観客35,000人を巻き込んだ、恐るべきテロ計画が進行していた――。


開くトラックバック(0)


2018年の日本におけるピアース・ブロズナンの出来事といえば、

何といっても『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』の公開

イメージ 1

キャストとの息もピッタリ

ABBAの名曲…特に「ダンシング・クィーン」の使い方がとても

うまくて、胸が躍りました。とにかく楽しい映画でした。

イメージ 2

イメージ 3

5代目ジェームズ・ボンド勇退後も、何だかんだとコンスタントに

映画に出演し、こうして日本公開されるのは嬉しい限り。

また、日本公開作がなくてもソフト化されていますしね(駄作が多い

けど…なんて、ファンとしては口が裂けても言えない。←しっかり言っとる)






2019年は、ゴールデンウィーク頃にジャッキー・チェンとの共演作

が日本公開予定。

こちらはグッとシリアスな内容のようですが、今から公開日が待ち

遠しいっ


イメージ 4

開くトラックバック(0)

8月のアレコレ


個人的に今年8月のトピックスのひとつは、『マンマ・ミーア!

ヒア・ウィー・ゴー』の公開です(まだ観てないけど…)

イメージ 1


2008年に公開された前作『マンマ・ミーア』のその後の物語と、

主人公ドナの青春時代の3人の父親候補との出会いの物語を描く

ミュージカル映画。 海外では前作を上回る興行成績のようで、

コケなくて良かったなぁ…が、率直な感想(まだ観てないけど…)

イメージ 3


まさか続編が出来るとは夢にも思っていませんでしたし、豪華な

キャストが再集結したことも予想外…まぁ嬉しい誤算です。

イメージ 2

懸念材料があるとすれば、ピアースの歌声…でしょうか。

前作では〝リアル・ジャイアン〟と言われたほど、歌唱力に難あり

…でしたが、はたして今作では如何に

イメージ 4
キャストの息もピッタリ!
イメージ 5

既に公開中ですので、とにかく早く観に行きたいと思っています。








開くトラックバック(0)


2008年に公開され、世界興行収入6億ドル(約660億円)を超える大ヒットを

記録したミュージカル映画『マンマ・ミーア!』から10年。

続編となる『Mamma Mia! Here We Go Again(原題)の予告編が解禁

されました。全米公開は、2018年7月20日予定(オリジナル版から10年後)


イメージ 1


第1作の主要キャストの出演に加え、新たなキャストも華を添えるようです。

音楽も前作と同様、ABBAのヒット曲をベースに、思わず歌いたくなるよう

な明るく楽しい雰囲気。公開が楽しみです。

イメージ 2

前作で共演したピアース・ブロズナン、コリン・ファース、ステラン・スカ

ルスガルドら男性陣の息もピッタリ 撮影現場も楽しそう






そういえば、
『マンマ・ミーア!』で、ピアースは何とラジー賞の最低助演

男優賞に輝いてしまいました〜



また、彼の歌唱力について日本では〝リアル・ジャイアン〟と称されたわけ

ですが、はたして続編では進化が観られるのでしょうか…

個人的にはそのあたりが気になるところ…でございますですなぁ。


開くトラックバック(0)

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事