ワッキーな日々

しばらくは北陸地方(地元)の探検を・・・

普通の日記

すべて表示

北陸探検〜恋路海岸の悲恋物語〜

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 2

石川県は奥能登に恋路海岸という名前の海岸があります。
この「恋路海岸」という名前の由来なんですが現地の看板にはこのように書かれておりました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 約700年程の昔 
木朗の里の助三郎、多田の里の鍋乃は人目を忍んでこの浜で逢瀬を重ねていた。
暗い夜に鍋乃のともす灯は助三郎の唯一の目標であり、愛する二人を結ぶ希望の灯火でもあった。

 しかし鍋乃に想いを寄せるもう一人の男「源次」は二人の仲を嫉み崖のはずれに灯を移し
騙された助三郎は深い海から帰らぬ人となった。そしてその後、鍋乃も源次の求愛を退け海に
身を投げ助三郎の後を追った。

 この悲しい恋の物語を秘めた浜は、いつの頃からか「恋路」と呼ばれるようになったと伝えられる。
                               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これ以上詳しい事は書かれておりませんでしたが、どうやら3人とも叶わぬ恋を追い求めて
最悪の結果になってしまったってとこなんでしょか。
いやぁ時代が変わっても 男女の色恋話はこういうのが多いですね(昼ドラっぽいと思ったよ(・∀・)

まぁ昔の話は(つ´∀`)つ置いといて実際に海岸を見てきたら綺麗なとこでした^^
なんとも説明できないので画像UPしてあります。
画像を撮ったのが真冬なので砂浜にもうっすらと雪が積もっていて結構良い感じですw
しかしここに行くまでに膝上10造らい雪が積もっている道路を長靴でゴボゴボ歩いていったので
しんどくて早々に退散したのだけ印象に残っているとかいないとか・・・

おまけ
かな〜り昔の話になりますが この恋路海岸は一度TVに出てました。
たしか「たけしの元気が出るTV」だったと思うのですが恋の叶う海岸として
紹介され、この砂浜近辺にたけし像が置いてあったと放送されていました。
やはりロマンチックな名前なので多くのカップルがこの海岸を訪れた事でしょう。
今は無き能登鉄道の恋路駅(だったかな?)の切符を買いに行ってた友達もいたもんですw

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事