全体表示

[ リスト ]

新たな聖霊降臨 2

イメージ 1
「或る記憶」
2005〜2008年作
水彩,パステル・紙
17.1×22.3 cm

私の最も古い記憶…
みかん色の電球ともる夜の屋台で
私は母に背負われていた

母のぬくもりは
神のぬくもり
なつかしい
私のふるさと

イメージ 2
「父の自転車」
2005年作
クレヨン,水彩・紙
10.6×14.1cm

子どものころ、
父は私たち兄弟を、
3人とも一台の自転車に乗せて、
いろんなところへ遊びに連れて行ってくれた

力強く走る
父の自転車は
神の乗り物
私たちは神に守られ
神に運ばれていた





これらのイメージ、そして言葉は
佐藤康行師 http://www.shinga.com/profile.html
の主宰する「真我開発講座」 http://shinga.com/information/develop/details.html
の中で出てきたものです。

そこにおいては、
このように自らの記憶を辿り、心の奥へと入っていきます。
そして行き着くところは、
どんな人の中にも存在する 真我=宇宙意識=内なる神 です。
それは言葉では言い表し難い「至高体験」となります。

それがさらに画期的なのは、
その講座の中だけでの体感ではなく、
いつでもどこでも、それを再現できる手法が開発されているところだと
8月15日のブログにも書きました。 http://blogs.yahoo.co.jp/youseisya/374265.html

その手法を「内観光受」といいます。
これは佐藤康行師の造語で、
すべてを光でとらえる、光として受けとめる、という意味です。

一昨日、大阪でその手法を伝授する講座がありましたので、
参加してきました。
ここ数年、私はこの手法を毎日実践してきましたが、
その意味をさらに深く悟り、
さらに簡単に実行できるようになりました。

この上ない幸福に包まれたいと思えば、
瞬時にそれができるのです。

そうなれば、敵は一人もいなくなり、
今、ここが、そのままで天国のようになります。

イメージ 3

佐藤康行師の最近の著作「飛神」 http://www.shinga.com/book/booklist_04.html#7
飛神とは佐藤師の造語ですが、意味は文字の通り、神の世界に飛ぶこと…

「内観光受」はそのための一つの手法ですが、
これは人類史上に例を見ない画期的な発明であると思います。





さて、8月15日にも書きましたが、
キリスト教が発展し、世界史を変えていくきっかけとなった出来事に
「聖霊降臨」というものがあります。(新約聖書・使徒行録2章)

イメージ 4

エル・グレコ「五旬祭(聖霊降臨)」

それまで迫害を恐れて隠れていたキリストの弟子たちが、
聖霊降臨によって、
迫害や殉教さえも恐れず、キリストの教えを広めるようになるのです。

「内観光受」の発明は、聖霊降臨に匹敵する、
否、それ以上の「事件」であると、私は感じました。

聖霊降臨は一方的な神の恵み、賜であり、
人間側の作為や努力で得られるものではありませんでした。
つまり、人が望んでも、それが得られるかどうかは
「神のみぞ知る」ものであり、
そう簡単に得られるものではなかったのです。

佐藤康行師が開発した手法は、
宗教との関わりは一切ありません。

しかしそれはどんな人をも神感に導きます。

しかもその状態を再現することが可能なので、
科学的であるとも言えます。

人が望むままに神感を得ることができ、
自らの心を至福の状態にできるという点で、
「聖霊降臨以上」と、私は表現したかったのです。

聖霊降臨が世界史を変えた以上に、
歴史を変える出来事が今起こりつつある…

人類が自らを素晴らしく変革して、
この世を天国のようにしていける…

その希望が今ここにある、と私は感じています。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事