全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全48ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
 
最近、頻繁にここで「北斗星」を見送る事が増えました。仕事先が変わり、通勤経路にぴったり合うようになったのが大きな理由ですが、それ以上に先行きが長くない「北斗星」を少しでも目に焼き付けておきたいと言う気持ちも大きいからです。
 
さてさて、これは昨日の13番線での入線前の様子です。学生の夏休み期間中とは言え、これは相当な混雑です。案の定、当日の「北斗星」は完売御礼だそうで・・・。
やはり、皆さん先行きが長くないと思っての事でしょう。これが数年前からずっとこの状態ならJRも少しは考え直したでしょうに・・・・。
 
まあ、愚痴はこのくらいにして・・・・。
 
 
 
イメージ 2
 
さあさあ御立会い、上野駅の真打ち「北斗星」がやってまいりました。
いつもは静かなこのホームがにわかに活気づいてきます。
図らずも「最後のブルートレイン」と呼ばれるようになりましたが、それでも毅然として入線する姿は込み上げるものが有ります。
 
イメージ 3
さあさあ、一大撮影会の始まりです(笑)。
いやはや、もうどこもこんな状態ですから、マトモに写真など撮れる訳も無く、苦笑いするしか有りません(笑)。それに「鉄子さん」でしたっけ・・・?ちょっと前までこんな風に女の子が列車にカメラを向けるなど考えられなかったのですが、今では珍しくない事のようですね。
 
最も、単に流行だけという気もするのですが。
 
イメージ 4
今は夏休みですから、主役は当然子供達です。
念願叶って待ち望んだこの日、子供達はみんな大はしゃぎです。そしてその親御さんもまた同様に。
子供も大人も関係なくこの列車を前に大はしゃぎですから、この日のEF510-512も「これが俺の本当の仕事だ!」と誇らしげな姿です。
 
さて、私はと言うと、年がら年中乗っている私も流石にこの時期はこの子達に譲ってあげるしか有りません。なにしろ子供相手では勝ち目が有りませんから(笑)。
 
 
イメージ 5
食堂車です。ご覧の通りみんな窓に張り付いて記念撮影です。当然、中もシャワーカードを買う人で大行列となり、グランシャリオの乗務員さんも対応に追われています。普段は出発の時には一礼をするのですが、この状態になるとそれも出来ないそうです。
 
 
 
イメージ 6
その一方で、「北斗星」が持つもう一つの顔がここにあります。
そうです、「北斗星」は「トワイライト」「カシオペア」と大きく異なり、毎日運航している立派な「定期列車」なのです。それ故に道内への大事な足としての任務も未だ健在です。これは宇都宮以北でより一層重要性を増してきます。
写真は家族の方を見送る人のようで別れを惜しみながらも笑顔で見送っていました。
一見華やかな裏でも、この青い船はしっかりと先人から受け継いできた重責を負って立っているのです。
 
イメージ 7
発車オーライ!
19:03その船は扉を閉め、いよいよ出港します。
 
イメージ 8
さまざまな思いを満載して13番線を後にします。この日「北斗星」に乗った人々はこれからどんな旅となりどんな思い出となるのか興味は尽きません。デビューから25年経ち、すっかり「オンボロ船」となった「北斗星」、それでも尚多くの人を乗せ、今日も船出するこの愛するべきオンボロ船を最期の時まで見守って行きたいと思います・・・・。
 
 
 
さて、この13番線、普段であればこの列車を最後に発着は終わりになりますが、そこは夏休み。期間限定ながらこの2時間半後にもう一幕有ります。
 
でも、それは後ほど・・・と言うことで一旦お開きと致します・・・。
 
 
 
 

生存報告と花火大会

皆様、大変御無沙汰しております。
随分とここを放置していましたので、まさか死亡したのではと噂も少々ありましたが、とりあえず今のところは生存しています。
 
最も、連日の35度オーバーの中での外仕事が私の職業ですので、
 
毎日が死の恐怖との戦いの日々でもありますが・・・。
自己管理が悪いと、この暑さでは確実に死を招きます。
 
さて、そんな中で迎えました昨晩。近所で花火大会が有りましたので行って来ました。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
 
 
河川敷と言うことも有って、心地よい風で涼みながら、夏の風物詩を楽しみました。クソ暑い昼間があるからこそ、こうしたものが心地よく楽しめると言うのも皮肉なものですがね。

イメージ 1

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

今回も懲りずに、「北斗星」で年越し乗車をしてきました。
こんな事が出来るのもあと僅か・・・。
今年もこの「北斗星」に幾度かお世話になることでしょうが、これまで以上に、この列車での思い出・・・そして何よりも、この列車を通して出会った方達とのご縁を大切にしていきたいと思います。

廃止報道から一日

イメージ 1
2013年11月6日札幌駅にて
 
星消える 鉄路の嘆き 涙雪
 
札幌で例年よりも1週間以上遅い初雪となったとの事です。
 
残る夜行列車の全廃報道から一日、その報を遡る前日に撮影した写真です。「北斗星」など残存する夜行列車廃止の報道の一方で、いつのまにか乗車標識が新しくなっていた事に気が付きました。一体全体、本当に廃止するのか残すのか何だか良く判らなくなってきました。
 
まさかと思いますが、当のJR内部でさえも廃止か存続かで意見が真っ二つに割れているのではとも勘繰ってしまいます。そして、私も見落としていた事ですが、「北斗星」達の存続を巡って問われているのはJR側では無く、むしろ我々乗客として利用する側に向けられているのではとも考えました。
 
報道が真実であるならば、あと一年少々。残る夜行列車のみならず、我々を取り巻くあらゆるものが劇的に変わるかも知れません・・・。
 
 
 
 
 
 
 
例え、それが良きにしろ悪しきにしろ・・・・。

「北斗星」廃止

こちらではすっかり御無沙汰になりました。
今の所、私は生きております。
 
さてさて、既にニュースでも報じられていることですが、来春に「あけぼの」廃止に続いて、「北斗星」「カシオペア」「トワイライト・エクスプレス」が順次廃止になるとの事です。こうなる事は解っていたつもりでしたが、正直聞きたくないニュースでした。恐らく、先日の「あけぼの」廃止の報道で残る寝台特急の行く末を巡って噂ばかりが一人歩きして収拾が付かなくなる事を防ぐ意味合いから、JRとしての今後の意思を今の内にという思惑が有ったのでしょう。少なくとも、これで残る寝台特急も「サンライズ」を除き「余命宣告」が下されたのは間違い有りません。
 
実は今日、「北斗星」で東京に帰ってきた所で、廃止の報を見たのはその車中での事だったと言うのは皮肉としか言いようのない話です。前日に函館で北海道新聞のカメラマンが「北斗星」をしきりに撮影していたので、「まさか!?」と引っ掛かりましたがこういうことだったのですね。
 
 
 
で・・・・・・この事に対して私はどう思っているかと?
 
 
 
私だって思う所多々有りますし、これまで親しんで来た「北斗星」が無くなってしまうのは正直言って大声上げて泣きたいくらい悲しい事ですよ・・・。こんな事アリかよ・・・酷いよ・・・酷すぎるよ・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
・・・・・でも、それを言っても何も始まりません。
 
今、成すべき事は残り限られた時間の許す限り、「北斗星」を、そしてそこで出会った人々の事を少しでも多くこの目に焼きつけておき、その中で知り合った人達の事を・・・そしてその人達と分かち合った思い出をいつまでも大切にして行く・・・。それがこの列車を「友人」として共にしてきた者の責務だと私は思います。
 
 
 
 
 
「一期一会」
・・・・この言葉に込められた意味の大きさを教えてくれた「北斗星」・・・私の大切な友人です。
 
 
 

全48ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事