過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ショップの店員さん

 Oさんのいるお店へ、またNちゃんと遊びに行った。


 軽く営業妨害だったと思う。




 んで、NちゃんとOさんが少し話し始めた間に、

 あたしは友達Aちゃんのメールを返そうと思って。ケータイを取り出した。



 そしたら、Oさんが、『ケータイちょっと貸して〜』って言ったので、


 『はい、どうぞ』って言って渡したら、『オレのケータイにかけていい?』


 って言われた。最初は意味がわかんなかったあいじ。Oさんのケータイ行方不明だからかな?


 ぐらいにしか思ってなかった。




 そしたら、『登録しといてね。後でまたかけなおすから。』って。『?!』って


 感じだった。Nちゃんには??しかも、こーゆうのに慣れてるって感じがした。




 とりあえず、言われたからには、『Oさん』って登録したけど(笑)





 あたしも別れたんです・・・っていう話になって、


 NちゃんとOさんに『大丈夫だよ〜!!』って励まされた。
 (何が大丈夫なの??笑)




 そして、ソッコーその日の夜、

 Oさんから電話がかかってきた。



 『メールがいいよね?アドレス送るね』って言われて、それからそのまま


 メールでやりとり。なんかカッコイイ人とメールしてるっていうのがワクワクした。

 高校生の時のあたしなら考えられなかった。




 8月末に花火があった。あたしが誘って、浴衣着て。

 初めてのお出かけで、『迷子になるから』って手をつないでくれて、ドキドキした。






 
 そして、ある日の夜中、電話でOさんに『つきあってください』って言われて


 つきあうことになった。ちょうどCクンと別れて2ヶ月後くらいだった。





 Oさんは平日は22時まで仕事で、土日ももちろん休みがなかった。

 何曜日だったか忘れたけど、お休みは平日だった。









 


 つきあうことになってからたった4日後。






 朝、いきなりOさんから『別れよう』っていうメールが入ってきた。。。






 につづくよ→

開く コメント(2)

イメージ 1

 簡単なのにうまい!!


 給料が入って、久しぶりに材料を買えました(笑)




 写真のタコライスくずれちゃってて、おいしそうじゃないけど、

 味はうまかったです♡

開く コメント(6)

イメージ 1

 日曜日、Yさんは当然家に帰ってくるもんだろうと思って、

 家をキレイにして、オシャレして待っていようと思ったあたし。



 ところが、Yさんからの電話は
 
 「オレ今日も友達んち泊まるよ??言ってなかったっけ?」というものでした。

 
 かなりのヘコみ具合に、


 再度かかってきたYさんからの電話で少しイヤな感じになってしまって。。




 でも、このままじゃイヤだと思って、ブログを書きながら、すぐに


 メールで『早く逢いたいよ・・・』と素直に書きました。


 でもYさんからの返事は、『たぶん明日も遅くなると思う』っていう

 ものでした。









 次の日。月曜日。


 仕事をがんばれば、Yさんに逢える!!


 と思ったあたし。



 でも、ETCの割引時間帯は17時から20時までだから、


 どうせ17時に友達の家を出たとしても、早くてもうちに着くのは


 19時半。




 仕事終わってから、そのまま友達と少しだけウォーキングして、



 18時半ごろ歩きながら家に帰り始めました。




 ふと、(Yさんごはん食べてくるのかなぁ?)と思ったあたしはYさんにTEL。




 出ない。留守番電話につながっちゃった。



 家についてからかけなおそう。そう思ったあたしは、急いで歩いて家に向かった。




 しばらくして、ケータイがポケットの中で動いているのに気づくと、Yさんから9件


 着信があってた。


 あわててかけなおす。




 「ごめん。気づかなかった〜!今どこ?」

 「さっきでたよ。運転中だからきるね」



 といわれてしまった。


 
 『さっき』出たのかぁ。じゃあ、21時前にしかつかないんだ。


 がっかりした。





 ・・・と思ったら、見慣れたナンバー、クルマがあたしの横を通り過ぎて、



 斜め前のレストランの駐車場に入った!!

 Yさんだ!!!どうしてどうして〜?!




 すごいうれしかった。でも、おしゃれしてないし〜・・・


 ドアを開けて、「なんでなんで?」「も〜うそつき。」「おしゃれしてないし!」

 とか興奮しながら連発してしまう。


 Yさんは「さぁ〜ね。」だって。こんだけ人のことびっくりさせといて「さぁ〜ね」って(笑)




 家について、ほんとはオシャレもしたかったけど、とりあえず、ご飯炊かなきゃ!!


 「ごめんね!!すぐごはんつくるから!!」


 と思って、用意をしようとすると、お鍋がコンロの上においてある??


 「・・・・???」


 ゆっくりフタをあけると、シチューが作ってあった。



 一番最初に食べたYさんの手料理もシチューだった。わざとかな?!


 ううん。そんなのは今関係ない。すごく幸せな気持ちで、Yさんに抱きついた。



 喜ぶあたしの顔を見て、Yさんもうれしそうだった。










 (ごはんは炊いてなかった(笑))


 




 

開く コメント(6)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事