ここから本文です
雀の問答 (^◇^)

書庫全体表示


久し振りのアンティーク家具修理記事です
修理の依頼はあるものの
近頃ブログに載せるほどの修理がありませんでした
これは割と面白いので載せます
イギリスからの輸入品だと言われましたが
私の見立てでは古くて50年程度
使用された金具や組合せの状態
塗装されていない木材の状況などを鑑定して
イギリス本土の製造ではなく返還前の香港製造と見ました
セミアンティークまで行かないようです

イメージ 1イメージ 2














テーブルの脚折れ(脚の下部が虫喰い)
強度不足により折れています
虫は既に不在、一応防虫加工しておきます
折れた部分の内部に補強をおこない接着します
その後、破損し部材の無くなっている部分を補修
黒塗装を行い、彫刻部分に金彩色して完成
イメージ 3
今後も面白い修理が依頼されたら記事にしますね
来月10月2日で雀のブログも9年目に突入します
変わり映えのないブログですが
何時も見てくれてありがとうございます

  • イギリスから船便で運ばれたアンティーク家具だと聞いて買ったものが我が家に有りますが、何だか判らないですね(笑)

    何処の物でも、気に入れば何でも良いと思うのですが
    騙されるのだけは、嫌ですから><

    すずめさんの修復作業、丁寧で綺麗です。
    これを手に入れた方に長く使って貰えると嬉しいですね。

    もくれん

    2017/9/16(土) 午後 4:51

    返信する
  • 顔アイコン

    水を得た魚のごとく活き活きとお仕事されたんでしょうね。目に浮かびます。

    [ Kiyoshiroo ]

    2017/9/16(土) 午後 5:21

    返信する
  • 顔アイコン

    預かったものを 保管しておくスペースがなくなって初めて行う 部屋の整理。小さな木片のストックの仕方になやんでいます。

    [ でるでる ]

    2017/9/16(土) 午後 7:40

    返信する
  • > もくれんさん
    戦後に作られた物が一番怪しいです。
    アンティーク風に時代着けしていますし。
    30年前からメイドインは生産国ではなく、最終輸出国になりましたし。

    雀 政五郎

    2017/9/16(土) 午後 8:50

    返信する
  • 今は何でも捨ててしまうから、こうして修繕されて使われる家具は雀さんに出会えてよかったと思っている事でしょう〜

    まあおん

    2017/9/16(土) 午後 8:50

    返信する
  • > Kiyoshirooさん
    普通なら棄ててしまう様な破損品。
    依頼者が驚く修理を行う喜び。
    酷い破損を喜ぶ政五郎であります。

    雀 政五郎

    2017/9/16(土) 午後 8:55

    返信する
  • > でるでるさん
    ブログを始めたのが40代後半、今は還暦前!
    そう考えると月日が早く過ぎさりました。
    木片、木を愛した人はなかなか棄てられませんよね。
    私の彫刻は細密なので尚更棄てられません。
    それでも定期的に杢目を見て処分します。

    雀 政五郎

    2017/9/16(土) 午後 9:05

    返信する
  • > まあおんさん
    最近の合板家具なら見切りも付くでしょうけど、アンティーク家具は誰でも再生したいと思われる事でしょう。
    只何処に依頼したらいい?値段が高いのでは?なんて皆さん悩んでいるみたい。
    私は「良心価格で遣っていますよ〜」と全国に叫びたい政五郎。

    雀 政五郎

    2017/9/16(土) 午後 9:16

    返信する
  • 顔アイコン

    お人形も同じで長く愛されるもの、手入れも必要です。

    teracyanichima1

    2017/9/17(日) 午前 7:28

    返信する
  • 雀さんのように修理をしてくれる方がいらっしゃると
    安心してアンティーク家具も持ちたいと思いますね。
    「香港製」というのは、どうしてわかるのですか?
    足のデザインをみるとちょっと東洋的かなとは
    思いますが。
    ブログ9周年おめでとうございます!
    私も先輩をみならって頑張りま〜す。

    佑果

    2017/9/17(日) 午後 1:06

    返信する
  • > teracyanichima1さん
    古いもの程、修理して勉強になるし遣り甲斐もある。
    先人の知恵も探れるしねー。
    なんといっても、修理している自分が一番楽しんでいる。

    雀 政五郎

    2017/9/17(日) 午後 5:20

    返信する
  • > 佑果さん
    ありがとうございます♪
    天板と脚が分離出来ました。
    臍の組合せ、彫刻、塗装方法などヨーロッパと東洋の遣り方が違うのです。
    150年以上の家具でも、船内家具等がヨーロッパに流れていますしね。
    東洋で生産された家具でも、イギリスで修理すると外観チョット見解らなくなります。
    分解して初めて解ったりしますよー。
    最近は1月に2つの投稿を維持しているブログに御付き合いして頂ける喜び。
    何となく月日がすぎました(^◇^)

    雀 政五郎

    2017/9/17(日) 午後 5:31

    返信する
  • 顔アイコン

    おはようございます。
    古い物を大事にしたい気持ちと、修理したいという気持
    ちの合作ですね。
    ナイス!

    [ pada ]

    2017/9/22(金) 午前 9:57

    返信する
  • > padaさん
    古いものは時間が品物を育ててくれます。
    骨董にハマる人の気持ちが解る政五郎(^◇^)

    雀 政五郎

    2017/9/23(土) 午前 10:10

    返信する
  • 顔アイコン

    一応猫足ですね・・・

    [ 夢想miraishouta ]

    2017/9/27(水) 午前 10:34

    返信する
  • > 夢想miraishoutaさん
    猫脚から蹴り脚へと時代が変わる様式ですね。
    全体の形からこの脚形でないと、バランスが取れないのでしょう。
    若干インパクトに欠けるようです。

    雀 政五郎

    2017/9/27(水) 午後 4:20

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事