ここから本文です
moriの熊さん

書庫無題

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

地域が大フィーバー

 地域が熱い〜 

渋野日向子ちゃん!!凄い事をやってくれましたね。
全英女子ゴルフ、42年ぶりの快挙!!!!
プロゴルファーになってまだ一年。しかも海外初挑戦で。
「おめでとう〜」
彼女、隣の市出身なんです・・我が家からも近いんです。
地元は大変なフィーバーですよ。
西日本災害の被災地なので、皆さんにはとても明るい話題を提供し、
勇気を与えました。嬉しいですね〜。

底抜けに明るいキャラクターで
スマイリングシンデレラと言われるのも分かりますね。
イメージ 1

イメージ 2
今朝の県内の新聞は日向子ちゃん一色です。↑

凱旋会見も爽やかでしたね〜

イメージ 5

地域から有名人が出るというのは嬉しいものですね。
因みにブルゾンちえみさんも日向子ちゃんと同じ地域出身です。

プロ野球では、オリックスの「山本由伸」君やルーキーの「頓宮裕真」君は
備前市出身です。

日向子ちゃんも山本由伸君も東京五輪の代表入りが期待されます。
二人とも出場できるといいなあ。

その他、最近は岡山が熱いですよ〜。
大河ドラマ「いだてん」では、「人見絹枝」さんや「犬養毅」さんが登場。
人見絹枝さん以来64年ぶりの五輪メダル獲得の有森裕子さんもゲストで。
お笑いコンビの「千鳥」も頑張っていますね〜。

私のブログ、お休み期間が長かったのですが、渋野日向子さんの快挙に
タラタラしてんじゃねーよ」と。ついに眠りから覚めました。
岡山県人の自慢話をしなければ・・と。

イメージ 3

さて、鯉の季節も一時衰退気味でしたが、またまた盛り返しています。
優勝争いに加われるまでの位置にいます。
頑張って欲しいです。

先月は地元の球場でウエスタンリーグ戦・カープVS阪神の試合がありました。
二軍とはいえカープの応援が出来る事は滅多にありませんので
出かけました。応援はやっぱり凄かったですよ。
イメージ 4
マスカットスタジアム・・ジェット風船も飛びました。勿論勝ちました。

この数日後、応援に出かけた事を知った友人がグッズを贈ってくれました。
イメージ 6

心優しい友人です!!来年はこれを持って出かけるぞ〜。

台風が来ていますね。
もうすぐ我が家にも大型台風がやって来ます。
準備万端ですよ。

暑すぎる夏、体調管理を充分にして乗り越えましょう〜。





「こい」の季節

 鯉の季節 

ブログもなかなか力が入らずPCの前でネタを探しています。
イメージ 2

そうそう、今年も鯉の季節がやって来ました。
やっぱり丸選手の穴は大きいなあと、前半心配しました。
しかし、流石にカープです。五月になってからの勢いは止まりません。
今日で七連勝中です。
今年の巨人の強さは尋常では無い為なかなか追いつけませんが、
そのうちそのうち・・と期待しています。

令和の鯉のぼりもカープのように勢いよく泳いでいます。
イメージ 1

処で、試合の翌日にはいつもカープ記事の新聞を楽しみにしている私ですが、
ここ岡山の新聞はいつも期待外れなんです。
イメージ 3

いくら大勝してもこんな感じです(赤で記した所)。
もうがっかりです。

今日は暇なのでたわい無い記事で遊んでみました おしまい。



久々に

 久々に展示会へ 

ヤフーブログも今年で終わるという事で、
更新も何となく気が乗らず二ヶ月が経ってしまいました。
早々とお引越しされた方もいらっしゃるようですが、
私は現在まだ思案中です。

さて、久しぶりに独特な世界を楽しんで来ました。
岡山天満屋で行われています「MINIATURE LIFE展」へ行ってきました。

〜田中達也 見立ての世界〜
本展は、ミニチュア写真家であり見立て作家の
田中達也氏の作品を紹介する展覧会です。
見立て作家という作家さんがいらっしゃるんですね。
 身の回りにあるものを題材にして日常風景に見立てた
作品を展示する作家さんの事だそうです。
思わずくすっと笑ってしまったり、さすが!と
唸ってしまったりするような楽しい作品ばかりなんです。
その独特な世界観を会場で思う存分楽しんで来ました。

実際に見てみないと面白さが分からない作品ですが、
いくつか紹介してみます。
NHKの朝ドラをご覧になられた方は「あ〜っ」と思われるでしょう〜。
「ひよっこ」のタイトルバックでミニチュアの世界が登場していましたね。
あれです!!!
きっと見覚えのある作品があると思います
たとえば・・

イメージ 1
イメージ 2












パンを新幹線に見立てて「新パン線」や、畳の縁をバスが走っていたり。

他にも(画像がダブりましてすみません)イメージ 3

イメージ 4
 
イメージ 5

等々、日常の物を題材にした作品120点が展示してありました

ジオラマ用人形をモチーフにしてあり、タイトルがとても
ユニークでユーモアあふれる作品ばかりでした。
田中さんは2011年から毎日休むことなくインスタグラムの投稿を
行っているそうで、現在フォロワー数は190万人以上の人気写真家さんです。

今回は岡山会場という事で、下のような作品を作って下さいました。
イメージ 8
 
ユニークで面白いでしょう〜。

私もブロッコリーの前に座ってみました 
イメージ 6

ファン?と談笑される田中さん
イメージ 7

ミニチュアの世界に触れ、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

もうすぐ平成も終わりますね。
令和の時代は平和な年になるといいですね。


嬉しいメール添付

 カープ応援ラッピングトレイン 

先日友人からメールが。。。
開いてびっくり!!
な、な、なんとカープのラッピングトレインの写真が添付されていました。
たまたま町の駅で待っていると派手な赤い下り列車が到着したとのこと。
すぐに私の顔が浮かんできて慌ててスマホで・・
いえいえガラケーで撮ったそうです。

山陽線、呉線、可部線を走っている真っ赤な電車。
選手の写真や応援メッセージがラッピングされています。
こちらは県外ですのでなかなか見る事が出来ません。
一度は見てみたい・・と思っていた私に思いがけない最高のプレゼントでした。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
↑今年のキャッチフレーズ℃℃℃(ドドドォー!!!)〜

イメージ 4

イメージ 5

全体はこんな感じです↓
イメージ 6

現在は各地でいろいろなラッピング列車が走っていますが、
やはりこのカープ列車は一際輝きを放っていますね〜。
「かっこいいですね〜」・・私だけかな? 乗りたいな〜

友人はカープファンの私にいつも色々な物を贈ってくれます。
一部、並べてみました。
イメージ 7

凄いでしょう〜。有難い有難い存在の友人です。

カープ、ロッテに二連敗してしまいましたが、
今年も頑張ってますよ〜。フレーフレー

恒例のウォーキング

 続けていますウォーキング 

地域の恒例のウォーキング、今年度も実施しています。
月に一回の健康とコミュニケーションを兼ねてのウォーキングですので、
出来るだけ参加するようにしています。
二月は味噌蔵見学(アップ済)、三月は野鳥観察、四月は福岡の市へ。
そして今月5月は道路の空き缶やゴミ等を拾うクリーンアップウォーキングでした。

イメージ 15

三月の野鳥観察では、川や野原の様々な鳥を観察しながらの
のんびりウォーキングでした。
イメージ 17

イメージ 1

観察した鳥のチェックです
イメージ 18

イメージ 9

四月には、備前長船町の「福岡の大市」を見学しました。
福岡は鎌倉時代から刀鍛冶の本場として栄えた町です。
一遍上人聖絵に描かれている福岡のこの市は、多くの歴史教科書にも
紹介されています。
今回訪れたのはこれを現代版に再現した市なのです。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
麦畑を眺めながら隣町福岡へと歩きました

イメージ 5

福岡には妙興寺というお寺に黒田官兵衛の曽祖父(黒田高政)と
宇喜多家のお墓があります。
官兵衛がこの地を気に入った為、九州の福岡の地名はここから取ったそうです。

イメージ 6
太鼓の演奏や地元の食材を使ったお菓子やパン、無農薬の野菜、
そして備前焼の販売等、約60店舗の出店です。

イメージ 7
                   官兵衛も登場して遊んでいます↑

何と言っても、備前長船町は刀の町。
刀鍛冶の方が包丁を研いでくれます。
イメージ 8
若き刀匠「川島○○」さん↑
包丁の研ぎ方講習会もあります。

一時間余り大市を楽しみ、再び片道3kmを歩いて出発点へと帰りました。

イメージ 16

そして今月5月のウォーキングは
クリーンアップウォーキングでした。

軍手をはめ、火鋏と袋を持って約2時間、空き缶やペットボトル等の
沢山のゴミを拾いました。
一番多かったのはタバコの吸い殻です。
車から投げ捨てるのでしょうね。マナーは守って欲しい物です。

イメージ 10

イメージ 11

途中桑の木があり、実を頂きました(知り合いの方の木)

イメージ 13

イメージ 14
甘酸っぱくて美味しかったです〜

イメージ 12
沢山のゴミを拾いました。
時には奉仕活動をしながらのウォーキングも良いものですね。

来月は健康フェスタに参加。
次は農園訪問、工場見学、史跡めぐり等等・・・・・
楽しい計画が盛りだくさんです。




全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事