全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

胆振管内白老町が設置した
可燃ごみを固形燃料化するバイオマス燃料化施設「Ecoリサイクルセンターしらおい」が一日、
本格稼働した。
ごみを高温高圧で処理する技術を駆使し、
リサイクル率向上や廃棄物最終処分場の延命効果が期待される。

総事業費は約十四億円。
日本製紙白老工場の敷地内に建設され、高温高圧処理機三基、燃料の成形機二台を備える。
生産された燃料は同工場のボイラー用に一トンあたり五千七百七十五円で売却する。
一日あたり約三十八トンのごみを処理し、
木くずなどを加え約三十七トンの固形燃料を生産できる。
管理運営はプラントを製造した「クボタ環境サービス」が担当する。

北海道新聞 09/04/02 10:24

いや〜。
少しでもゴミを出さない工夫と、少しでもゴミからエネルギーを取り出す工夫。
今後、こういった動きが、より一層盛んになってほしいてすね。

日本自前でエネルギーを作り出す体質にならないと、
今後、日本は今までみたいには発展していかないのでは?


↓コーヒーの残りかすからバイオ燃料の事。
http://blogs.yahoo.co.jp/yqsbc547/57876953.html

↓茶かすが製鉄燃料に変身「バイオコークス」の事。
http://blogs.yahoo.co.jp/yqsbc547/52662151.html

↓お米のとぎ汁からバイオ燃料生産の事。
http://blogs.yahoo.co.jp/yqsbc547/55846187.html

当ブログ書庫【新エネルギー開発】近未来のエネルギー問題の解決策をご提案。
http://blogs.yahoo.co.jp/yqsbc547/folder/1490413.html

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事