ここから本文です
航空機、蒸機 好きなもの、撮る
(旧称 菊池写真館別館)
昨年の夏にマスコミ報道で明らかになったC11325蒸気機関車の譲渡事案について、本日3/12に動きがありました。
この機関車の売却の入札公告が芳賀広域から出されました。↓

報道以降、これまで具体的な話しが公にされず、年度末に向かいC11325がどうなるのかやきもきしていましたが、唐突に公告がでました。
もっと驚いたのは、公告に記載された入札条件。
これは、売却先が想像できるものだと思います。
鉄道事業者限定、すなわち一般個人やNGOや一般企業等には譲渡しないということ。
その鉄道事業者も栃木県内に事業所があり、同県内での運行も条件。
かなり限定されます。

かなりの思惑をもっての入札公告と思われますが、その結果は、今月の3/25の入札で決まる。不調という結果もありうるが、たぶんこれで落ち着き先が決まるのかな。

この記事に

開くトラックバック(0)

2019.2.11曇り。この日は気温が低く寒い一日となった。沿線は前日までの積雪はほとんど溶けてしまい、日陰部に少し残っている程度。
久々に真岡駅での出庫前の準備風景から見に行った。次回運転の2/16からヘッドマーク(HM)を約一か月間、機関車に掲出するとの告知があったため、HM無しの姿を捉えるため朝から出撃。C11325は今年度の2018年度いっぱいでの運転終了を言われており、もしかしたらMH無しのC11325の姿は見納めと思って来た。
前扉を開けてシンダの除去作業を見ることが出来た。
イメージ 11
イメージ 10
前扉を閉める様子だが、これが案外難しい。ハンドルの中心の内側は剣先のようになっていて、相手側はボイラを横通ししてある棒の穴に差し込んで締め上げるのだが、なかなかその穴に入らないのと、入っても今度はハンドルを綺麗な位置にもっていかなければならない。きちんと閉めないとボイラー内は密閉されないし、慣れないとうまく閉まらない。さすが慣れた手つきだ。

イメージ 9
↑逆機での出庫。単機の逆機で走る姿もしばらく見てなかった。
イメージ 8
庫から逆機で出て来たC11325はスイッチバックで益子寄りへ前進。50系3編成の先頭に連結するために移動する。その際走りだしで力行してくれるのだが、私を含め複数の撮影者が構えていたが、ずいぶん大人しい煙だった。この日も調子が良くないのかな。。。

イメージ 7
6001レ 久下田駅発車。この日も後補機にDE10が連結された。駅間走行はほとんど絶気と聞いていたので駅発車に絞ることにした。白煙メインで発車して行く。気温が下がり前日までの降雪のおかげで湿度も上がったことからドレンも広がる。

イメージ 6
6001レ 西田井駅発車。この駅の構内は以前にくらべ鉄道資材が増えた。枕木は積まれ、踏切の警報器も横倒しに置かれていた。列車がすっきり撮影できる場所が無くなってしまった。積まれている枕木の間から発車を撮影。
イメージ 5
6001レ 市塙発車。ここから天矢場へ向かって登坂区間になるため、この駅で蒸気を溜め、豪快に煙を上げながら力行するポイントだが、白煙は広がるものの大人しい感じである。本調子ではないということか。

イメージ 4
6002レ茂木ー天矢場。衝撃の場面だった。6002レが茂木の道の駅を通過しているところでは白煙をなびかせて走ってきていた。そこから国道をまたぐ陸橋を渡り、山間に入るところで、突然、白煙が見えなくなってしまった。ドラフトも消えた。
絶気である。
これから25パーミルのだらだらした長い登坂区間なのに、坂の最初で絶気してしまうのは考えられなかった。後補機にDE10が付いているとはいえ、整備重量68トンの
機関車+50系3両をDE10だけで持ち上げるのは、乗客が少なかったとはいえ負担が大きすぎる。前日までの運転ではDE10後補機付きだったが、C11325は力行で登坂していった。目の前を列車が通過した際、煙は見えないし、ドラフトも聞こえず、メカニカルな音だけが蒸気機関車から聞こえてくる。その後方からエンジンのうなりを上げ、黒煙をはきながらDE10が通過していった。DE10の運転士が運転室からかなり身を乗り出して前方を凝視しながら操作をしていたのが印象に残った。
しばし、茫然。。

イメージ 3
6002レ 七井駅発車。C11325がそれ程悪いのか気になって追走。同業も多数、七井に集結。果たしてC11325は午前中と同じように白煙をはきながら発車して行きました。あの天矢場は何だったのか。。。

イメージ 2
6002レ西田井駅発車。追走して西田井の発車も見ました。ここも撮影者多数でした。普通に発車して行きました。

イメージ 1
6002レ 寺内発車。久下田寄りの踏切より。寺内駅構内は数名の見学者あり。踏切からの撮影は私一人。かなり露出は落ちましたが、白煙を上げながら発車して行きました。
もしかしたらこれがC11325の見納めになるのかな。。。
1か月間HMは付くし、その後の運転も年度末まで期間短く、C1266の帰還もあるのかな。C11325の調子悪いなら、全検あけのC1266にすぐ切り替えたいだろうし。。。
さよなら鉄、まがいな事をやりました。

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1
この日は6002レの天矢場付近のみの撮影でした。
前日の夕方から再び振り出した雪は、今度は降雪量が多く、一定の積雪になりました。果たしてこの積雪は、日の出とともに瞬く間に溶けてしまい、午後には日陰部に残っているのみとなりました。それでも昨日の舞った感じよりは法面の部分に雪が付いているので、昨日に引き続きこの場所での撮影となりました。天矢場付近でも雪が一番残っているのがこの場所でした。撮影者も多く、駐車スペースも車が入りきらないほどでした。
イメージ 2

C11325は期待以上に煙をあげて天矢場の坂を登って来ました。日が差していたので煙を照らすこともできました。
C11325のこの光景も、もう見納めなのかも知れません。

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1
多田羅-市塙6001レ
この日は降雪の予報もあり、雪景色を期待しての出撃でした。午前中降雪があったものの、昼前にはやんでしまい、薄っすらと化粧をした雰囲気のみでした。雪が残っているところを目指し、多田羅のお立ち台にて。
イメージ 2
笹原田通過。6001レ
登坂区間ですがC11は絶気してDE10が押している状態です。積雪はなかったものの、背景の木々が白く化粧していたので冬の雰囲気でした。
イメージ 3
茂木ー天矢場6002レ
積雪というより雪が舞った程度でしたが広角レンズで接近戦。C11325は白く煙をたなびかせ、ドレン吐きながら登って行きました。
イメージ 4
七井-益子6002レ
白煙が長くたなびきます。遠くの木々がまだ白く残っています。50系車内はSGで温かいのが窓ガラスがだいぶ曇ってます。
イメージ 5
久下田発車。6002レ
桜の木にもまだ雪が7残っていました。白煙を盛大に吐きながら向かってきます。

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 4イメージ 3イメージ 2
イメージ 1
1/6のSLもおか新年号上りは茂木の道の駅からスタート。有名地はやはりどこも混雑なためちょっと逸れたところを狙ってのポジション取り。曇り空は相変わらず。白煙メインだったため青空だったらもっと映えていたかもしれません。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事