ここから本文です
航空機、蒸機 好きなもの、撮る
(旧称 菊池写真館別館)
イメージ 1

イメージ 2
2017.11.11
この日はC1266が本務機でした。
東武鬼怒川線のSL大樹はC11207の故障でSL運行中止となり、DLに代替えとなったため、急きょ、真岡へ転戦しました。沿線は山々が色づいており、下りは市塙手前の山をバックに、上りはもてぎの道の駅で撮影しました。風は強かったものの昼前から天気が好転し、青空バックになりました。

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1
2017.11.11 この日、DLを目当てで東武鬼怒川線に出撃したわけではありません。
SL大樹が目当てでした。しかし鬼怒川鉄橋に姿を現したのはDE10がけん引する列車でした。思わずその場で、

”マジかよ!”

と叫んでしまいました。

前日の夜までは、東武鉄道の公式ページにも、フェイスブックにもSL大樹に関しての情報はありませんでした。以前に、9/30のSL故障の時は前日にネットに情報があったにも関わらず、私も確認しないまま現地に行ってビックリというのを経験したので、以降は公式ページやFBをチェックしてから出撃するようにしていますが、今回は当日の朝が発表だったみたいで、同じ現場にもカメラ構えているひとが結構いましたので被害者も多かったのではないか。。

もう勘弁してほしい。SL故障。
稼働率というか運行率、確実に下がっていますよね。
東武鉄道さん、これでいいんですか?

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1
↑1号 栗原Sカーブ
イメージ 2
↑2号 大桑−大谷向
イメージ 3
↑3号 新高徳-小佐越
イメージ 4
↑4号 大桑-大谷向

2017.11.01。東武鉄道は創設120年を記念して、SL大樹に記念のヘッドマークを掲出して運行しました。1,2号はHMの上に社旗を2本立て、3,4号は正面向かって左側を日章旗に変えて運行しました。
先月からたびたび、車両故障でSLの運行が中止となる事態がありましたが、この日は無事、3往復SLでの運行がかないました。白煙メインでしたが各所で煙も出してくれた感じです。でも、日を置いての11/3に再び車両故障で運行中止になってしまったのは非常に気がかりです。

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
鉄道の日となったこの日は朝から降雨のあいにくの天気となった。だが気温も下がり、湿度も上がったおかげで機関車は白煙をまといながらの走りを見せてくれた。これから蒸機向けの季節になります。
天矢場の坂をC1266は白煙を長くたなびかせながら登っていきます。小貝川鉄橋は長い汽笛で煙突からの煙よりもながく汽笛の煙がなびきました。
地蔵ポイントは終盤となったそばの花の畑の向こうを黒煙たきながら疾走していきました。小気味いいドラフト音はたまりません。
この風景だけ見ていると平成の時代とは思えないですよね。SLが鉄道の主力で走っているような感覚をおぼえます。

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1
↑益子-北山
イメージ 2
↑寺内-真岡
この日は午後から出撃。益子の小貝川鉄橋を遠望できる場所から。背後の山はまだ色づきが早い様子。川向うではコスモスの花畑になっているようで、駐車している車が多くみられた。風があったものの煙を出してくれたのはよかった。

追走して地蔵ポイント付近。北関東道と交差する当たりで、そばの花を絡ませて。光線が当たって綺麗でした。撮影者も多かった。煙は出してくれたものの風が強くて流れてしまいました。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事