ここから本文です
航空機、蒸機 好きなもの、撮る
(旧称 菊池写真館別館)

開くトラックバック(0)

栃木県・益子町での恒例の陶器市開催やGW期間とあってSLもおかに乗車、見物される方も多くなっています。残念ながらトラブルもあったみたいなので回避のための書き込みさせて頂きます。
イメージ 1
真岡鐡道線内は↑画像のように反対側ホームへ線路を渡るための渡り道が敷かれている駅がいくつもあります。SL列車が接近しているにも関わらず、この渡り道へ降りて写真を撮られていた数人の見物人グループがいらしたようです。SL進入側線路上におり、何度も警笛を鳴らされているにも関わらず退避せずに線路上に立ち続け、SLは手前で緊急停車したそうです。幸いにも事なきを得たようですが厳重注意は受けたようです。見物の際はホームに上がり黄色い線の内側まで下がって下さい。
イメージ 2
真岡駅では駅西側にSLの機関区の見学通路↑を設けており自由に見学できます。朝の出発前や夕方の運行後のSL整備の様子を見ることが出来ます。写真を撮られる際、鉄道員の方にカメラレンズを向ける前に、撮影をする旨を、一声お声をかけられることをお勧めします。写真を撮られることを特に嫌がる鉄道員の方がいらっしゃるので。これは駅ホームでも同じです。
よろしくどうぞ。

開くトラックバック(0)

イメージ 1
6001レ 真岡鐡道線 多田羅お立ち台にて。本日は爆煙の日?

開くトラックバック(0)

イメージ 1
茂木-天矢場 6002レ 2019.4.20
この日は芝ざくら号のHM付き。茂木付近は山桜が咲いているのでHM有りは承知で撮影。ドラフトはよい響きでしたが煙は完全燃焼でした。

開くトラックバック(0)

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
2019.4.5 成田空港 さくらの山公園 NRT RW16R
今シーズンも桜と飛行機狙いで出かけました。年々見物客が増えているような感じです。駐車場も空きスペースが少ないし、早い時間でも公園内は人がいっぱい。以前はもっとがらがらだったのに。
さくらはこの日はまだ全般に7分くらいか。満開まではいかない状態。昼までに気温があがり、花もだいぶこの日で開いた感じです。ですがこの日は午後から強風が吹き荒れる予報。なので午前中にできるだけ成果を上げたかったのですが、朝9時前から待機してお昼までに桜と絡めた便は片手程度。南風が強く、午前中は出発便の方が多いとはいえ、ちょっと無念。案の定、お昼には風速が強まり、さらに黄砂、巻き上がった砂ぼこりで、滑走路の南端が見えない状況に。さくらも強風にあおられながらの午後からの到着便を迎えます。この強風でアプローチする飛行機もあおられながら降りてきます。ゴーアラウンドする機体もありました。
それでも桜がらみを撮ることができ、花粉もひどいので早めに撤収しました。

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事