ここから本文です
航空機、蒸機 好きなもの、撮る
(旧称 菊池写真館別館)
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
東武鬼怒川線 2018.4.6
沿線の桜を求めて出撃。これまでに沿線の桜の木のある場所は事前に探してきましたが、線路沿いにあるものはほとんど無い状態で、あとは開花してから花をつけた状態で探すしかないと思い、この日は改めて下今市から鬼怒川温泉まで沿線をくまなくロケハンしました。
桜はかなり終盤でそれでも結構花びらを付けている樹木が多かったので探しやすかったですが、やはり線路際には桜はなかなか見当たりません。
真岡の北真岡や秩父の長瀞の様な並木は無く、一本桜が点在しているものばかりでした。それでも線路際に咲いているものを見つけ、あとは線路から離れた桜を望遠などで画角を切り取る手法で撮って見ました。

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1
2018.4.1久下田駅
2018.4.1より栃木ディストーションキャンペーン開始により、C1266にHMが掲出されました。桜の満開と相まって記念の一枚になりました。

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
2018.3.31撮影
2018シーズンの桜は例年よりも早く、開花から最速モードで満開状態になりましたが、SL運行日とタイミングがよく、しかも好天に恵まれたため各所で花見を楽しめました。
多田羅は満開までもう少しの感じですがこの気温だと翌週まで持たないでしょう。
久下田は相変わらず盛況。上りは狭い撮影ポイントに密集状態でしたが、満開と好天の条件がかみ合うのも稀なため、貴重な機会でした。
残念だったのが久下田の下り。この写真のあと、C1266が煙を出してくれたのはよいのですが南寄りの風が強く、立ち上がった煙がそのまま煙幕となり、発車の時は機関車や桜まですべて煙で何も見えない状態になってしまいました。
北真岡はロケはしましたが菜の花の開花が遅れていて、というより桜の開花が早すぎて追いついていない状態。黄色のじゅうたん状態には程遠いため、今回はスルーしました。

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
2018.3.26 東武鬼怒川線
昨年2017年11月以来、久々の東武鬼怒川線出撃でした。
沿線は、桜の開花にはまだ早く、梅の花があちこちで咲き誇っていました。とりあえず下今市から鬼怒川温泉まで沿線を愛車で往復して線路沿いで花が見られる場所を探し、何か所かピックアップして、あとは光線状態で撮るタイミングを決めました。前回まではあちこちに梅の樹木があることは認識していましたが、やっぱり花は咲いてみないと雰囲気がわかりません。お天気にも恵まれたので、青空もいれながら画角を取りました。これら4枚がその成果になります。東武線は架線柱も多く、柵も増設され、画角を作るにはどうしても”切り取る”作業が必要になります。現場で何度も考察しながら画角を決めました。普段、遮るものがほとんどない非電化線の真岡鐡道を撮っていると東武線の架線や柵の処理がどうしても大変です。
ロケハン時に桜の樹木も探したのですが、線路に近い場所は見つけられませんでした。あとは咲いてみないと画になるかはなんとも言えないです。また桜が見ごろの時期に出撃できればいいなと思います。

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11
2018.3.3撮影
モオカ14-1の両側面に春崎野乃花がラッピングされている。走行中の姿をまともに見ていなかったのでこの機会に全線で追跡してみた。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事