ここから本文です
航空機、蒸機 好きなもの、撮る
(旧称 菊池写真館別館)
報道で知ったことだが真岡鐡道のC11325の譲渡を検討しているとのこと。

いづれは来るだろうと思っていた。
状況は良くない材料が多かった。
 C1266よりも後から導入したC11325の方が状態が悪かった。機関車の個体差や引退後の保存状態の影響もあるかもしれないが、C11325はいわゆる戦時設計で、C1266が作られたころにくらべ戦時下で資材も乏しい環境で製造されていることから劣化が早いというのもそれに影響しているのかも知れない。
 でも一番きついのは経営環境。赤字続きの所でいわゆる金食い虫の蒸気機関車を2台も維持し続けるのはいつか限界が来ると思っていた。C11325を真岡鐡道に導入時にいろいろもめたことも思い出す。当初はC1266と同様に真岡線SL運行協議会(芳賀地区広域行政事務組合)の所有を目指したが”大人の事情”で困難となり、当時の真岡市長の決断で、真岡市の所有となった。このいびつさが様々な歪みをもたらしている。当然なぜ真岡市だけという意見も出てくるし高額な維持費用もかかるし、手放すとしたらC11325が先だろうと思っていた。
 当時の真岡市議会の議事録をみるとC11325導入是非について質問がいくつもなされている。導入のメリットとして通年運行のためと、他社への貸し出しによるレンタル料の収入も上げていた。これまでJR東日本に何度も貸し出され、各路線を走っている実績もあるか、実際のレンタル収入については金額は思っていたほど多くないようで期待したほどではないと伺っている。
 乗客数の減少も大きいだろう。SLもおかで年間3万人レベルなのに対し、昨年から運行開始した東武鉄道のSL大樹は2017年度で7万人を達成したという。以前からくすぶっていた真岡の機関車の話は、SL大樹が走り始めたことで一気に表に出て来たのではないだろうか。。。私もSL大樹が初年度で7万人達成したと聞いたときは、正直やられたなと思った。
 C11325は状態が悪い方とはいえ全般検査を受けたばかりで現在も通常に稼働しているから、引受先は複数手が上がるとは思う。どの場所でも構わないから、動態で走り続けられることを望む。

この記事に

開くトラックバック(0)

2018.8/18-19は上空の前線が通り過ぎて一気に秋の空気が流れ込み、季節の変化を感じる週末でした。
イメージ 10
2018.8.18 寺内-真岡 6001レ。地蔵ポイント付近はなかり稲穂が出て垂れ下がってきました。煙は夏煙です。

イメージ 1
益子-七井 6001レ。線路沿いに地元の方々が花壇を作っているとのことでしたので、合わせてみました。下り列車時はどうしても逆光気味になるのですが色とりどりで綺麗です。絶気区間のため煙はほとんど期待できません。
イメージ 2
茂木-天矢場 6002レ。25パーミルを駆け上がりお立ち台手前付近。このあたりも稲穂がかなり出てきています。この斜面のみ綺麗に草刈りをしてくれていました。
イメージ 3
七井-益子 6002レ。下りに続き、上りも同じ花壇のポイントで挑戦。順光側から狙いましたが花壇が線路の向こう側になってしまうので画面構成が難しい。秋の雲の空の雰囲気は出ました。

イメージ 4
2018.8.19 下館二高前-折本 下館行きの回送です。この付近の稲穂も出てきています。踏切付近にDL牽引列車の撮影狙いの方々が多くいました。
イメージ 5
2018.8.19 久下田 6001レ発車。見事な夏煙です。かえって久下田駅入線時の方が煙吐いていました。
イメージ 6
2018.8.19 益子ー七井 6001レ。前日に続き、花壇ポイントへ。別の花を主体に。前日はカメラマンが多かったのでそれをよけるために切り取る構図でしたが、この日はカメラマンや見物人がいなかったため気兼ねなく広角レンズで撮りました。
イメージ 7
市塙-笹原田 6001レ。市塙を発車してすぐの直線の登坂です。踏切付近。このポイントは久しぶりにきました。このあたりは沿線の方が花を植えたりして恰好のポイントだったのですが、今は線路際の土地に花を植えていたところも草だらけで何も植えていないみたいです。以前は結構にぎわった場所だったので寂しい限りです。
イメージ 8
茂木-天矢場 6002レ。茂木駅を発車して踏切を渡ったカーブ。パチンコ屋は商業施設(トライアル)に変わり、その近くにも建物が増えて、以前の、のどかな風景がどんどん減っていきます。畑の合間からC11を狙いました。
イメージ 9
七井-益子 6002レ。この日のラストショットが一番の気に入りになりました。花壇のポイントですが赤青黄色の三色をそろえ、この日は曇りがちだったので斜光になりにくいかと思い、前日と反対側で捉えました。サービスで煙も残してくれたのも幸運でした。実は画面の向こう側の農道でC11と並走してきた白い乗用車があり、C11の前に入り込まれたらアウトでしたが、なんとか機関車に隠れる形になってこちらもラッキーでした。この区間、並走する車やバイクが多いんですよね。
煙はほとんど期待できませんでしたが、花壇のおかげて気に入りのショットが撮れてよかったです。

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
SLもおか号 2018.8.12撮影
ひさびさに真岡線に撮影に出かけました。この日は雲が多いものの気温もあがりSL走行時の煙の期待は無しの覚悟の上。でもやはりSLに煙が無いものはしっくりきません。真夏のSL撮影は考慮が必要です。この時期、田んぼの稲は稲穂が出て垂れてきているものもあり、もう少しすると黄金色の稲穂と撮れるシーズンになります。青いままの稲穂は夏の景色ですね。多田羅や七井付近の沿線にひまわりがありますが、多田羅はもう花としては落ちてきていて、七井のところも、もう少しで見頃も終わりそうです。気温が高すぎても植物はうまくいかないです。それでも多田羅はサルスベリとひまわりと撮ろうとカメラマンで賑わっており、撮れるアングルが狭いことから入れる余地がなく、あきらめて市塙で下り発車を撮りました。発車の時は黒煙を出してくれますが、速度が出てくると無色透明になってしまいます。ドラフト音は良い響きなのですがね。。。

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1
寺内-真岡
イメージ 2
多田羅-市塙
イメージ 3
茂木駅
イメージ 4
茂木-天矢場
2018.6.24撮影
長らく大宮に検査に入っていたC11325が本格的に単独での営業運転に入りました。その代わりにC1266が検査入場してしまいますが。。。。
本日は気温も30℃近くまで上がり、煙は御覧の通り夏煙状態。ドラフト音は良い響きでした。栃木DCのHM付きですが、DCも今月までですので、週末で見納めでしょうか。
下り列車は地蔵ポイントで見た感じでは相応に乗車率は高かったように思えます。

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 3

イメージ 1

イメージ 2
2018.5.11入間基地
この日の午前中はC-1(量産機)の#020、#025でタッチアンドゴーが繰り返されていました。#020(68-1020)はもとは美保基地所属の機体です。美保のC-1運用が終了し、入間での集中運用開始で移ってきたのでしょう。
基地へ戻ってきた機体が上空で豪快にブレークする姿は見事です。


この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事