ここから本文です
シンヤのカスタムナイフ・模造武具の製作
若さで走ってる若造です。七転八起で頑張ってます!

書庫全体表示

自動瞬きの設定講座

*2018/10/03 アップデートによってこの方法は機能しなくなりました*

デスクトップ勢ならわかると思いますが、モデルが立っている時に自動的に瞬きをするようにしたくはありませんか?
棒立ちで瞬きもしないで突っ立てるから違和感があって、人間味が減っているのです!
ついでにトラッキング勢も人間味をさらに追加したくありませんか?

今回は自分のモデルが「瞬きを出来る」アニメーションオーバーライドしても解除されない」状態に設定します!

*個人的な設定なので、一部の設定環境では動作しない場合もあります。

前提条件としては以下のものがあります。
①モデルに瞬きのモーフがあること(片目ずつでも一斉にでもおK)
そりゃ当たり前よね。


イメージ 1

まずはVRCSDKなどをいつもどおりに突っ込んだモデルを用意します。
用意ができたら瞬きのアニメーションを作りましょう。


イメージ 2

画面では笑顔のモーフで代用していますが、口角が上がる設定をしてると瞬きごとに顔面痙攣をしてしまうので、専用の瞬きモーフを用意したほうが無難です。


イメージ 3

画像のようにアニメーションを作ります。3箇所のポイントの数値は「0・100・0」
ですね。瞬きの感覚は好みで変更してください。



イメージ 4

上の数値のアニメーションを画像のようにコピペします。マウスでまとめた後にctrl+Cと+Vで貼り付けられるので活用しましょう。

これができたら一旦アニメーションを閉じていいです。


イメージ 6


作ったまばたきファイルを選択したら、右上にあるタブ横側の三本線を選択します。
選択すると画像のようなタブが開くのでdebugを選択します。


イメージ 7

Legacyにチェックを入れたら、wrapmodeをデフォルトからloopに変更します。
これでまばたきファイルの設定は終わりです。



イメージ 5

今度は本体の方に選択を合わせたら、画像のようにAddからanimetionを追加します。


イメージ 8

アニメーションの枠に先程作ったファイルをドラッグして突っ込めば、アニメーションの再生で瞬きが確認できるようになります。
この時、キャラクターが変なポーズになりますが、VRchatでは戻るので気にしないでください。


この時点で自動瞬きはするようになるのですが、このままだと他の表情を出すアニメーションオーバーライドと干渉してしまうので、ほかの表情のアニメーションに工程を加えます。



イメージ 9


いつも通りのアニメーションを作ったら、追加されているアニメーションタブの「Enabled」を追加しましょう。
この時、0.00のシーンのチェックだけを外すようにしてください。


これでアニメーションオーバーライドをしても問題なくデフォルトの顔で瞬きをしてくれるはずです。

VRchatにアバターを上げた直後だと読み込みが正しくなくて表情などが動かない可能性がありますが、数十分すると治る可能性もあるのでご注意ください。

それでは、良きモデリングライフを!

この記事に

  • 顔アイコン

    災い転じて福となす!良いね(^_^)/~

    [ 清爺 ]

    2018/6/16(土) 午後 8:01

    返信する
  • 顔アイコン

    清爺さん
    最近はナイフの方は手付かずですが、何やら自分に合っている方向性をまた見つけました。
    仕事にもつながる可能性があるので、今はこれに集中したいですね。

    [ シンヤ ]

    2018/6/17(日) 午前 2:07

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事