20177月 ブリューゲル「バベルの塔」展
 
 去る6月中旬,大雨の中,東京都美術館で開催中のブリューゲル「バベルの塔」展を見に行った.妻を誘ったが,彼女はこれまで体験している絵画展のあの人混みを思い出すと嫌だと断られたので一人で行った.ちょうどシルバーデイとかで高齢者は無料,思わぬ拾い物をした.930分の開館を目指していったのでそれほど待つこともなく会場には入れた.さすがに“バベルの塔”の前はすごい人混みだったが,そこだけ絵の前にロープが張られ,立ち止まらないようにという案内人の指示のもと,ゆっくりと人の群れが流れ,間もなく目的の絵の前にたどり着けた.ただし,立ち止まれないからゆっくりとは見られない.列から外れロープの外に出,持参した双眼鏡で今度はゆっくりと見た.圧倒されるようなすごい絵である.雲を突き破り,建設途中の巨大なレンガつくりの赤褐色の塔が描かれている.離れてみると点のようにしか見えない作業中の人物も双眼鏡の視野の中ではちゃんと手足が描かれ,それぞれの作業に応じて何をしているかが解る.巻き上げ機や滑車など高層建築に必要な機材も詳しく描かれている.正確な数を忘れてしまったが,確か千人以上の人物が描かれているとか.よくまあ,数え上げたものだ.ブリューゲルは生涯に3回,バベルの塔を描いたといわれている.最初の作は失われ,現存するのは後の2枚,今回の展示品は他の作品も含めてすべて,オランダ,ロッテルダムのボイマンス・ファン・ブーニンゲン美術館所蔵のもので16世紀半ばの2番目の作品である.私は1563年制作といわれるウイーンの美術史美術館所蔵の3番目のバベルの塔も見たことがある.今から20年ほども前だっただろうか,学会でハンガリーに出張した折,ウイーンに立ち寄ったのである.ここにも何点かのブリューゲルの作品があった.私が最も好きなのは“雪中の狩人”である.夕暮れ時,3人の狩人が10数匹の犬を連れて狩りから戻り,これから我が家に帰っていく途中の崖の上にいる構図である.不猟だったらしく,獲物は猟師の1人が背中に吊るしている狐1匹,3人も犬達も頭を垂れている.崖の下の凍った池ではスケーをする人たちが,さらにその先に教会や家が点在し,遠景は雪の積もった鋭い峰の連なった山々である.無意識のうちに近寄って額縁に接するようにこの絵を見ていたらしく,センサーが働き監視員が駆けつけてきて恐縮した.
小学生のころ住んだ我が家は街の大通りから外れた里山近くにあった.冬の雪晴れの夕方,スキーをしている子供たちの傍らをかんじきを履き,鉄砲を担ぎ,細縄で編んだ袋を背負った猟師が通り過ぎることがあった.袋の中にはウサギや雉が入っていた.上記の絵が好きなのは子供のころ体験したこの光景からの連想かもしれない.コピーを額縁に入れ,画集とともに時々眺めている.
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

2017年6月 床屋の流儀

20176月 床屋の流儀
 
 毎月1回,10数年にわたってお世話になっていた床屋をついに変えてしまった.伊勢佐木町にあるその床屋はマスターと奥さんと通いの男性,女性の4人で流行っていたが,数年前から少し体の調子の悪そうだった奥さんが店に出なくなった.また,男性がいなくなり,マスターと女性2人になってしまった.マスターは非常に丁寧で腕がよく,この人に頭を刈ってもらうと髪の毛の伸びが遅いようで,次に行く間隔が1か月半くらいに伸びた.その代わり散髪時間も他の人より10分くらい長かった.マスターに当たるのは運次第.ある時,順番を待っている先客が一人いた.女性の刈手の客が終わったとき,その人は「自分はマスターに刈ってもらいたいからお先にどうぞ」と譲られたこともあった.しかし,寄る年波か,そのマスターが今年の初めころから,店から引っ込んでしまい,刈手は女性2人になってしまった.それでもその店は繁盛しており,いつも2, 3人順番待ちである.開店は朝9時,私の家からは5分くらいであるから,9時を目指して,数分前に店に行くと未だシャッターは閉まったままなのにもう2, 3人が店の開くのを待っている.これでは自分の番はあと,40- 50分後になるから,店内で待っているのもばかばかしいので家に戻り,次の番の時間を見計らっていくとまたも2, 3人順番を待っている.仕方がないから家に引き返すことを2, 3回繰り返し午後になってからようやく刈ってもらった.こんなことを数か月繰り返した今月初め,何もこの床屋に固執することはないなと思い直し,そこから数百メートル離れた別の床屋に行った.そこは回転いすが5-6台あり,まだ空いている椅子もあり,すぐ刈ってもらった.帰るときカードを渡された.1か月以内に再訪すれば100円引きとのことであり,カードには・バリカンを少し入れる,・眉毛の下は剃る,・髪は右分け等々散髪時の心覚えがいくつかチェックしてあった.なかなか合理的で気に入った.いつも床屋に行くと髪はどのくらいにしますか,バリカンは? 最後に何を付けますか等々,さすがにマスターはプロ,数十人と思われる常客の髪型,癖等をすっかり記憶しており,何も言わなくてもよかったが,他の店員の時は毎月同じことを聞かれたから,この辺で店も変え時かなと思っていた.
 高校時代までよほどのことがない限り,散髪はバリカンで母にやってもらっていた.経費節減のためである.時々,虎狩になった.大学1年の5月だったか,6月だったか,初めて生協の床屋に行った.70円だった.髭を剃ってもらっていた時,刈手の若い女性から突然「お客さん,眼を閉じていてくれませんか」と言われた.自分は意識するともなく彼女の顔をぼんやり眺めていたらしい.美人だったかどうか,顔つきなどもすっかり忘れているが,それ以来,床屋で髭を剃ってもらうときは眼を閉じている.
 学会で京都に行った時である.床屋に行くタイミングを逸し,あまりにも髪の毛が伸びすぎて鬱陶しくなったので,学会が終わってからか,途中だったか忘れたが,床屋に行った.びっくりしたのは髪を洗ってもらった時である.それまで髪を洗うときは洗面台の方に前かがみさせられていた.ところが,この時は回転椅子を急に鏡と反対側に反転させ,洗面台の方に仰向けにされ天井を見ながら,髪を洗われたことだった.京都や関西方面ではどこもこのような方式なのだろうか,確かめようと思いつつも果たせないでいる.
 十数年前,カナダのハリファックスに3か月間滞在した時,2回ほど床屋に行った.おどろいたのは,はさみで髪の毛を切るだけで髭剃りがないことだった.万一,カミソリで顔に切り傷を付けたときエイズの感染を避けるための防御措置とのことだった.なんと我が国の安全なことかとつくづく思った.
 
追記
 3月分までの文章をまとめ出版しました.ご高覧いただければ幸いです.
 書名 「カラスは白い」 文芸社 (定価 : 1,300円 + 税).

この記事に

開く コメント(0)

20175月 ニュースのゆくえ
 
いつもテレビでニュースを見ているとき気になることがある.特に重大ニュースが発生した場合などである.例えば,去る514日,北朝鮮が弾道ミサエルを発射した.発射は午前528分ごろだった.もう,間もなく6時のニュースが始まる前で,すでにこの時,各テレビ局ではどのようなニュースを報じるかについて,いくつかの内容の時間配分,それに付随する映像などが決まっていたことであろう.しかし,突然の弾道ミサエルの発射でこの用意されていたニュースはどこかに弾き飛ばされ,没になったことであろう.どのような内容だったのであろうか.いつか放送されることはあるのだろうか.ニュースは旬が売り物である.時間遅れの内容は没になるのだろうなと思いながらもなんとも気になって仕方がない.ある国語辞典によれば,ニュースとは新しい(珍しい)出来事と記載されている.報じられなければ,新しい出来事が起こっても,起こっていないことになる.考えてみれば,そのことは世の中から抹殺されたことになり恐ろしいことである.また,これとは異なるが,当事者にとって都合の悪いことがテレビ局の思惑と一致した場合もニュースとして報道されないことになる.このようなことは絶対にあってはならない.
もう一つ,気になること,大事件や世の中を騒がせた大ニュースは時間の経過とともに過去に追いやられ忘れ去られていく.それは仕方のないことかもしれないが,当事者にとっては決して忘れられないことであろう.例えば,数年前,大きく報じられたニュースで,某大建設会社のビル建築に関わる基礎工事でポールが既定の深さまで埋め込まれていなかったことが発覚した事件があった.確か,対象マンションを建て替えることになった場合もあったのではないか.私だけが見過ごしているのかもしれないが,その後どうなったのであろうか.立て直し工事は順調に進んでいるのだろうか.その間,被害者の方々はどこに居住しているのだろうか云々.
 また別の話,数か月前,横浜市のある病院で点滴チューブに穴があけられ,毒物が注入されて死亡者の出た事件があった.最近,病院内でストックするそのような備品は厳重管理しようという規則(?)の制定,or申し合わせがなされたという報道はあったが,このような犯罪を犯した犯人捜しの方はどうなっているのだろうか.報道経過から受けた印象では,このようなことができるのは医療知識に富み,内部事情を熟知したものの犯罪のように私には思われたが,犯人が特定された,検挙されたという報道はないようだ.各報道機関には事件やニュースごとにファイルがあって,それらを定期的にフォロウし,現時点でどうなっているのかをチェックする部門があるのではないか.それとも日々起こる膨大なニュース,事件に翻弄され,目前のことを追いかけるのに精いっぱいで,各事件のその後の組織的な追跡などはなされていないのだろうか.
 上記からは少し外れるが,もう一つ気になることはニュースの小出しである.例えば,殺人事件が起こった場合,警察への問い合わせで「これこれのことがわかりました」とよく報道される.例えば,死体が見つかった後,数日後,死体の発見現場付近に,犯人のものと思われる車が監視カメラに写っていました.また別の日,被害者を載せたと思われる車が発見されました.それから,また,1日おいて,その車から被害者のものと思われる血痕が車の中から見つかりました.また,さらに数日後,被害者のDNAと一致しました,・・・のように.最後のDNAの件は検査に時間がかかるから仕方がないとしても,どうして,死体の発見と監視カメラの車の映像,また,車の発見と血痕の発見が同時に報道されないのだろう.当然警察では判っていたと思われるのに,報道記者がそこまで追求しなかったのか,警察が黙っていたのか.具体例が直ちに思い浮かばないのが残念であるが,素人でも当然予想されるような内容が,警察への取材で分かりましたと数日間にわたって判明したと報道されることがよくある.なぜもっと早いうちに一気にわからなかったのだろうか.年を取り,気が短くなったのか,じれったいことである.

この記事に

開く コメント(0)


2017
4月 バンコクへの旅
 
 3月中旬,タイのバンコクへ1週間ほど旅行をした.材料に関する500人規模の個人まりとした国際会議に出席するためである.出発の10日ほど前,念のためにとタイに係るネットを開いたら,ビザは必要ないが有効期限が6か月以上あるパスポートが必要との注意書きがありあわてた.有効期限を確かめたらタイ滞在の最終日までに2,3日足りなかったのである.前にしらべたとき,期限は9月だから十分と安心しきっていたのに,まさか6か月の条件があるとは夢にも思わなかった.気づいたのは夕方3時過ぎ,大急ぎで前に余分に撮っていたパスポート用写真他必要書類を用意し,横浜市中区にあるパスポートセンターに駆け付けた.受付締め切り時間の445分に滑り込みセーフで最後の一人としてもうほとんど人のいない窓口で受け付けてもらえた.「写真は3か月以内の撮影ですね」と聞かれたの,すかさず「はい,そうです」と答えた.実は2, 3年前のものであるが,そんなに顔つきは変わっていないだろうと勝手に考え返事をしたのである.受け取りまでには数日要するが,かろうじて出発の前々日で間に合った.危ないところだった.間に合わなければ妻の分と合わせ,航空券,あらかじめ払い込んでいた学会参加費,ホテル代等すべて無駄になるところだった.私のこれまでの30回近い海外旅行には何かしら失敗が付きまとうが,いつも幸運に恵まれ何とか乗り越えてきた.まかり間違えば命取りになるかもしれなかった場面を未然に防げたこともあった.今回の他の失敗は出発が羽田空港,帰りは成田空港だったが,どちらも羽田と勘違いし,YCATで割引となる往復のバス切符を購入したことだった.帰りに払い戻しを要求したら手数料を引かれ戻ってきた.
 その昔は国内旅行も命がけだった.いつ追剥や山賊に出会うかもしれなかったし,衛生状態は悪く,病気になっても近くに医者がいるとは限らなかった.いま,国内旅行は全く安心しきってどこにでも行くことができる.しかし,残念ながら海外旅行ではそうとはいかない.失敗したとき,トラブルに巻き込まれたとき,これを解決するには,大げさに言えばこれまの人生で体得してきたあらゆる知恵を総動員しなければならない.運も左右しようが,持っている引き出しの数が多いに越したことはない.
若者の内向き志向が言われて久しい.国内にいれば安全,あえて危険な目に合うかもしれない海外にまで行きたくないのである.商社に就職した社員が面接試験ではどこにでも行きますと言ったのに,いざ海外赴任を打診されると尻込みする場面が多いと何かで読んだことがある.外務省の職員でも同様の傾向とか,まさにブラックユーモアである.これではわが国の将来が危ない.
さて,バンコクである.気温は連日35℃前後とあらかじめ承知していたが,横浜では未だ冬の服装である.でも逆でなくて良かった.その場合は衣類等で大きな荷物になる.学会会場はAVANI Riverside Bangkok Hotelという1年ほど前にオープンした高級ホテルで我々もここに泊まった.未だ,知名度が高くないようでタクシーに乗るとき運転手に確かめると「分かる」と自信ありげに返事をしたのに3, 4所のホテルを巡ったのちようやくたどり着いた.名前のごとくチャオプラヤ河という幅4-500 mの大きな河のほとりに立つホテルの20階の部屋をあてがわれた.ここからは雄大な風景が眺められた.

イメージ 1

タイは仏教の国である.ホテルの従業員は男女を問わず,客とすれ違う時,この人形のように手を合わせ,にこやかに軽く会釈をする.私たちはこれに会釈をするだけだったが,数日滞在しているうちに手に荷物を持っていないときは,こちらも手を合わせるようになった.ホテルの対岸が繁華街や観光地が多かったから,どこのホテルも1時間に1, 2回,無料で自家用の舟を出し,客を乗せて往復していた.片道,1520分かかった.
イメージ 2

イメージ 3

ある日,有名な王宮を訪れた.ここは王室関係の施設なので,肌や体の線などが露出するような服装,サンダル等では入場できない.入り口に服装をチェックする係員がいた.タイ人や海外の観光客の入場者が途切れることなく,行列が数100 mも続いていた.中にはいくつかの美しい建物があった.壁面も色とりどりのセラミックスや貝殻などで覆われていた.そのいくつかの写真を示そう.
イメージ 4
                      
イメージ 5

きりがないからこの辺でやめるが,食べ物,果物がおいしく,親日的で人々穏やかで居心地の良い国だった.





                          


                       

 

























     

この記事に

開く コメント(0)

2017年3月 へそくり

 
20173月 へそくり
 
 現役時代,たまたま本屋で立ち読みした“定年後の過ごし方”といったハウウツーものの本の中の一節に「男子たるもの,定年後自由に使える小遣いとして500万円は貯蓄しておくべきである」というような文章が目に留まり,妙に心に残っていた.確かに,毎月妻から渡される小遣いだけでは足りなくなり,追加を要求するのも何となく気が重い.とやかく言われず自由に使えるへそくりがあればと思った.亡くなった叔父は教員をしていたが,毎月の給与明細とは別に,これに記載されない還付金か何かがあったらしい.これ幸いとへそくりにしていたが,あるとき叔母に見つかってこっぴどく叱られたと聞いたことがあった.上記の文章に刺激されたわけでもないが,妻が管理している給与振り込み用とは別に,外部委員会出席費,原稿料,講演料などを自分名義で別の預金通帳を作り,少しずつ貯金していた.問題は通帳の隠し場所である.机の前の本棚の本の間に挟んで置き,長い間妻には隠し通していたつもりだったが,たまに妻の許可なしで小遣い額以上の買い物をすることから妻は薄々その存在に気付いていたようである.先月のことである.ある日の朝,いつもの銀行に行き,この通帳から引き出したあと郵便局へ行ったり,みどりの窓口で出張用の切符を買ったり,その他いくつかの買い物をした後,帰宅した.その後買い物や領収証等の整理をした.咲き始めたシンビジウム,芽を出し始めたユリやチューリップの鉢に水やりをしたり,図書館から借りてきた本を読んだりして午後を過ごした.ふと思い出し,預金通帳をしまわなければとオーバーのポケットに手を入れると入れたはずの通帳がない.あわてて,ジャケットのポケットに無意識に入れたかとかとこちらを探ってもない.今朝,ATMの窓口で引き出した現金を財布に入れたのち,預金通帳は脇に置いたまま忘れてきたらしい.さすがに妻には「貯金通帳を忘れてきた」と告げ,大急ぎで銀行に行った.今朝使った無人窓口のATMのところに通帳が残っているはずもない.もう閉店後でシャッターが降りていたため,裏口に廻り,従業員入り口に付いている呼び出しボタンを押した.しばらくすると女性の行員が現れたので手帳に控えていた口座番号を告げ通帳を忘れたらしい旨をつげた.すこしおまちくださいと言われ,しばらく待つと「ご安心ください.預金は引き出されていません.通帳は破棄しましたので,新しい通帳を送付しますまでしばらくお待ちください」と言われ,一安心した.紛失届用紙に記入後帰宅すると妻が「何あわてているの.これでしょう」と無くしたと思った通帳を出すではないか.午前,帰宅した後無意識のうちにいつもの場所にしまっていたのである.すっかり,妻にはお見通しだった.すぐ銀行にこの手帳を持って行き,恥を忍んで家にあったことを報告したら「もう使えないよう手配したので再使用できる手配をするので数日お待ちください」と言われた.通帳を作ったのは前の勤務先に近い六角橋支店,今使っているのは伊勢佐木町支店で郵送による使用許可通知に時間がかかるのである.ひとまずよかった.帰宅してから,「今度はどこに隠そうかな」と何気なしにひとりごとを言ったら,隣の部屋から妻が「何ならアドバイスをしましょうか」と言った.ちょうど来ていた娘がこの会話を聞きつけ,家に帰って子供たちに話をすると「ばあちゃん,冴えているね」と言って,孫たちは大笑いしたとか後で聞いた.
 妻は私の退職金の預金通帳や年金の入ってくる私名義の預金通帳もすべて自分のへそくりと思っている節がある.
 

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事