20193月 大学入試の頃
 
受験シーズンもほぼ終わった.
    サクラサク六十年も前のこと    祐
 この句の意味が分かるのはかなり年配の方であろう.「サクラサク」は大学入学試験の合格を受験生に知らせる電報文である.不幸にして不合格の場合は「サクラチル」であった.生協だったか任意の学生団体かは不確かであるが,彼らの重要な収入を得る機会であった.まだ,インターネットもスマホもないころである.合否を早く知りたい受験生は受験の時,あらかじめ住所,氏名,受験番号を知らせ,料金を支払っておく.金額は忘れてしまったが現在の感覚で1000円くらいでなかったかと思う.掲示板に合格者の受験番号が張り出されると担当者はその番号を記録し,合否に応じて,受験生に上記の電文を送るのである.地元なら大学に直接,合否確認のため赴けばよいが,大学と遠く離れた受験生には合否電報は便利で広く利用されていたようである.だが,私はこの電報を申し込まなかった.もし,合格すれば,翌日の朝刊に氏名が載るだろし,いずれ大学から知らせが来るだろうからと考えたのである.もともとけちな性分なのであろう.電報料金がもったいなかった.でも,もう結果がわかっているのに翌朝までわからないのがじれったかった.申し込んでおけばよかったと後悔したがあとの祭り,母に「なんで申し込んでこなかった」と叱られた.翌朝早々,近所に住む友人のFが「合格したぞ」と私が新聞を見るより先に知らせに来てくれた.彼は家庭の都合で上京後,新聞社に働きながら大学夜間部に通うことになっていた.その彼の親切がありがたくうれしかった.例年,今頃になるとこの場面を思い出す.個人情報保護といった概念の薄かった当時は,おおらかなもので読者へのサービスからなのであろう,受験シーズンになると新聞の地方版にその地域に住む国立大学合格者氏名を掲載していたのである.
 今の受験生はよほど経済的に困窮していないかぎり,複数大学,あるいは複数学部を受験するのが常態のようである.友人たちに確かめたことはないが,私たちの頃はそうでなかったのではないか.少なくとも私の場合は1校のみであった.私はもともと考古学をやりたかった.高校2年のころ,このことを父に話したら,技術者の父からは「文学部を出ても就職口はないぞ,理系にしろ」と言われていた.あとに弟,妹達が3人もおり,経済的にもゆとりのなかった我が家では「私学はダメ,受験は国立1校のみ,落ちたら浪人もダメ,丁稚奉公だぞ」とも厳しく言われていた.落ちた場合は就職しろということである.父は工学部に行かせたかったらしいが,私は数学,物理が苦手で国語の方が成績が良かった.運が良ければ受かるかもしれないとターゲットにした大学は工学部の方が理学部に比べ,受験時の数学の配点が高かった.そこで,配点の少ない理学部に焦点を絞り,必死に数学の勉強をした.幸い合格したからよかったもののもし不合格だったら浪人できたのだろうか.父に尋ねたことはないが,しぶしぶ許してくれたのではないか,現に弟たちはいずれも浪人しているのである.遠い昔の話である.
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

20192 東京片貝会・母校を励ます会
 
 関東地方には多くの県人会や郷里出身者の親睦団体がある.私の出身地新潟県小千谷(おじや)市片貝町 (2004年の中越地震の震源地に近く,四尺玉で有名な花火気違いの町である) にも東京片貝会(会員約350)があり,今年,創立60周年を迎える.その昔は農村で兄弟が多かったから,長男以外はほとんど地元を離れた.江戸に出た男性には風呂屋や米屋に奉公したものが多かった.つい60年ほど前まで,女性は女工として関西方面まで紡績工場等に,また集団就職で関東方面に来る人たちも多かった.郷里を想う心は人一倍強くても新幹線で日帰りが可能な現在とは違って簡単には帰省できなかった.江戸時代にも多分,関東地区に存在するそんな人たちが懇親会に集まっては故郷を懐かしんだことであろう.東京片貝会が戦前にもあったことが記録に残っているが戦争で途絶えてしまった.戦後,新たに発足した会が現在まで続いているのである.
今から37年ほど前,当時の会長・佐藤量八氏の“今,我々が元気でそれぞれの分野で働けるのは小学校,中学校でお世話になったおかげである.その感謝の気持ちを形で表そうではないか”との 提唱で“母校を励ます会”が発足した.当時,40台前半だった私は佐藤氏の命令で“母校を励ます会”会長にさせられてしまった.勤務先ではプロジェクトチームを抱え,時間的にも気持ちの上でも余裕がなかったが,清水の舞台から飛び降りる気持ちで(少し大げさだが)お引き受けした.会の運営資金は会員の寄付金で賄い,毎年,母校の片貝小学校,片貝中学校に図書費として10万円づつ贈るとともに,中学校で講演会を開くことを決めた.小学校にはこの図書費で賄う文庫が作られた.相馬御風作詞になる校歌“洋々として流れゆく大河信濃の水清く・・・”からいただき,私が「洋々文庫」と名付けさせていただいた.毎年,6月開催の総会には,小,中学校の校長が上京され,贈呈式が行われている.近隣の小,中学校から転籍してこられる教員は前任校に比べ,図書の多いことに驚かれるという.毎年「世界児童文学全集を購入しました,とか動物,植物図鑑を購入しました」などと担当教員からの手紙や生徒たちからの感謝の作文が送られてくる.生徒たちの読書感想文コンクール等で多くの入賞歴がある.こんなことが37年も続いており,地元の“新潟日報”にも取り上げられたことがある.もう,親子2代でそれらの図書を読むような年月が経過した.
講演会の方は毎年,10月から11月にかけ,講師が中学校に赴く.小学5年以上の生徒たちが講演を聴講することになっており,中学校では教育活動の重要な行事の一つとして組み込まれている.父兄の希望者も参加する.高名な人を呼ぶほどの資金もないから,講師は母校のOBの誰かが勤める.はじめのころはどこかの分野で成功され,功成り名を遂げられた方が選ばれたが,そんな方はたいてい70歳以上であるから,生徒たちとの年齢に差がありすぎ,講師が熱弁を奮っても言葉使いや自慢話など話の内容についていけず居眠りする生徒が続出した.幹事会で相談の結果,ある時から,その年,50歳の同期生の中から活躍中の誰かを選ぶことにした.それが功を奏したようで,自分たちの父親や母親よりわずかに年上の講師の話に生徒たちは熱心に耳を傾け,講演後の質問も活発になった.昨年は第37回講演会が実施された.会報によれば,自分達の先輩が世の中で活躍中と知った生徒達は非常に感動したようである.長く続いて欲しいと願っている.
 
 
 
 
 
 
                            
 

この記事に

開く コメント(0)

20191月 調査しました
 
 新年早々,老人の小言で申し訳ないが,まあ聞いてください.ここ,数年気になっていたが,昨年秋の学会に出席,その想いを一層強くした.発表者が頻繁に「・・・・・について調査しました」と発言するのである.私なら状況に応じて「・・・・について研究しました」とか「・・・・・について検討しました」,「究明しました」あるいは「解明しました」いうところである.未知の現象の原因を究明するのに,あるいは画期的な効果が期待される新物質の合成法を検討するのに,“調査する”という言葉を使うだろうか.大学院クラスの若い発表者のみならず,中堅の教授クラスの発表者も,“究明する”とか“検討する”,あるいは“解明する”と言わずにすべて“調査する”という表現で済ませているのである.これが,私には気になって仕方がなかった.試みに和英辞典,国語辞典でそれぞれの言葉の表現,意味を調べてみた(調査した!)
調査するinvestigate , 研究するstudy, research, 検討するexamine, investigate, study, 究明するstudy, investigate, inquire, 解明するelucidate
このように,日本語表現に対応する英単語もinvestigate が共通する部分もあるが英単語もそれぞれ異なっている.次に国語辞典(新明解国語辞典,三省堂)で日本語表現の意味を調べてみた.
 調査する:ある事情を明らかにすること.研究する:問題になる事柄についてよく調べて事実を明らかにしたり,理論を打ち立てたりすること,検討する:問題となる事柄について,いろんな面からよく調べ,それがいいかどうかを考えること.究明する:本質・原因などつきつめて明らかにすること.解明する:不明な点を調べたり,研究したりしてはっきりさせること.
このように日本語では(英語もそうであるが) “調査する”が他の単語の意味と共通する部分も多いが,微妙に意味が異なっているのである.これを“調査する”だけですべて済ませてしまうのは,間違いとは言わないが乱暴である.まさか理論を打ち立てたり,仮説の信憑性を検討することを,“調査する”とは言わないであろう.“研究する”である.
 もう一つ気になった表現は上記ほど頻繁ではないが,“成功した”である.
研究者や技術者が自分のやってきた結果について“成功した”と言えるのは一生に1回あるかないかであろう.あれば非常に幸運であったといえよう.それが,学会の講演でかなり耳にするのである.現役時代の頃,卒業研究発表会で,有機化合物の置換基を一つ,二つ付け加えただけで,あるいは無機化合物の合成で別の元素を一部新たに導入したくらいで「世界で初めての新規化合物の合成に成功しました」と表現する学生がかなりいた.確かに事実であり,彼らの高揚した気持ちは尊重したいがいくら何でも大げさすぎる. せめて「新規化合物を合成することができました」とか,「これまで知られていない事実を見出しました」くらいにしておきなさいと私の研究室の学生には指導した.彼らは少々不満そうな顔つきをしたが.
 研究助成金の申請書などにも自分のこれまでの成果を強調するあまり“成功した”という表現が頻発するものが見られる.審査員によって異なるとは思うがへそ曲がりの私はこれを見ると眉に唾を付け,内容を厳しく吟味したくなる.損な表現であると思う.
 このように年々,使用する単語の数,語彙が少なくなって表現が単調化し,言葉の意味が軽くなっていくのは何故であろうか.それはひとえに読書量が減り,新聞を読まなくなるとともにメールやラインが汎用される昨今のどうしようもない風潮のためである.手紙やはがきも書かなくなった.そのうち,自分の考えや微妙な感情を適切な言葉で表現できなくなる時がやってくるのか.自分ではできなくて代わりにAI (人工知能) がやってくれるのだろうか. 
昨年末の新聞記事1) である.俳句イベントで愛媛の俳人チームと約7万句を学習させた北大チームが俳句を5句ずつ読み合った結果,AIチームは俳人チームに敗れたが,AIの句 「かなしみの片手ひらいて渡り鳥」が最高点を得たという.唯一の慰めというか開き直りは,この句はどのような情景を読んでいるのか,どのような思いが込められているのか作者に聞くすべがないことである.読み手が勝手に想像するのである.そのうち,AIから多くの人々が共感するような句も生まれてくるのであろうか.
     ひしひしとAI迫る年の暮れ  ()


1)朝日新聞2018125日付け夕刊




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

                     2018年12月 植物の発信する情報について
 
 オジギソウや食虫植物ハエジゴクがわずかな振動や軽い接触によって葉を閉じることはよく知られている.娘が小学生のころ夏休みの自由研究でこれを取り上げ,何やら実験をやったことがあったが詳細は忘れてしまった.その運動は屈曲器官にある運動細胞の活動電位で触発されるその細胞の急速な膨圧減少で起こるという.このような現象は電気化学に関係があると考えていた私は,今から30年ほど前,神奈川大学で電気化学研究室を主宰していたことから卒業研究の一環として取り上げた.オジギソウのように刺激に対して目に見える著しい変化を示さない植物でも,急激な環境変化に対して何らかの応答,つまり情報を発信するに違いないと考え研究を始めたのである.結果の一部は論文としたが1),それに基づき以下に述べよう.

1)植物の葉の重力に対する電圧応答
 多少荒っぽい方法であるが,生育中の植物に電極を挿入し,重力や熱刺激に対する電圧応答を測定した.生育中のイチョウ(樹齢3年,樹高約25㎝) やゴムの木(樹高 約60 cm)を用意し,樹皮を剥ぎ,木質部と樹皮間に金めっきした細線電極を挿入後テープで固定する.図1はその様子を示したもので,イチョウの葉に滑車を介して
イメージ 1

     図1 イチョウの葉に対する重力の影響の実験         図2 イチョウの葉に対する重力の影響

錘を上下し,加圧と減圧を繰り返し,両電極間の電圧変化を測定した.図2に見られるように,錘を乗せたり,浮かせたりした瞬間に電圧が変化し,明瞭に重力に応答していることが判った.かなりばらついてはいるものの加圧が大きくなるほど電圧変化幅も増加した.次に同一重量を数時間ごとに与え,電圧変化の経時変化を追跡したところ,図3が得られた.実験は蛍光灯照射下で,かつ自然光の加わる室内で行われたので,日没から夜明けまでは蛍光灯照明のみである.気温は20±0.5℃でほとんど一定である.明らかに電圧変化に時間依存性が認められ,夜中では変化量が少なく,午前から正午にかけ変化量が最大となった.

イメージ 2
        図3 加圧下の電圧変化の経時変化           図4 ゴムの葉の折り曲げ荷重の影響の実験

 次にゴムの葉の曲げ荷重刺激に対する応答を葉を折り曲げることによって検討した.図4に示すようにゴムの葉の片面をテープで固定し,他面に糸を張り付け,一定距離糸を引っ張ることにより折り曲げ荷重をかけた.

イメージ 3

     図5 ゴムの葉の折り曲げによる電圧変化       図6 自然光と蛍光灯照射下の電圧の経時変化                  

図5に示すように,葉を折り曲げると電圧が変化し,糸を緩めると葉自身の弾力で元の位置に戻り,電圧も初めの値に戻った.その値は折り曲げ角が大きいほど大きかった.葉の折り曲げ角を一定にして,電圧の経時変化を追跡した(図6).採光条件は図3と同様に蛍光灯照射下で自然光も加わっている.電圧変化はイチョウの葉の場合とかなり類似しており,11時前後で最も大きく,24時〜1時ころに最も小さかった.このような応答パターンはハウスミカンの日射に対する応答パターンと良く対応している.すなわち,日射量は正午前後で最大を示すが,これに対応してハウスミカンの気孔コンダクタンス,蒸散速度,および光合成速度は11時〜13時で最大値を示したという2).
 また,測定直前まで太陽光下に置いたのち暗所での経時変化を測定したところ,やはり11時前後に最大値を示したが,2日目になると同一時刻での電圧変化が前日より非常に小さくなり,数日後には電圧変化が最も大きいと予想される時刻にも応答しなくなった.短い期間なら暗所でも体内時計が機能していると思われる.この応答しなくなったゴムの木を2〜3日間,日光に当てると再び応答するようになった.植物の葉への刺激に対する電圧応答には日光が関わる植物の物質代謝と密接に関係していることを示唆しており,興味深い.

2)熱の刺激に対するイチョウの葉の電圧応答
 イチョウの葉の裏側に加熱した鉄棒を近づけ,数秒間経過後遠ざけた.また,同様に氷を5 mmまで近づけ,数10秒後遠ざけた.これらの操作で,葉の温度は前者では最大約80 ℃上昇,後者では約6 ℃低下した.熱刺激直前の電圧を0 Vとして得られた電圧 - 時間曲線を図7に示す.

イメージ 4
   図7 熱刺激に対するイチョウの葉の電圧変化       図8 電解液によるイチョウの葉の電圧変化
   A: 加熱鉄棒,⊿t≒80℃,
   B: 氷による熱刺激, ⊿t≒6℃

熱刺激により,その直後から電圧が変化し始め,ある程度まで変化すると徐々に元の値に戻った.加熱の場合の方が温度変化の幅が大きく,電圧変化も大きかった.

3)イチョウの葉の化学物質の刺激に対する電圧応答
 この実験を行っていた当時は大気汚染が深刻で酸性雨なども問題になっていた.そこで硫酸や塩化カリの溶液をイチョウの葉に接触させ,電圧変化を見た.室温近傍の蒸留水をイチョウの葉に接触させても電圧変化は見られないが,硫酸や塩化カリ溶液を葉に1滴,付着させると数分後に電圧変化が起こり,またもとに戻った(図8).この際,温度刺激とならないよう,液温を植物環境と同じ温度にしてから接触させた.重力や熱のような物理的刺激の場合と異なり,刺激後,電圧変化が現れるまでに時間遅れが見られた.これは木の葉は一般に撥水性であるため,イオンが植物組織内に浸透するのに時間がかかるためと考えられる.その他,大気汚染に植物が応答しているか否かを見るため,密閉したプラスチック製の箱にイチョウやゴムの木を入れ,亜硫酸ガス,炭酸ガス,亜酸化窒素ガスなども浴びせて電圧変化を見た.これらのガスに触れると確かに電圧は変化し,濃度の増加とともに電圧変化は増大したが,濃度変化によるその変化幅は小さかった.あわよくば大気汚染ガスの監視モニターになるかと期待した目論見は失敗した.
 以上,実験結果は興味深かったが,定性的内容に終始し,残念ながら植物生理学的知識に疎い私は,さらなる根本的メカニズムの解明にまで行きつけなかった.今では微小pH電極をはじめとする各種の微小イオン電極の開発もあり,もう少し踏み込んだ内容まで行きつけるかと思うが後の祭りである.一番の敗因は以下のようである.
 高校,大学時代,まだ,植物学ではリンネの分類学が幅を利かせており,名称を覚えるだけの暗記科目でつまらないと馬鹿にし,生物学の講義を受講,選択しなかったのである.若気の至りであった.ワトソンやクリックらのDNAの螺旋構造の発見は高校時代のことだったが,教科書に載るのはもっと後のことで大学時代にも分子生物学の講義はなかった.あとで自習すればよいようなものであるが,まず,キーワードがわからず,放棄してしまった.物事への興味はまず名前を覚えることから始まると何かで読んだが,もう記憶力の衰えている私には後の祭りである.若い人たちにお願いしたい.何事にも,頭から興味がないと蓋をするのは大いなる進歩を妨げる元である.

参考文献
1)佐藤,早坂,大石,小早川,電気化学,56 (12), 1063 (1988).
2)橋本,遺伝,40, 91 (1986).

この記事に

開く コメント(0)

201811月 錆(さび)の話
 
 最近,ジョナサン・ウオルドマン著「錆と人間」((築地書館) を読んだ.そこには自由の女神像の腐食防食対策の歴史,缶詰の科学,パイプラインと錆・錆探知ロボット,錆びない鉄・ステンレスの発明等々,人間と錆との壮大な戦いの物語が述べられており,非常に面白かった.私自身, 40-50年前の会社時代にいくつかの腐食評価,防食対策技術の開発に携わった経験があるからかもしれない.興味のある方はぜひ一読されることをお勧めする.中でも圧倒されたのは缶詰の科学・錆と環境ホルモンの章だった.缶詰缶の内壁は適切な防食処理をされないと内容物により缶の金属材料が腐食しガスが発生する.内圧が高まり密封缶が耐え切れなくなると破裂事故が起こるのである.
会社時代,ある清涼飲料水メーカーから缶材料として使用されるアルミニウム,鉄,その他各種金属材料の各種ジュース,コーラ,サイダー等に対する耐食性評価の依頼があった.これら各液体中に種々の金属を浸漬させ,一定時間ごとに各金属試料の重量をはかり,減量度合いからその腐食速度を求めるのである.最も腐食性の激しかったのはコーラ類であった.例えば,10円硬貨をコーラ中に浸し,数分後に引き上げると硬貨の表面はピカピカに輝き,今作られたばかりの未使用の硬貨のようになった.コーラが表面の錆等を溶かし去るのである.その腐食性の激しさに驚いたものである.
このような缶内壁の腐食を防ぐために缶メーカーは長年にわたり非常な努力を重ねてきた.同書によれば,現在は主にエポキシ樹脂による内面塗装によって缶内側の腐食は抑制されている.エポキシ樹脂は安価でスプレー可能で硬化性があり,強靭,かつ柔軟で耐薬品性に優れている.ただし,エポキシコーテイングにはこれを硬化させるために架橋剤が必要で,最も頑強なエポキシコーテインに適しているのはビスフェノールA(BPA)で,いわゆる環境ホルモンである.食品安全性に関する法律により,その溶出量等は厳格に規制されているとのことであるが,長い貯蔵期間,内容物の種類により異なろうが,BPAはフィルムから溶出する.これが微量とはいえ体内に入るのである.その影響力については同書に詳しく述べられているが,ここでは省略する.個人差もあり,どこまでが安全かの線引きはむずかしいようである.なるべく缶ビールや缶詰類は新鮮なものを購入し,短い期間に使い切るのが肝要のようである.
金属の腐食による人命の損失とともに,経済的損失は莫大な金額で,わが国では年間数兆円に及ぶ.過日も台風で灯台が崩壊した.基盤を支える鉄が腐食したためである.腐食による経済的損失,すなわち腐食コストは,腐食事故によって生ずる損失額と腐食事故を防止するために要する腐食対策費の合計と定義され,両者はトレードオフの関係にある.すなわち,防食対策費を減らせば損失額が増え,対策費を増やせば損失額は減少する.損失額は直接損失(腐食損傷した部材等の交換修理に要する費用)と間接損失(腐食がもとで生産ラインが停止する損失)から成る.少し古いデータであるが,1997年の防食対策費は約3.9兆円でGDP0.77 %(GDP: 500兆円)である1). 高度成長期に建設された各種のインフラ,例えば高速道路,橋梁,下水道システム,高層ビル等が数十年を経過し,これらを支える鉄筋材料の腐食がかなり進んでいることであろう.大事故が発生しないうちに適切に修理,更新,改築等がなされることを強く期待したい.
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事