Buzz Jazz -ジャケットの魅力

ジャケットからでもいい!若い世代の方たちにもジャズのかっこよさを知って欲しいです!

JAZZジャケットの魅力

すべて表示

共鳴

わたしたちは“無”から生きることはできない。
 
先人たちの遺した知恵と財産の恩恵を受け生きている。
 
しかし、自分ひとりで生きることはできない。
 
感謝したい人と一緒にいて初めて、自分の在り方に気付く。
 
そこに、共鳴が産まれるのだ。

 
イメージ 1
 
■アルバム/アーティスト■
ユー・ガッタ・ペイ・ザ・バンド/アビー・リンカーン・ウィズ・スタン・ゲッツ
 
■楽曲リスト■
01. バード・アローン
02. アイム・イン・ラヴ
03. ユー・ガッタ・ペイ・ザ・バンド
04. ブラザー、キャン・ユー・スペア・ア・ダイム?
05. ユー・メイド・ミー・ファニー
06. アンド・ハウ・アイ・ホープト・フォー・ユア・ラヴ
07. ホエン・アイム・コールド・ホーム
08. サマー・ウィッシュズ・ウィンター・ドリームス
09. アップ・ジャンプト・スプリング
10. ア・タイム・フォー・ラヴ
 
■パーソネル■
アビー・リンカーン(vo)、スタン・ゲッツ(ts)、ハンク・ジョーンズ(p)、チャーリー・ヘイデン(b)、マーク・ジョンソン(ds)、マキシン・ローチ(viola)
 
■録音■
1991年2月25日、26日
 
■レーヴェル■
GITANES
 
■効能■
20年前の今日、2月25日。
偉大なるヴォーカリストと、偉大なるサックス・プレイヤーが共演した。
 
イメージ 2
 
ヴォーカリストの名はアビー・リンカーン。

黒人女性として誇りを持ち、人種差別に真っ向から戦ったメッセージ・ソングの歌い手。
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
そしてサックスで歌うはスタン・ゲッツ。
 
白人テナー・サックス・プレイヤーとして、ジャズの発展に貢献し、多くの歴史を刻んだ。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その2人の共演作が、失敗に終わろうはずがない。
これは歴史的名盤である。
 
アビーの自作曲01「バード・アローン」の美しさよ。
心を込めて人間愛を歌うアビー。

スタンはアビーに呼応し、静かに、また激しく感情を吐露する。
お互いの存在を認め合ってこそ生まれる演奏。

共鳴が見える。
共鳴し合う喜びに溢れている。
 
しかしスタンは、この録音の4ヶ月後に他界した。
このアルバムが多大な反響を呼び、賞賛されたことを知らずに。。。
 
わたしたちは、偉大な先人たちが遺した「心」を享受できる悦びを「心」して噛み締めたい。
アーティストの「心」と共鳴できることに、心より感謝して。
 
■所有■
CD

その他の最新記事

すべて表示

聖なる夜のメロディは… ケータイ投稿記事

2011/12/25(日) 午後 7:39

そう。今宵は特別な夜。 愛するひとと一緒に_或いは、愛するひとを想いながら一夜を過ごす…すべてのひとに権利のある今宵は聖なる夜… あなたの音楽は、もうお決まりですか? やっぱりわたしは、ジャズを選びます。 今宵は、愛するひとを想いながら… 貴女が大好きな、ビル・エヴァンスの「Waltz for Debby」を選曲します。 まぶたを ...すべて表示すべて表示

男の色気 ケータイ投稿記事

2011/11/27(日) 午後 2:19

ドン・ネルソン「ザ・ウィンド」 知る人ぞ知る白人ヴォーカリストである。 ジミー・ロウルズのピアノ、リロイ・ヴィネガーのベース、スタン・リーヴィのドラムが相まって、良質なウエスト・コースト・サウンドを醸し出す。 この時期だからか、ドンのバラード唱法にまんまと乗せられ、声に男の色気さえ感じてしまう。 マイナーではあるが、MODE RECO ...すべて表示すべて表示

明日も陽は昇る ケータイ投稿記事

2011/10/8(土) 午後 10:59

1日の短さよ。 秋の夜の長さよ。 子どもの頃から変わらない夕日。 わたしも何も変わらない。 変わったのは、歳を重ね身体が思うように動かなくなったこと。 ミルトのヴァイブラフォンを聴きながら、明日の生きるプランを練る。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事