日記&社会&ニュース&株式&経済。

社会&経済と東京都下・府中市周辺と多摩川の画像のブログ。

全体表示

[ リスト ]

文在寅という「災厄」…元駐韓大使が明かす
その絶望的な無能ぶり
韓国が生き残る道は一つしかない  近藤 大介, 武藤 正敏
史上最悪とも言える緊張状態に陥った日韓関係。いったい韓国は
どうなってしまったのか。果たして関係改善の糸口は残されているのか。
元駐韓日本大使で日韓外交に40年携わってきた武藤正敏氏と
30年に及ぶ朝鮮半島関連取材を続けるジャーナリスト近藤大介氏が
文在寅政権について、4時間にわたって語り尽くしたーー。
近藤: まずは武藤大使に対する懺悔(ざんげ)から始めさせてください。
2年前、正確に言うと2017年5月に、文在寅政権が発足し
そのタイミングで武藤大使が、前作『韓国人に生まれなくてよかった』を
上梓されました。その本は文在寅新大統領への批判に満ちていて
韓国のほぼすべての主要メディアが、センセーショナルに取り上げました。
発足当初の文在寅政権の支持率は84%もあり、韓国からすれば
「日本の元駐韓大使が何を言うか!」と猛反発したわけです。
武藤: そうですね、私もあの時は韓国に随分叩かれました。
近藤: 私は当時、武藤大使の前作を拝読し、7〜8割は納得したけれども、2〜3割は反発がありました。あの頃の韓国は、朴槿恵前大統領に
反対する累計1600万人もが参加した「ろうそくデモ」や、その後の
朴大統領の弾劾などで、大混乱に陥っていた。そんな中で
文在寅という絶妙のバランス感覚を兼ね備えた政治家が
新大統領に就いた、と思ったものです。

Jhon−Jのコメント
文在寅の無能ぶりを理解する内容です。





.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事