日記&社会&ニュース&株式&経済。

社会&経済と東京都下・府中市周辺と多摩川の画像のブログ。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1537ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

文在寅の「無謀な論理」で
韓国はもう国際社会で「孤立化」している
8/26(月) 7:01配信   現代ビジネス
文在寅が踏み外す「国際ルール」
 韓国はなぜ、いつまでも日本謝まれと要求し、損害償え要求
するのだろう。
 国際法原則反し国際常識反している。そのあまりに
異常」な実態は、欧米など国際社会でも、だんだん認識されるように
なりつつある。
でも、韓国側はたぶん、常識外れな要求を繰り返していると、思って
いないに違いない。
むしろ、断固「正しい主張をしていると信じているはずだ。
どうしてそうなるのか。
韓国がこれまでも、そして文在寅政権になってから輪をかけて
国際社会ルール逸脱し、感情的国民世論のままに
ふるまってきたからだ。
韓国が、これまでの考え方と行動改めること。
問題解決は、それにつきる。

 このことを、日本国民は、から理解する必要がある。
ふらついてはならない。

そこで、戦争賠償関係について、じっくり考えてみよう。

 戦争は、破壊活動である。人びとは巻き添えになって
人命奪わたり、身体損傷したり、財産奪われたり壊されたりする。人類は歴史このかた、こうした経験をしてきた。
そして、慣習法ができあがった。
この慣習は、世界共通だ。
 すなわち、「戦争によって生じた損害は、補償されない」である。

国際法の原則
あんまりだ、と思うかもしれない。
でも第一に、被害が大きすぎて、補償し切れない。
第二に、補償のことを考えていたら、戦争に集中できない。
第三に、戦争するのは政府だから、裁判に訴えようにも
政府が取り合わない。
 その昔から、戦争被害泣き寝入り するしかなかったのである。
以上は、民間人が被害を受ける場合の話である。
平時なら、誰か誰か損害を与えれば、賠償の義務生じる
戦時には、その限りでない戦争は、通常の民事法の原則が
適用されない、除外事例である。

第二次世界大戦の「日本の場合

 それでは、日本敗れた第二次世界大戦の補償
どう解決されたのか。

 1951年9月調印された
サンフランシスコ講和条約にはこうある。
《この条約に別段の定がある場合を除き、連合国は、連合国の
すべての賠償請求権…(中略)…を放棄する。》(14条(V)b)

 同時に台湾と結ばれた日華平和条約には、こうある。
中華民国は、《日本国民に対する寛厚と善意の表徴として
サン・フランシスコ条約第十四条(a)1に基き日本国が提供すべき
役務の利益を自発的放棄する。》(同議定書1(b))
これは、蒋介石が「以徳報怨」で寛大に臨んだため、といわれている。

 1972年の日中共同声明の五には、こうある。
中華人民共和国政府は、中日両国国民の友好のために
日本国に対する戦争賠償請求放棄することを宣言する。》
これは、日華平和条約にならったものという。
実際には、賠償にあたる経済協力が行なわれた。

 1956年の日ソ共同宣言には、こうある。
ソヴィエト社会主義共和国連邦は,日本国に対し
一切賠償請求権放棄する。》

 また、日本とソ連は、1945年8月9日以来の《戦争の結果として
生じたそれぞれの国,その団体及び国民のそれぞれ他方の国
その団体及び国民に対するすべての請求権を,相互に,放棄する。》
国家賠償と個人請求権の、両方を放棄している。

 要するに、戦勝国は足並みを揃えて、日本に対する賠償
請求権放棄している。

  それにしても、これらの条約が、過去の慣例に比べて寛大で
敗戦国への恩恵であったことは間違いない。

 そのほか、東南アジアの国々は、戦争当時、交戦国の植民地だった。
そのあと順次、独立した。日本はそれらの国々に対し、個別に
賠償にあたる経済協力を行なったことも、忘れてはならない。

 それでは、日韓基本条約には、どうあるのか。

 韓国は、交戦国でもないし、戦勝国でもない
なので、平和条約ではなく、基本条約が結ばれた。
それでもこの条約には、日本敗戦と、大日本帝国解体
受けた、戦後処理の側面がある。

 賠償補償について定めているのは、同条約付属
韓国との請求権経済協力協定である。

 それによれば、《両締約国は、両締約国及びその国民(法人を含む。)
の財産、権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の
請求権に関する問題が、…(中略)…完全かつ最終的解決された
こととなることを確認する。》(第二条1)とある。

 要するに、韓国日本のあいだに、この条約以降賠償
個人請求権は、一切存在しなくなった
はっきりそう書いてあり、それ以外に解釈のしようがない

日本は韓国に手紙を出したが…
 なお、同協定には、念のため、将来、日本と韓国でこの条約の
理解が異なった場合の、仲裁委員会の定めがある。
解決できない紛争が生じた場合、一方の政府から他方の政府に
仲裁を要求する公文書が届いてから・・・・・
日本は今回、徴用工の件そのほかで、仲裁への移行要求する
手紙を、韓国に出した。韓国は、応じなかった

なんでもかんでも「無効」だという文在寅政権
 いわゆる慰安婦問題は、こうしたケースだ。
世界的に女性の人権が重視されるようになって、この問題に
注目が集まった。韓国は、政府間交渉、ついで仲裁を求めた。
日本は、日韓基本条約解決ずみ、という原則で臨んだ。
結局、日韓基本条約枠組みで、解決をはかる以外になかった。

本人はそれが、正義のつもりなのかもしれない。
けれども、国際法原則は、合意された条約は、覆してはならない
ということだ。この原則が、国際社会正義でもある。
個々人が勝手に思い描く正義で、国際社会を動かそうとしては
いけないのである。

 条約よりも、自分たちの正義優先する。幼稚考え方だが
危険考え方でもある。
国際社会を守るためにも、こういう考え方と戦わなければならない。

Jhon−Jのコメント
文在寅は日本に対して俺は正義を背負ってるから謝罪を要求する。
前政権と取り決めたのは俺は知らんし関係ない。
俺の唱える正義が総てだ。
だから日本に謝罪を要求するのは当然だ。
どうして今回だけは謝罪しないのだ。
戦後の政権に対して全部が弱腰だったのに。
こうなれば行き付く所まで戦うまでだ。

これが文在寅の考えだろう。
                    今日はここまで。

文在寅という「災厄」…元駐韓大使が明かす
その絶望的な無能ぶり
韓国が生き残る道は一つしかない  近藤 大介, 武藤 正敏
史上最悪とも言える緊張状態に陥った日韓関係。いったい韓国は
どうなってしまったのか。果たして関係改善の糸口は残されているのか。
元駐韓日本大使で日韓外交に40年携わってきた武藤正敏氏と
30年に及ぶ朝鮮半島関連取材を続けるジャーナリスト近藤大介氏が
文在寅政権について、4時間にわたって語り尽くしたーー。
近藤: まずは武藤大使に対する懺悔(ざんげ)から始めさせてください。
2年前、正確に言うと2017年5月に、文在寅政権が発足し
そのタイミングで武藤大使が、前作『韓国人に生まれなくてよかった』を
上梓されました。その本は文在寅新大統領への批判に満ちていて
韓国のほぼすべての主要メディアが、センセーショナルに取り上げました。
発足当初の文在寅政権の支持率は84%もあり、韓国からすれば
「日本の元駐韓大使が何を言うか!」と猛反発したわけです。
武藤: そうですね、私もあの時は韓国に随分叩かれました。
近藤: 私は当時、武藤大使の前作を拝読し、7〜8割は納得したけれども、2〜3割は反発がありました。あの頃の韓国は、朴槿恵前大統領に
反対する累計1600万人もが参加した「ろうそくデモ」や、その後の
朴大統領の弾劾などで、大混乱に陥っていた。そんな中で
文在寅という絶妙のバランス感覚を兼ね備えた政治家が
新大統領に就いた、と思ったものです。

Jhon−Jのコメント
文在寅の無能ぶりを理解する内容です。




韓国大統領、教科書から「黒歴史」消して
さらなる親日潰し
8/24(土) 6:01配信      (週刊FLASH 2019年9月3日号)
「今年、小学校の社会の教科書から『漢江の奇跡』という文言が
消えました。1960年代から1980年代の、韓国の経済成長を表わす
フレーズですが、この時代を否定すれば、韓国の経済発展への・・・・
こう危惧するのは、神戸大学の木村幹教授だ。「漢江の奇跡」は
長年、韓国人の誇りだった。
朴正煕政権で成立した「日韓請求権協定」によって日本から得た
5億ドルの経済支援で、韓国経済は奇跡的な高度成長を成し遂げ
今日の繁栄の礎になった。
だが、文在寅大統領(66)や周囲の人間は、この時代を評価したくない。
日本の支援もあって経済成長した朴正煕政権を
最新の歴史教科書では「維新独裁」と否定的に決めつけ
日本統治時代をモデルにしたともいわれる農村振興運動
「セマウル運動」も、記述が削除された。
 また、文政権の教科書改訂は、初代大統領の李承晩にも及ぶ。
1948年8月15日の「大韓民国樹立」を「大韓民国政府樹立」に
変更したのは、この日に政府ができただけ、と初代大統領・李承晩の
業績を矮小化するためだという。
また、文政権の教科書改訂は、初代大統領の李承晩にも及ぶ。
1948年8月15日の「大韓民国樹立」を「大韓民国政府樹立」に
変更したのは、この日に政府ができただけ、と初代大統領・李承晩の
業績を矮小化するためだという。
 さらに、「朝鮮半島における唯一の合法政府」という記述も削除。
これは文大統領が、1919年に上海に設立された「大韓民国臨時政府」を
評価するからだ。
 一方、日本については、「小学校の教科書には適切でない」として
記されてこなかった「日本軍の慰安婦」という名称が記され
“反日色” が濃くなった。
その反面、北朝鮮には融和的だ。朝鮮戦争は、「北朝鮮の南侵から
始まった」とする記述は、2018年から削除された。

以下では、文政権誕生以来の、韓国の教科書記述の変化をまとめた。
日韓の溝はさらに深まるばかりである。

【文在寅政権成立後の教科書の記述の変化】※小学6年、中学校の
教科書をもとに本誌が作成
●建国の父・李承晩初代大統領を否定
・「大韓民国樹立」→「大韓民国政府樹立」
・「(1948年に韓国が国連で)朝鮮半島における唯一の合法政府として
承認」→削除

●高度経済成長を成し遂げた朴正煕政権を否定
・「維新体制」→「維新独裁」
・「農村を発達させるセマウル運動を展開した」→削除
・「漢江の奇跡」→削除
 小学6年前期・2009年改訂版の社会科の教科書では「漢江の奇跡」に
ついて、「韓国の輝かしい経済発展をドイツのライン川の奇跡にたとえて
作られた言葉」と解説。
 加えて、「この期間に経済が急速に成長した韓国は、世界の多くの
国から漢江の奇跡を成し遂げた国といわれた」と誇っていたが
2019年、教科書からこの部分は削除された

●従軍慰安婦問題でより厳しく!
・「若い女性たちが、日本軍から多くの苦痛を受けた」
→「韓国の女性だけでなく、日本軍が占領した地域の女性たちまでもが、強制的に日本軍の慰安婦として連れていかれ、酷い苦痛を受けた」

●北朝鮮への配慮
・「(朝鮮戦争で)北朝鮮が南侵」→削除(2020年から復活)
・「依然として朝鮮半島の安全と平和を脅かしている」→削除

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190824-00010001-flash-peo

Jhon−Jのコメント
内容を精査すると韓国の努力を打消して北朝鮮を持ち上げる方向に
して反日を強く打ち出してる。
朝鮮戦争の出発点の北朝鮮軍の韓国侵攻を削除した。
今の所、裏が取れないが文在寅政権の中枢でスキャンダルが起きて
しまいこれを打ち消す方策として反日の火の手を上げて国内外の目を
逸らす意味合いが大きいらしいとも。
さてどうなるか。
                       今日はここまで。

韓国の日本叩きは一方的、米国メディアも呆れる

8/21(水) 6:15配信    
日韓両国の対立は米国メディアからも注目され、両国の動きを詳細に
伝える報道が増えてきた。

 そうした報道の多くは、韓国側では国民の間で感情的日本叩き
激しいのに対して、日本側では見当たらないという構図
伝えられている。日韓両国が政府レベルで衝突をエスカレート
させているが、相手国国旗への侮辱や大使館への抗議
製品ボイコットなど国民レベルの激しい反発韓国側
限られることが米国でも理解されてきたようである。

■ 「どっちもどっち」と見ていた米国メディア
 米国大手メディアの
ウォール・ストリート・ジャーナル
ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポスト、AP通信
ブルームバーグ通信などは、8月に入って一段と日韓対立
関する報道を増やしてきた。

 これまで米国メディアの記事は、現在の日韓対立について
どっちもどっち」と見なす中立的スタンスが多かった。
なかにはニューヨーク・タイムズのように、反トランプ、反安倍の
年来の傾向から、今回の対立の根底には「日本朝鮮半島
植民地的占領と、その期間に日本が犯した強制労働や性的奴隷を
含む虐待行為への負債をまだ払っていないこと」があるとし
日本の虐待支配の未決済が根本的な原因であると断じる
報道もあった。
だが、全体的には日韓政府の主張を両論並記する向きが多かった。
国民レベルでの対立についても、これまた日韓両方の現状を均等に
伝えようという姿勢が主だった。そのため「日韓両国民とも
ナショナリズム的な感情をあおられている」というように
「両国民とも」という記述がよく見受けられた。
 ところが8月中旬になると、日韓対立に関する米国メディア
報道流れ変わってきた。韓国における日本攻撃動き
紹介する内容が圧倒的に多くなったのである。
ソウルの日本大使館への抗議デモや、ソウル市内での
大衆集会での「反日」「反安倍政権」の叫び、日本に抗議する
焼身自殺などが大々的に報道されるようになった。
■ 「日本側の韓国叩き」が報じられない理由
 ニューヨーク・タイムズも8月15日付の報道で、もっぱら韓国に
おける日本糾弾の動向に焦点を絞り、「多数の韓国民による
日本大使館への抗議行進」「日本製の衣服、ビール、化粧品
自動車などのボイコット」といった日本叩きの実態を詳細に伝えていた。

 前述したように、米国メディアの多くは、これまで日韓両国を
均等に扱うスタンスをとってきた。そのスタンスに従えば
韓国側の動きに続いて、日本側の国民一般レベルでの
反韓の動きを報道するのが自然の流れである。

 ところが日本側の「国民一般レベルでの韓国叩き」の報道が
まったくない。
韓国、日本の双方に相手国への感情的な反感があるかのように
伝えてきた米国メディアが、日本側の国民レベルの反韓現象を
報じないのである。

■ 皮肉っぽく報じられた日本製品ボイコット
 その種の報道で代表的なのは、米国で最大部数を誇る新聞、ウォール・ストリート・ジャーナル紙(8月19日付)の「韓国のボイコットでは日本の
ハローキティ
までが排除される」という見出しの長文の記事だった。

 副見出しは「二国間の貿易紛争はオモチャ、チョコレート、ペットフードまでも犠牲にする」である。その脇には、日本のキャラクター商品「ハローキティ」のイラストが載っていた。
■ 皮肉っぽく報じられた日本製品ボイコット
 その種の報道で代表的なのは、米国で最大部数を誇る新聞
ウォール・ストリート・ジャーナル紙(8月19日付)の
「韓国のボイコットでは日本のハローキティまでが排除される」と
いう見出しの長文の記事だった。

 副見出しは「二国間の貿易紛争はオモチャ、チョコレート
ペットフードまでも犠牲にする」である。
その脇には、日本のキャラクター商品「ハローキティ」のイラストが
っていた。
 実際にこれまでの日韓対立では、韓国側はすぐに抗議デモ
大使館前の路上の違法な占拠、日本製品ボイコットなど
物理的な力の行使に出るケースが多かった。
日本の国旗を破ったり、焼いたり、極端な場合は日本の外交公館の
前で抗議自殺を図るという過激な行動さえあった。
だが日本では、同種の実力行使はほとんどみられない。
米国ではそうしたメディアの報道によって、期せずして日韓両国の
大きな相違が印象づけられているようである。
Jhon−Jのコメント
韓国人の思考回路の特徴は理性はそっちのけ。
感情に流されて考える。
北朝鮮は韓国人を攻撃しないだろうの意味は同胞人だから。
北朝鮮は韓国の首都に重砲やロケット砲の照準を合わせてる。
ソウルは国境との距離は約40Km。
朝鮮戦争後に首都を韓国の南部に移動させないのか??
同胞の韓国を攻撃しないだろうだけでの思考に陥ってる。
                              今日はここまで。

韓国・文大統領、演説で「事実誤認」連発! 一方的に“反日暴挙”続けておいて「喜んで手を結ぶ」とは…

8/16(金) 16:56配信     夕刊フジ
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、日本の朝鮮半島統治
からの解放記念日「光復節」の式典で演説を行った。
韓国経済の危機的現状認識したのか、対日批判をやや抑制した。
メディアも「トーンが変わった」「対話戦略を模索か」などと報じているが数々の事実誤認も連発させた。
日韓関係の今後のためにも、文氏の演説を添削してみた。

 まず、文氏は「日本が隣国に不幸をもたらした過去を顧みる中で…
と語ったが、事実はどうなのか?
国際政治学者の藤井厳喜氏は、夕刊フジの短期連載
世界を感動させた日本」で、朝鮮統治時代(1910〜45年)について
朝鮮人口1300万人から2500万人にほぼ倍増した。
平均寿命25歳(10年)から45歳(44年)に伸びた。
工業生産指数100(13年)から550(38年)に大躍進
公立小学校約100校から約5000校に増えた。
鉄道ゼロから、総延長6000キロになった》と指摘している。
日本がこの間、朝鮮注ぎ込んだ累計約21億円は、現在の貨幣価値で
63兆円にのぼるという。
それでも、「隣国に不幸をもたらした」と声高に主張するのか
文氏はまた、日本の輸出管理強化を念頭に「後を追って成長する国の
はしごを蹴飛ばしてはならない」「日本が対話と協力の道へ向かうなら
喜んで手を結ぶ」と演説したが、これもおかしい。
 日本の輸出管理強化は、大量破壊兵器転用可能戦略物資など
韓国の輸出管理に疑わしい事案が続出したためである。
この3年ほど、韓国側都合で、輸出管理意見交換をする政策対話開催できなかった
対話と協力」を一方的拒否していたのは韓国あり
「(日本が)はしご蹴飛ばす」など、聞き捨てならない。
そもそも、韓国国会議長による「天皇陛下現上皇さま)への謝罪要求」や、韓国海軍駆逐艦による自衛隊機へのレーダー照射事件、いわゆる
元徴用工」の異常判決など、一方的に「反日暴挙を続けておいて
どうして、「喜んで手を結ぶ」というのか。
 文氏は「東京五輪で友好と協力の希望を持てることを望む」とも
語ったが、これも日本をナメている。
 韓国与党内などから、「東京の放射能レベルが高い」として
東京五輪ボイコット」論が出ていることを、多くの日本人は知っている。
韓国大統領府HPでは、東京五輪ボイコット請願まで行われていた。
 文氏の演説を受けて、親韓メディアなどからは「日韓の協議を活性化
すべきだ」「隣国は仲良く」といった意見が聞こえてきた。
 ただ、日韓関係悪化させた背景には、韓国ウソゴリ押し
日本容認してきたこともある。
次世代のためにも、きっちりケジメをつけるべきではないか。

Jhon−Jのコメント
開いた口が・・・・・・・・
ビシッと示しを付けた方が後々に良いのでは。




全1537ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事