おもうこと かんじること

ワークライフバランス、リーダーシップと組織変革がテーマ。

全体表示

[ リスト ]

日本経済新聞 平成22年3月31日 ユニ・チャーム会長 高原慶一郎氏の「私の履歴書」より

「一人ひとりの能力を少しずつでも引き上げていく。そして進むべき方向性が一致していれば、お互いの行動が響き合い、共鳴して徐々に大きな波へと変わる。」
「立派な理念でも魂が入らなければ意味はない。人間とは弱いモノで、日々の仕事に忙殺されると、変わりたくない、やりたくない、責任をとりたくないという易きに流されがちだ。これを根絶するには「今日の最高はあしたの最低」と毎日のように念じることだ。」
「自らが変化することによって自分自身が成長し、その結果が成果へと結びつく。日々変化する生活者に食らいつく。それは尽くし続けることにほかならない。それができてこそ、世界ナンバーワンへの道が開かれることになる。」

方向性の提示、周囲の人間の巻き込み、変化をいとわないで前に進む…、まさに、修羅場をくぐりぬけた経営者の、組織変革のためのリーダーシップの持論だと思う。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事