おもうこと かんじること

ワークライフバランス、リーダーシップと組織変革がテーマ。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

4月に入ってすぐ、娘は水ぼうそうにかかり、1週間まるまる保育園を休むことになった。
5月に入って、ちょうど先週半ばから、珍しく風邪をひき、今のところ3日間連続で保育園を休んでいる。

3月までの職場であれば、比較的時間の融通をつけやすかったこともあり、有休とったり早出遅出をしたりする余裕が比較的あった。
翻って4月異動後の現在では、そうした余裕がない。

上司は大変良い方で個々の職員の家庭の事情にも理解はあるのだが、一方で、1)そもそも部署の仕事があふれんばかりで上司自体がめまぐるしい毎日、2)フランス人のように休み日本人のように働くがモットー(おそらく、長期休暇はちゃんと取るけど、平時は時間を気にせず働き続ける、という意味)。
結果、部署全体として、「定時」という概念がなくなってしまっているし、残業しない働き方ができていない状態。

無論、仕事でしっかり成果を残すことは当たり前で、必要な残業はすべきだとも思うが、それにしても、こういう状況の中で、仕事と生活の調和をとるための時間のやりくりが非常に難しい。

結局、水ぼうそうのときには、妻と実家の母に頼りっぱなし、5月の風邪の際には実家の母も風邪を引いてしまったので、妻に頼り、また、病後児保育園デビューとなった。

自分の仕事の状況のせいで、妻にしわを寄せてしまっていることが、本当に心苦しい。
それに、もっと父親として娘の看病をしたい。
忙しい部署に異動して、ジレンマに悩む。高熱でつらそうになっている最愛の娘がいるのに、自分は、仕事の都合を上手く付けることすらできていない。そんな自分が情けないし、仕事ってそこまでのものかとすら感じることもある。

結局自らにできることは、ただただ効率よく効果的に働き、結果を残し、仕事以外の時間を作って、妻や娘と過ごす時間をしっかりと確保するのみ。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事