空のもとで

記事に関係無いコメント、トラックバックは削除します。

全体表示

[ リスト ]

高校球界にまたも衝撃が走った。レッドソックス松坂の母校で、春夏合わせて甲子園5度優勝の横浜高(神奈川)が、同校の特待制度が日本学生野球憲章に抵触する疑いがあるとして、日本高野連へ届け出締め切りの2日に申告することが分かった。同校は神奈川県春季大会準決勝(4日)の辞退も検討している。西武の裏金問題から端を発したスポーツ特待制度の憲章違反は、1日までに全国73校が申告し、うち14校が春季大会出場辞退という異常事態に陥った。日本高野連は2日午後、常任理事会後に記者会見を行い、違反校を発表するが、高校球界は大混乱の様相を呈してきた。
 全国屈指の強豪、横浜高が厳密な部内調査の末、学生野球憲章13条に違反している可能性があるとして日本高野連への申告を決めた。同校は「スポーツ推薦制度」として野球部を含む運動部員を対象に、運動能力、学業成績が一定水準に達していれば授業料を一部免除していた部員が数人いた。野球部独自の過度な推薦制度はなく、憲章に違反しているかどうか判断は難しいものだった。関係者は「甲子園優勝経験もある学校なので、疑わしきは罰せよの精神で申告する方針を固めたようだ」と話した。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事