yss*2*6のブログ

登山とプログラム開発メモをプログに載せます。コメント歓迎です。

全体表示

[ リスト ]

阿弥陀岳に登ってきました

4/1(日)に阿弥陀岳に登ってきました。
今季初の12本づめアイゼンを使用しました。
タイムテーブルは以下のとおりです。
美濃戸口(5:10)⇒美濃戸(5:40)⇒行者小屋(8:20-8:50)⇒文三郎尾根阿弥陀分岐(10:00)
⇒阿弥陀岳(11:30)⇒御小屋山(14:00)⇒美濃戸口(15:20)

12本アイゼンはひしくつけていませんでした。南沢経由で行者小屋に向かう途中で
アイゼンをつけましたが、つけ方を忘れていて、やっと思い出しました。ちょっと焦りました。
たまにはつかわないとだめですね。

このコースは長いので、ヘロヘロになりました。(こればっか)
イメージ 1

家を夜中に出発し、朝5:00ごろ出発です。


















イメージ 2

5:40に美濃戸です。通常美濃戸口からだと
1時間かかりますが、途中で親切な方に
車に乗せていただきました。ありがとうございました。
















イメージ 3

行者小屋に8:20ごろ。
すばらしいながめとカラフルなテント。
登り終えた人に危険な箇所はないかと
きいたところ、阿弥陀岳に至るナイフリッジ部分
がややくずれやすいとのこと。気を付けるように
しよう。













イメージ 4

10:00に分岐結構ヘロヘロ。


















イメージ 5


中岳手前の登りああしんどい。

















イメージ 6

阿弥陀岳手前のナイフリッジ。
ここがやや危険といっていたところか。
慎重に通過しました。
奥が阿弥陀。手前が激急でしんどいのよね。















イメージ 7

やっと頂上につきました。
頂上から赤岳のながめです。
雪がくさっており、
山頂直下の激急は前爪を刺しつつ登りました。
これ以上くさると私だと登れないかも。
そこを下っている人がいましたが、
バックステップで前爪を十分刺しながら、
慎重に下りていました。




イメージ 8


頂上から権現岳です。
頂上で小休止し、水分と食料をとりました。










イメージ 9


尾根づたいから御小屋尾根の直下の下りは
結構急です。
下まできて、これで滑落することはないと
思い一安心です。















イメージ 10

14:00。御小屋山です。
ここまで長い。
まだ1時間以上歩かねば。
















イメージ 11


15:20戻ってきました。
長い長い山修行が終わりました。
ヘロヘロ。






















.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事