BCM・ISO無料セミナー主催の高橋BCP行政書士の苦悩

BCP・BCM・レジリエンス・ISOコンサルタント・行政書士のポータルブログ(Blog)サイトです

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

『 twitter(ツイッター)時事の “ つぶやき ” 私見 ! 』◆◇◆BCP・BCM・レジリエンス・ポータルサイト◆◇◆ 『 BCP・BCM 』はISOと共に企業経営のツールである


■業界・業種別のBCP⇒ 中小零細業種別BCP普及サロン/中小企業のBCP/製造業のBCP/
                 情報産業のBCP/IT企業のBCP/食品事業のBCP/サービス業のBCP/
                 病院・医療機関のBCP/介護福祉施設のBCP/社会福祉法人(施設)のBCP/
                 学校法人のBCP/鉄道バス事業のBCP/交通機関のBCP/産廃業のBCP/
                 飲食業のBCP/旅館・ホテル業のBCP/倉庫業のBCP/運送業のBCP/
                 港湾業のBCP/物流業のBCP/商社・卸売・小売業のBCP/不動産のBCP/
                 建設業のBCP/商店街のBCP/金融業のBCP/港のBCP/派遣業のBCP/
                 銀行のBCP/自治体のBCP/市役所のBCP/漁業のBCP/農業のBCP/

  
                   ※   ※   ※


       『 twitter(ツイッター)時事の “ つぶやき ” 私見 ! 』
        

◆ 尖閣・北方・経営等々の諸問題は、スピード感を以って適切に判断
 対応しないと、対局する先例・時間稼ぎ・ズルズル感の戦術等々は

 グローバル社会では通用しない事を官全体及び国民は知るべきだ、
 “調査中にて”は通らない。

 24時間中世界を巡るサーバーの様に人類の諸行活動は地球の自転を
 追い越した、だから寝る時も明日の朝の状況がどうなっているか、

 ある程度予見・想定して眠りに付く習慣をつけたい、例えば明日の
 自分の活動の姿をイメージするなど。


◆ 尖閣映像はニュースで承知、iphone時代にユーチューブの実像
 は周知に近い。

 世代を越えネットに毎日触れる国民以外の大多数の国民はマスコミ
 情報から“尖閣”等に対する良し悪し⇒意見・意思の判断基準として
 いる。

 殆どのマスコミ組織の意向は広義の情報操作を行なっているのでネット
 情報を入手する国民も含めて真相・真実を知りえず。
 故伝聞や感情を排除し複数情報源を持ち冷静に判断せよ。


◆ TPP・APEC・FTA等々で“ガラパゴス諸島日本”は揺れて
 いるが、例えば既存の貿易立国という決め付け・固定概念で拘り過ぎて
 いないか。

 変わるべきは我々日本国・国民であり、円高をビジネスチャンスに出来
 ない頭の堅さに無いか?菅政権も『新成長戦略』に欠けているものは
 無いか、検証せよ!

 人為的な「事象・事件」=“尖閣”を機として情報セキュリティ
 ISO27001や個人情報保護のPマーク等、業界関係者は大声では言わ
 ないがビジネスチャンスと思っている事は想像に難くない。

 円高についても総資本が吹けば飛ぶ様な業態であれば知恵を働かせて、
 逆転の発想で汗をかいては如何か?

 そこで参考になるのが政権与党民主党の『新成長戦略』だが、一度
 ご覧になってみてはどうか?
 ⇒http://www.kantei.go.jp/jp/sinseichousenryaku/sinseichou01.pdf

 批判はそれからでも遅くない、グローバル思考に慣れるべきは我々国民
 である、徐々にでも変わるべきだ!


◆「ガラパゴス諸島日本」に“風穴”を開けた横浜でのAPEC開催だが、
 与野党を問わず外交下手の日本人、菅内閣の姿が実は私達の姿だ・・・

 今、私どもが出来る事は、G20・FTA・TPP等、グローバル経営
 視点から、又経営に携わらずとも菅政権の外交姿勢・取組みを注視し、
 目を離さないことだ。

 目の前のマスメディアによる「世間おさわがせ報道」=“尖閣映像”
 報道操作に乗っかって、好奇心を持ってドラマを見る様に結末を追って
 はいけない。

 経産副大臣(=元自民)の農政6兆円(箱物バラマキ)告白の様に
 前政権の覆轍を踏まず、しかし自給率を含む農政との両輪でTPPへの
 積極的な参加表明を!


◆ 権力の最高峰は孤高で天候も瞬時に変化、倒閣・覇権・利権の突風は
 日常茶飯事、APECは終ってもめげるな菅内閣!

 多少悪かろうが、荒廃した長期政権打倒で昨年夏一票を投じた者として、
 渇!

 民主党良しとしている訳でないが、今は野党・官僚・一部マスメディア・
 我侭な国民に傾聴しつつも日本丸の舵取りを続航せよ!

                      (2010年11月14日現在)


◆ 菅内閣と与野党政治家の建前は捨ておき、悟るべきは日本国家の刑事
 協力要請といえども難色を示した私企業Google(米国企業=米国?)
 の態度で、差押で応じた。

 中小企業が、クラウドが関係する事業損失が将来生じてそれを外資のIT
 企業に求める時が発生した場合、その力はあるであろうか、それこそ雲を
 つかむ思いであろうし多大の時間と費用と労力を要するであろう。

 今後海外サーバーへのガラガラポンのクラウドなら此処で考え直せ!

 即ち海外サーバーへのガラガラポンのクラウド導入に反対理由とは 
 ⇒ http://blogs.yahoo.co.jp/yt_higurasi/32805387.html 

 企業がクラウドに関わる場合10%プライベート:90%パブリック、
 但し経営者は今回のGoogle対応例を見極めよ!

 言い換えれば、一私企業が国家間の紛争に巻き込まれる恐れがパブ
 リック・クラウド(海外サーバ)に懸念される故、生産拠点のそれは
 海外でもパテント研究・顧客情報は国内ITベンダに置け!
                    (プライベートクラウド)


◆ 経営者はボンボン世襲を除き非凡な生きざまの方が多いが、統治
 する企業組織・構造に対して絶えずスクラップ&ビルド・現状打破の
 イノベーションが欠かせない。

 自身の安住・保身は大敵だが“ 周囲の変化に最も敏感に適応した種が
 生き残る ”ダーウィン「 種の起源 」の教えが唯一のナビになる。

 日本の経営者がグローバル化に馴染む為にはWSJ(ウォール・スト
 リート・ジャーナル)日本版編集長の寄稿があるので必読!
 ⇒ http://jp.wsj.com/sp/introduction/01/index.html 
 経営判断には日本経済新聞とWSJネットで十分、ご一考してみては。


◆ 私の専門BCP関連の“ ひらめき ”だが、あるBIA討議に出た
 『バリューチェーン分析』の事だが、具体的にはスマイル曲線をBIA
 の考え方に応用できないかと思った。

 例えば曲線の企業価値が一番高いとされる最初の研究開発・パテントの
 部分と顧客へのアフターフォロー部分を押さえ、中間のプロセスで企業
 価値の低い生産部分はOEMや海外拠点で良いではないか。

 今までBCPでは呪文の様に「代替拠点・二重化」と言って来たが
 この考え方は国家統治の日本国の場合にも当てはまる、発想の転換と
 実現可能か今後吟味しようと思う。


◆ 現時点の瞬間的な“ ing(現在進行形) ”のWebを介して可能
 にしたのがtwitterではないかと思う、多くの人々は“つぶやき”に
 使っているが、それはかまわない。

 生きている自分を叫びたい方々はtwitterに参加される事をお奨めする。
 ちなみに私は仕事がら「takahashibcp」が呼称なので
 よろしくどうぞ!

  ★ 下記を↓クリック頂きたい。
  URL:https://twitter.com/takahashibcp

                                        ひぐらし戒元

                            
                  ※    ※    ※


★ポチしてね⇒https://local.blogmura.com/shizuoka/index2.html…ぶろぐ村に移り住んでも競い合い?
★ポチしてね⇒https://blog.with2.net/in.php?647372…楽天市場がランキングの主戦場?
★文責/高橋義久⇒http://www.tlm-sr.com/t-kaiji-iso/  
★中小零細業種別BCP普及サロン⇒ http://mixi.jp/view_community.pl?id=5194715
★孫正義さんをフォローする高橋BCPのツイッター⇒https://twitter.com/takahashibcp

※このブログに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。(私は静岡県行政書士会・★著作権相談員)
* * * * * * * * Copyright 2006‐2010 高橋海事ISO労務事務所 All rights reserved * * * * * * *

この記事に


.


みんなの更新記事