ここから本文です
T・F・Marketingの公式Webサイト。T・F・マーケティングは食品コンサルティング会社です。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

【B・鶏と卵】


どちらが先か?という議論の時に、「鶏が先か卵が先か」という言葉を聞いた事があろうかと。簡単に言うと鶏が卵を産み、卵から鶏が生まれるという因果関係において、どちらが最初に始まったのかという疑問の事を指し、答えは様々という事です。

 
私がコンサルをしているとこの「鶏と卵」の関係が、「企業と社員」に当てはまり、更に進めると「良い企業と良い社員」となり、その事について考えさせれらる事が多くありましたが、今回私自身結論がでました。ただ、また変わる事があるかもしれません。なぜなら、「鶏と卵」の答えは様々だからです。

 
「良い企業と良い社員」について、私は、【良い社員が多く集まれば良い企業になるということ】=【良い社員が良い企業を創るということ】という結論、「良い企業には良い社員が集まるということ」ではなく。

 
この事についてはずっと考えておりました。だって、良い環境である良い企業には良い社員が集まるのも事実ですから。ただ、良い社員ではなく、悪い社員が多くいる企業ってどうでしょうか?私が知る限り良い企業ではない。もっと詳しく言うと、悪い社員の比率が高い企業という事になります。なぜならば、一定数のどの企業にも悪い社員はいるわけですらか。
※ここでは悪い社員の定義付けはしません。

 
という事で、社員育成やレベルアップは大切、そして企業が良くなれば、社員に還元される。そういう企業が成長していきます。今回この結論に至った事例を活用し、今後のコンサルを行っていきます。

 
この結論に至った事例に関しては別の機会にコメントする事にします。


 
このような事は経験でしか学ぶ事はできず、この経験を確実に活かしていきます。

 
【良い社員が多く集まれば良い企業になるということ】=【良い社員が良い企業を創るということ】




■T・F・MarketingのTwitter
■T・F・MarketingのInstagram
■食品コンサルタント-T・F・Marketing代表のweblog(公式webサイト)
■食品コンサルタント-T・F・マーケティング代表のブログ

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事