全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

リフィートは、現在、意欲的に支店展開を行っている、脚やせ専門サロンです。しかし「これからリフィートに行って、きれいになろう」と決めている人達に、こんなことを書くのは気が退けるのですが、経営上の問題で、突然、閉鎖されてしまって、利用者が迷惑を被る、というケースが、エステティックサロンにはつきものです。経営上の問題がある支店を閉鎖したり、より経営効率が良いと思われる場所へ移転をしたり、ということが、単に行われているようです。この場合に困るのは、もちろん利用者の側です。このような場合には、まずは契約書を確認することが、重要です。「サロンの都合で中止する場合」という契約内容が、契約書に書かれていないというケースも、多々あるようです。弁護士さんへ相談したり、消費者センターへ連絡したりして、施術代金が少しでも返還されるように計らう、という方法もあります。しかし問題なのは、施術途中の技術をどうするか、ということです。他の支店で受けるとか、もうあきらめるとか、方法は多々あります。突然サロンを閉鎖されてショックが大きい、という場合に、考えられなくなるということも多いです。ですので、サロンに通えなくなる場合や、突然の閉鎖などに出くわしてしまった場合に、どうするか、できれば事前に考えておきましょう。

この記事に

複数のエステティックサロンの情報を、比較して検討するのは非常に大事です。特にリフィートのような「脚やせ専門」を謳っているような、特徴あるサロンですと、その「後」にどうするかを考える必要があります。たとえばブライダルエステなどを考える場合にも、お付き合いができるのか、ということも考えていかなければ、なりません。そのためにも、最初から一つの施設だけに絞らず、いくつかの施設を下調べしておくこと。そして実際に行ってみないとわからない、空気、雰囲気、相性などを確かめること。これが非常に大事です。評判、口コミ情報だけで、判断するのは非常に危険です。エステの施術というのは、基本的に「美しく」なるためのものでは、ありますが、現在の「気に入らない体型」は、気に入らないなりの「バランス」というものが、一応取れています。エステの施術を受けるということは、そのバランスを、あえて崩すということです。外見が変貌するということは、精神的にも大きな影響のある出来事ですので、事前の詳細な検討が必要なのです。実際にクリニックを訪れると、緊張や不安で、なかなか普段通りの話し方、聞き方ができなくなる、という人がいます。その場合に備えて、質問したいことはメモをして行く、事前の無料メールカウンセリングを利用してみる、ということも、有効です。

この記事に

リフィートだけではなく、エステティックサロン業界全体で「痩身コース」を成功させるのは難しいという説が、根強くあります。痩身というのは、利用者の側の「心の持ちよう」も、効果のほどに影響する場合があるため、というのが大きな理由です。初めから「どうせ痩せない」「信じられない」という気持ちを持っている利用者にはもちろん、痩せた途端に「こんなに急激に痩せられるならば、ドカ食いをしても大丈夫」「太ったって、エステティックサロンが何とかしてくれる」という気持ちがあると、効果が半減してしまうのです。そのため、痩身コースの効果のほどは、同じ施術をしても人によって効果が異なるのです。リフィートの痩身、脚やせは「オーダーメイド痩身」という考え方に従って「いつまでに」「どのくらい」痩せたいという計画を立てることができます。また、効果の出るスピードも早いですし、太い脚へとは戻りにくい技術を提供してもいます。それでも、たとえば5年、10年と経過した後に、脚のサイズや体の状態に、人によって差が出てくるのは、それだけ「心の持ちよう」が現れやすい分野だから、といえるでしょう。美しい状態を保ちたければ、「痩身コースとは、本来は難しいもの」という認識を持ちながら、プロのボディデザイナーに頼りきることなく、自分でも努力を続ける姿勢が大事でしょう。

この記事に

リフィートは、脚やせ専門という特徴を、最大の「売り」にしています。リフィートには「お腹やせコース」もあります。ただし、「脚やせ」があくまでもメインの出来事であり、上半身・下半身のバランスをとれるようになってから、お腹・腰まわりのケアを行う、という考え方が主体のようです。そのため、既存のエステティックサロンとは「やや異なる」という考えを持っておきましょう。一方で、上半身と下半身のバランスが悪く、下半身のみ太ってしまう、お腹の周りに肉がついてしまう、という人は、下半身のバランスを整え、日常的によい姿勢を保つことを心がければ、それだけで驚くほど、体重が落ちる、全身のサイズがダウンするということも、起こり得るのです。日常的に、周りを見まわしてみて、「直立」をしているとき、電車やエレベータを待っているときには、モデルのように美しい立ち姿なのに、歩き始めると「なんか変???」と感じる女性が、いかに多いかに、気づきませんか? ひざのゆるみや、お腹の筋肉のゆるみが、歩く姿勢に悪影響をもたらしているようですね。また、歩く姿勢が悪いから、お腹の筋肉やひざのゆるみが、固着してしまう、ということもあるのです。リフィートで施術を受けるだけではなく、日常的に上半身・下半身のバランスに気をつける生活を、してみませんか?

この記事に

リフィートに実際に訪れる前に「自分の意志」の確認をしておきましょう。リフィートの料金体系は、既存のエステティックサロンにはなかった「3つのコースから選ぶだけ」という簡単なものです。もちろん、料金体系を利用者に説明する責任は、リフィートの側にもあるのですが、利用者の「覚悟の足らない」態度が、エステティックサロン業界が「利用者を利用する」という体質を生んできたことも事実です。サロンを訪ねる前に、料金体型について顧客の側も理解しましょう。美容業界全体として「高い技術、治療を勧められる」「アフターケアとして化粧品や美容液などを、売りつけられる」「思っていたのと違うから、やりなおしを要求したのに、やりなおしに別料金を取られた」というようなトラブルが、後を絶ちません。リフィートは「脚やせ専門」という看板を掲げていて、「3つのコースから選ぶだけ」の料金体系を売り物にしているのですが、「自分はこうしたい」「自分が支払える費用は、ここまで」ということを、しっかり確認していないと、「何だか分からないままに契約をしてしまった」という事態になります。事前に勉強して、賢い利用者になりましょう。また、他のサロンの情報も調べて、「脚やせだけでなく、もっと色々、施術を受けたい」という場合には、違うサロンに行く、という方法もあります。

この記事に

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事