全体表示

[ リスト ]

またも「医療ミス」のニュースです。

==<医療ミス>カテーテルで動脈損傷 群馬大医学部付属病院で==
群馬大学医学部付属病院は2日、女性患者にカテーテルを挿入する際に動脈を損傷させ、大量出血により死亡させる医療ミスがあったと発表した。石川治院長が記者会見してミスを認め、「一人の命が奪われたことは残念で、ご家族に深くおわびします」と謝罪した。
 病院などによると、死亡したのは群馬県桐生市の60代女性。入院後に摂食障害や意識障害が生じたため4月27日、栄養管理などのため主治医の30代の女性医師が直径2ミリの「中心静脈カテーテル」を右あごの静脈に挿入した。
 間もなく、肺からの出血で血を吐くなど容態が急変し、血圧低下で呼吸困難になり、約7時間半後に死亡した。病院は「動脈を損傷した可能性が高い」として同日中に前橋署に「異常死」として届け出た。遺族にも説明・謝罪した。処置は「内科、外科問わず日常的な操作」だが、カテーテル挿入時、女性の意識がもうろうとし、体を動かすなどしたため、看護師ら3人も補助したという。石川院長は「動脈の位置を確認するのにエコー検査を用いるなど、より安全な方法を実施したい」と述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070502-00000131-mai-soci

=====
中心静脈確保のための手技は日常的な手技ですが、残念ながら動脈を誤って刺してしまうことは十分に起こりうることです。解剖学的な位置関係を目安にここに静脈がいるであろうという「感覚」で操作をしているので、どんなに熟練した医師がやっても動脈を刺してしまうことはあります。もちろん、自分も刺したことはあります。
今回は患者さんが亡くなってしまうという、稀な大変不幸な機転を取ってしまいました。死亡に至ることは極めて稀にしても、これは他人事ではありません。明日は我が身です。
特に挿入中に患者さんが暴れたという悪条件が重なったことも、不幸な転帰と関係していると思います。
では、これが「医療ミス」なのでしょうか?そしてまた例によって刑事事件として処理されて、書類送検あるいは刑事告発されるのでしょうか?

大野病院のようにこの事件も処理され、担当した医師が刑事事件で裁かれるという方向にいけば、中心静脈確保という日常的な手技においても、防衛医療が進んでしまうと思われます。つまり結果が悪いのであれば、そのような「医療ミス」を起こしてしまうような手技は極力控えようという動きです。

今回の「医療ミス」をしたという医師も安い給料でリスクを負って頑張って働いている大学病院の勤務医です。マスコミが騒いで間違った方向に事態が動くと、手術ではなく、日常手技でも刑事事件として裁かれる危険性があり、さらに勤務医離れが深刻になると思います。
一刻も早い、警察の捜査を介さない、「まともな解決方法」を確立してもらいたいのと、CMPA (Canada Medical Protective Association)のような医者を守る組織の立ち上げを期待したいです。

閉じる コメント(17)

顔アイコン

これも警察がしゃしゃり出てくる話しじゃないですね。民事責任を問う訴訟や示談になっても仕方がないケースだと思いますが、もともとリスクがある手技ですから、刑事責任を問われるようでは中心静脈確保なんてぜったいにしたくないですね。 これからは、”せんせー、ちょうど良い所に来た。○○さんにCV入れてよ”なんて看護婦さんにお願いされても、”ハイハイ”なんて気安く請け負えないですね。 これじゃ、日本で医療行為なんてできないですよ。刑事責任の問われ方が世界の常識を逸脱していて、合併症が起こった時に異状死体として届けるなんて手続きは世界でも日本だけじゃないでしょうか。バカバカしくて日本で医者はできないですよ、ほんと。

2007/5/4(金) 午前 9:13 [ c ]

そうですよね。失敗をおそれて高度な医療行為を行わなくなってしまうと 結局、困るのは私たち患者です。

2007/5/4(金) 午前 9:57 aki

顔アイコン

患者さんの立場は擁護されているけれど、医師の立場は擁護されていませんよね。。。何でも事件や訴訟問題になっている気がして。薬に作用と副作用があるように、医療行為自体にも、メリットとデメリットとしてのリスクが存在するのは仕方のないこ事だと思うけれど・・・

2007/5/4(金) 午後 1:44 [ - ]

今までCMPAのような組織がなかったのが不思議なくらいですね。世間には、医者=神様のような存在=失敗しないorすると許さない、のように思っている人が結構いたり、医者=エリート=社会的地位が高い、普段は太刀打ちできないが、こういう場合はここぞとばかりに非難中傷を浴びせる、のような風潮がどうもあるような気がしてなりません。明らかに今の日本の悪いところです。YTZさんは、日本の外から日本の医療を見ることによって、より日本の悪いトコがはっきりとお分かりになるのではないですか。

2007/5/4(金) 午後 9:57 [ ***** ]

carrera2さん。こっちでも色々話していますが、やっぱり医療行為が刑事事件に問われるというのは常軌を逸していると考えられています。こちらで大なり小なり合併症は起こっています。しかもミスに近いような合併症も。自己弁護に走る訳ではありませんが、やっぱり起こる事は起こる。そこから再発防止策を考える。でもこれが刑事事件に問われるというのは、やっぱりおかしいですよね。ほんとうに日本に戻って医者をやるのが怖くなってきました。

2007/5/5(土) 午前 0:01 ytz*lig*ts*u*ent

akiさん。高度な医療はもちろんのことですが、今回の事故は中心静脈確保という、いわば日常的な手技なんです。ということは日常手技もできるだけやらない方向に行く、ということは、患者さん達にものすごい不利益を被ることになると思うのです。

2007/5/5(土) 午前 0:04 ytz*lig*ts*u*ent

irreplaceableさん。今回の事故が民事訴訟になるのは仕方ないにしても、刑事事件というのは本当にどうかしています。医者の立場が擁護されていないのは本当に問題です。

2007/5/5(土) 午前 0:06 ytz*lig*ts*u*ent

recoさん。おっしゃる通りです。医者=エリート=社会的地位が高い、普段は太刀打ちできないが、こういう場合はここぞとばかりに非難中傷を浴びせる、という国民的キャンペーンのおかげで、薄給で懸命に働く勤務医の人たちがモチベーションを失って開業に走る流れを促進しているのだと思います。だから昔ではありえなかった基幹病院での定員割れなどに結びついているのでしょう。low risk, high returnの仕事とhigh risk, low returnの仕事、どっちが良いか?答えは簡単な事ですよね。でも後者を選ぶ勤務医にはかなりのモチベーションが必要なんです。これが日本の高いレベルの医療を支えている事をもっと知って欲しいですね。特に「日本の医者は自己犠牲の精神が少なすぎる」などと公の場でコメントするテレビ朝日の報道番組をやっているキャスターには!!(怒)。

2007/5/5(土) 午前 0:11 ytz*lig*ts*u*ent

患者さんが亡くなったことばかりに焦点が当てられているようですが、この患者さんを救う行為をしていて起こったことだということにまずは目を向けなくてはならないと思います。こういうことが起きたとき非難・中傷するようなら、自分の体が病魔に侵されても自分ではどうすることも出来ない私たち一般人は、医者には診てもらえないことになります。あと、患者はある程度医師を選ぶことも出来ますが、医師にも患者を選ぶことが出来るのでしょうか。

2007/5/5(土) 午前 11:38 [ ***** ]

少し前まで報道からうけるイメージは、医者=病院=隠蔽でした。このままだと医者も患者も不幸です。。うなってしまいました。

2007/5/5(土) 午後 2:53 メロディ

recoさんのように世の中ものわかりの良い人たちばかりだと医療者も苦労することはないんですけどねえ。現実は厳しいです。ちなみに患者は医者を選ぶ事はできても、医者は患者を選ぶことは出来ません。これはおそらく明治時代のような時代はずれのようになってしまった医師法にある「応承の義務」というのがあるのです。つまり患者に診て欲しいと言われれば特別な理由がない限りは断ってはいけないという決まりがあるのです。時代はずれも甚だしい・・・。

2007/5/6(日) 午前 11:16 ytz*lig*ts*u*ent

おっしゃる通りです。メロディさん。お互いに不幸な世の中を形成しつつあり、それが悪化している様に思います。

2007/5/6(日) 午前 11:17 ytz*lig*ts*u*ent

私も残念な出来事だと思います。でも、医療にたずさわる人の中には患者の事を考えない人もいます。日常的な手技だとしても治療に関するリスク等は十分に説明する必要があると思います。私は不妊治療をしている時に前に行っていた病院ではたくさんいやな思いをしました。反対に母が乳癌と子宮癌で入院していた時はたくさんの思いやりや親切を受けました。裁判になるならないもやはり最後は人としての対処の仕方ではないでしょうか?考えさせられる問題です。

2007/5/12(土) 午前 11:32 [ hallomaple ]

確かにひどい病院や医者も存在する事は事実です。でも以前から医療機関はたたかれまくって、今はむしろとっても丁寧な対応のところが多いと思っています。「〜〜様」と呼ぶなど、ちょっと「???」と思うところもありますし・・・。さらに毅然とした態度で臨むべきところも批判を恐れて弱腰で臨んでいる部分もあって。このままでは人当たりだけが良くなって実際の医療のレベルが低下して行くのではないか?と心配してしまいます。

2007/5/14(月) 午前 0:47 ytz*lig*ts*u*ent

顔アイコン

That I must agree. I don't care if they call me by just name w/o san even. Can't ingore 実際の医療のレベルが低下して行く. But if 人当たりだけが良くなって then missing whole point of the real problem, I think. Again, 考えさせられる問題です and thank you very much for bringing my attention to my new subject. I do have aging parents in Japan it is very good to know those stories. Thank you.

2007/5/17(木) 午前 0:42 [ hallomaple ]

ぜ日一度インクルさんのブログhttp://blogs.yahoo.co.jp/j45fukai2006読んでみて下さい。

2007/5/17(木) 午後 6:41 [ hallomaple ]

hallomapleさん。ありがとうございます。さっそく読んでみることにします。

2007/5/18(金) 午前 4:51 ytz*lig*ts*u*ent


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事