ここから本文です
じぶんの一歩
アラ50からのチャレンジ!夫婦で歩いたマイペースな山のキロク
■2017年4月23日(日)
武陵源(中国湖南省北西部)での2日目は
「金鞭渓」約5Kmのハイキング。
昨日、上から見下ろした石柱林の麓、
美しい渓流に沿って森林浴を楽しもう!

■8時40
武陵源ゲートはあいかわらず
花火大会のような混雑・・・
イメージ 2

スタート地点の赤マル印(水绕四門)へは
園内の無料シャトルバスで移動。
水マル印の森林公園ゲートを目指す。
イメージ 3

赤矢印のオレンジ色の道がコース。
(よく読み取れないよね・・・)
イメージ 38


■9時35分
水绕四門バス停到着。
イメージ 4

今日は日曜日。
人の列がずーーーっと続いてる。
イメージ 5

この近くにアバターの像が
あるみたいなんだけど・・・?
川の向こう岸なのかな・・・?
イメージ 6

イメージ 7

今日は森林公園ゲートを出て、
そのまま張家界駅へ向かうので
全荷物を背負ってのハイキング。
イメージ 8

武陵源の石柱の高さは
200〜300mほどらしい。
イメージ 9

足元には可憐なお花も!
イメージ 10

イメージ 22

すごい迫力でそそり立ってます!
イメージ 11

人影がまばらになってきた。
途中で引き返した団体さんは、
きっとロープウェイに乗って
上からの絶景を楽しみに行ったんだろう。
イメージ 12

■10時35分
売店が見えてきた。
遊歩道には売店の他にも
春亭・南亭・剣亭などの休憩所があった。
イメージ 13

ししゃもくらいの大きさの
川魚の串を買ってみた。
唐辛子ドロドロのタレを
スプーンですくい、
「これをかけるんだ」とお店の人。
「いやいや、無理でしょっ!」
結局ノーマルで食すも、
なかなかの辛さだった・・・
イメージ 14

こんな写真ばかり、
何枚撮ったことでしょう・・・
イメージ 15

■11時05分
金鞭渓。
このあたりまで来ると、
入り口付近の喧騒はなく、
きれいな流れがあるだけだった。
イメージ 16

イメージ 18

イメージ 17

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 1

■11時55分
「西遊記」のロケ地には
たくさんの猿がいた。
過去に何度か猿に
襲われたことがある私は、
目を合わさないに足早に歩く。
イメージ 23

イメージ 24

■12時00分
目指す森林公園のゲートからの
観光客で騒々しくなってきたと思ったら、
渓谷の名前の由来となった金鞭岩に到着。
「金鞭岩はどこ?」
イメージ 25

「おおーーこれかあ」
見上げる首が痛い。
イメージ 26

そのお向かいでは
奇岩と太陽のコラボ!
イメージ 27

少し歩いて、振り返った金鞭岩は
ひときわ高くそびえていた。
イメージ 36

子どもがものすごい勢いで
つり橋をゆらす。
イメージ 28

これはアスレチック歩道。
イメージ 29

体力がない人は
籠で観光することもできる。
おじさん2人でかつぎます。
イメージ 37

ゲートが近づいてきた。
イメージ 30

イメージ 31

石柱林ももう見納め。
イメージ 32

■12時40分
森林公園ゲート到着。
気持ちのいいハイキングも終了。
さあ、張家界駅へ向かおう。
上海行きの列車は15時56分発だ。
イメージ 33

呉冠中という画家の像。
呉冠中さんが描いた山水画がきっかけとなり
「武陵源」が世に知れ渡ったとのこと。
イメージ 34

武陵源の核心部は【観光編】で・・・

イメージ 35

■今回のコースタイム
【所要時間】約3時間
08:40 武稜源ゲート(バス乗車)
09:35 水绕四門バス停
10:35 休憩
11:05 金鞭渓
11:05 西遊記ロケ地
12:00 金鞭岩
12:40 森林公園ゲート

■主な費用
・魚串   5元(約85円)
・干し肉串 10元(170円)

この記事に

■2017年4月16日(日)
ほんの5日前、
最高気温は10度しかなかったのに、
今日はうってかわって夏日の予報。
寒かったり暑かったり、極端な春だな・・・

朝、近場の秩父の山つもりで家を出たけれど、
とてもいい青空なので
少し足をのばし、1年半ぶりに三頭山へ。

■9時25分
都民の森駐車場からスタート。
イメージ 2

前回と同じ「ブナの路コース」で。
イメージ 3

足元には早春の花々。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

■9時40分
展望地通過。
檜のチップの道はフカフカで気持ちいい。

■9時50分
三頭大滝をしばし鑑賞。
イメージ 7

少し歩くと滝の上が見えてきた。
イメージ 8

分岐を右へ。
イメージ 9

沢沿いの道を行く。
前回(9月)とずいぶん印象が違うな。
イメージ 10

流れに手をひたしてみた。
冷たくて気持ちいい!
イメージ 11

「大きい木だなー」
”森の巨樹 第2位 5.7m カツラ”
とのこと。
イメージ 12

■10時10分
10分ほど休憩。
生チョコが溶けて液体になっていた!
イメージ 15

ハシリドコロの道を登る。
イメージ 13

イメージ 14

■10時50分
ムシカリ峠。
「ムシカリ??」
”ムシカリ=オオカメノキ”とのこと。
イメージ 16

峠を右に折れ、階段を登っていくと
木々の間からちらちらと
富士山が見えてきた。
意外に大きく見えて驚いた!
イメージ 17

■11時05分
三頭山山頂到着!
たくさんの人でにぎわっている。
イメージ 18

こちらは山梨県の山頂標識。
イメージ 19

木々に隠れていた富士山も
すっきりと!
イメージ 20

今シーズンの初ちょうちょ。
イメージ 21

それにしても、いい景色!
お茶にしよう。
イメージ 1

■11時55分
山頂出発。

■11時57分
中央峰。
イメージ 22

■11時59分
東峰。
イメージ 23

■12時01分
展望台から。
小さく西武ドームが光っていた。
イメージ 24

イメージ 25

■12時25分
見晴小屋は巻くことにした。
イメージ 26

「道幅狭し足元注意」とあり。
イメージ 27

このくらいの道幅だった。
左がきれ落ちている。
イメージ 28

■12時30分
見晴小屋経由の道と合流。
ここからはつづら折りの道を
単調に下る。
イメージ 29

■12時50分
鞘口(さいぐち)峠通過。
山頂から鞘口峠への道は北斜面。
まだ花も芽吹きもない、冬の道だった。
ただ、吹く風だけに春を感じた。
イメージ 30

■13時00分
木材工芸センター到着。
イメージ 31

木材工芸センターでは
キーホルダーなどを作ったりできるが、
今日もスルーしてそのまま森林館へ。
イメージ 32

森林館で剥製の展示などを見て・・・
イメージ 33

■13時15分
駐車場前の売店。
お待ちかねのけんちん汁!
カレーパンもおいしい!
イメージ 34

イメージ 35

■今回のコースタイム
所要時間約3時間50分
(休憩時間約1時間10分
09:25 都民の森駐車場
09:40 展望地
09:50 三頭大滝
10:10 小休憩
10:50 ムシカリ峠
11:05 三頭山山頂(休憩)
11:55 三頭山山頂出発
11:57 三頭山中央峰
11:59 三頭山東峰
12:01 展望台
12:25 巻き道分岐
12:50 鞘口峠
13:00 木材工芸センター
13:15 都民の森駐車場

■コース上のトイレ
都民の森駐車場・三頭大滝・木工工芸センター

■主な費用
都民の森駐車場  無料
売店(とちの実)
・けんちん汁   300円/1杯
・カレーパン   190円/1個



この記事に

■1992年6月11日(木)
ボンベイ(現ムンバイ)で乗り継ぎ、ナイロビへ。
搭乗手続きもチケットもなんとオール手作業の
ケニア航空で野生の王国へ。
イメージ 15

■6月13日(土)
ナイロビからアンボセリ国立公園へ。
キリマンジャロの麓には豊かな大地が
広がっていた。
イメージ 1

象の群れが景色にとけこんでる。

イメージ 16

イメージ 10

ケニアはヨーロッパの避暑地。
想像以上に立派なロッジに宿泊。
でもシャワーのお湯は期待しない方がいいかな。
イメージ 17

ロッジの目の前には無数の竜巻!
厚い雲のむこうには
キリマンジャロが隠れている。
イメージ 18

■6月14日(日)
サファリへ出るのは
動物が活動を始める早朝から。
イメージ 19

湖にちょこっと頭を出すカバ。
イメージ 20

山頂付近に雪が見える。
地球温暖化がこのまま進むとあの雪がとけて、
(1992年から数えて)あと50年後に
このアンボセリは水没する
とガイドさん。
イメージ 21

キリマンジャロに別れを告げ、
次はフラミンゴで有名なナクル湖へ。
ここから先は、山旅から離れてしまいます。

■6月15日(月)

ナクル湖からマサイマラ国立保護区への移動中、
タイヤがパンクした!
イメージ 2

「えええーーーこんなところでーーー」
みんな口にはしなかったけど、
同じことを考えていた。
イメージ 3

■6月16日(火)
マサイマラをまわる。
イメージ 4

「シャッターチャンス!!」
イメージ 5

レンズの先には・・・
けだるさMAXのオスライオン。
イメージ 6

かっこいい姿も見せてくれました。
イメージ 7

動物園とはまったくちがう、
生き生きとした動物たち。
こいつ(バッファロー)に突進されると
車が横転してしまうらしい。
ものすごいパワーだ。
イメージ 8

トムソンガゼルを仕留めたチーター。
骨を噛み砕く音が聞こえた。
イメージ 9

ライオンも何か食べている。
イメージ 11

雄大さをひきたたせるのは
ゆったりと移動をするマサイキリンの群れ。
イメージ 12

イメージ 13

サファリは午前中には終了してしまう。
午後からは、とってーもヒマなので、
ホテル勤務のマサイさんに
遊んでもらった。
イメージ 14

これで、デナリとキリマンジャロ、
セブンサミットのうち2つの山を見た。
残りはあと5つ。
南極大陸は無理として、あと4つ。
見てみたいーーーー!!!
いつの日か、旅に出よう。


この記事に

■1991年12月9日(月)
コーラの看板は波にのるサンタクロース。
そう、オーストラリアは真夏のクリスマス。
照りつける太陽のもと、
エアーズロックをめぐる。

ケアンズから2時間ちょっと。
サンゴ礁の楽園から、赤い大地へ降り立つ。
イメージ 2

アリススプリングスの空港から
バスでウルルに入り、
マウントオルガとエアーズロックの
夕暮れを見に行く。
イメージ 3

転がる岩は人の背丈ほどもある。
不思議な景色。
イメージ 4

生えている草も見慣れない。
イメージ 5

ポスターのように赤く染まるエアーズロックを
想像していたら、たいして赤くならなかった。
肩透かしをくらったようだった。
イメージ 1

ふたりの足跡を残してホテルへ戻る。
イメージ 6

■12月10日(火)
サンライズツアーのあと、
いよいよエアーズロックの頂へ!
イメージ 7

時計は6時30分を指している。
ウルルではしょっちゅう水分補給をしないと
ひからびてしまう。
水1Lをかついでレッツゴー!
イメージ 8

急なのぼりなので、
休みながらぼちぼち歩きます。
イメージ 9

てっぺんに到着!
イメージ 10

山頂方位盤の下には赤いノートがあり、
サインを記してきました!
イメージ 11

山頂からは360度の地平線!
みごとです!!
風がめちゃくちゃ強い。
とばされそう!
イメージ 12

昨日訪れたマウントオルガも。
イメージ 13

イメージ 14

あまりに風が強いので
くぼみにはまりこんで休憩。
イメージ 15

この一枚岩、
近くでみるといろんな表情をしています!
イメージ 16

2時間半ほどでふもとに戻り、
エアーズロックをぐるっと一周。
「ムチジュルの泉」は一年中枯れることが
ないんだって。
イメージ 17

アボリジニアートも間近に。
イメージ 18

イメージ 19

赤い大地に真っ赤な夕焼け。
イメージ 20

この日の星空観察ツアーは
人生で最高の夜空が待っていた。
地平線の上には無数の星。
マゼラン星雲までぼうっと浮かんでいた。

■12月11日(水)
1日1便のシドニーへの飛行機が
エンジントラブルで
欠航となってしまった。
仕方がないので、空を飛んでみた。
イメージ 21

マウントオルガのむこうに
エアーズロックが小さく見えている。
イメージ 22

この日は航空会社のペナルティで
シェラトンホテルに宿泊させてもらった。
現金が底をつきていて、シドニーでは
カップラーメンの予定だった夕食は、
コースディナーに変更となった。
なんか得した気分!?

この次の山のぼりは、実に22年後。
2013年の屋久島白谷雲水峡まで
長ーいお休みに入ることになった。


この記事に

■1990年8月10日(金)
この年のお盆休みは、さいはての島めぐり。
1泊目 札幌/2・3泊目 礼文島
3・4泊目 利尻島/5泊目 稚内
と、なんともぜいたく。

各島の民宿の方からも、
「(礼文と利尻に)2泊ずつしていくお客さんは
少ないんですよ〜。
ゆっくりしていただけて、うれしいです」
と声をかけていただいた。

■8月12日(日)
礼文島ハイキング。
北から南まで踏破するのはたいへんなので、
2つにわけて歩いてみた。

まずは、澄海岬から
礼文島最北端の地スコトン岬へ。
晴れた日には遠くサハリンを望めるらしい。
イメージ 2

次は地蔵岩から桃岩へ。
これは地蔵岩。
イメージ 3

気持ちのいい散策路が続きます!
イメージ 4

ピークの過ぎたお花畑を歩いていく。
イメージ 5

「気持ちいいーーー!!」
イメージ 6

すすきの穂に
早い秋の気配を感じる。
イメージ 7

「これが桃岩かあ!!」
イメージ 8

「明日、利尻へ渡ろう」
「あのてっぺんに立てるかな?」
イメージ 9

■8月14日(火)
いよいよ旅のクライマックス!
今日は利尻登山の日。
天気がいまひとつだなあ。
民宿の方に三合目の登山口まで送っていただく。

■6時25分
甘露泉水出発。
イメージ 10

■7時35分
伯耆大山登山で味をしめ、
利尻山もその延長でとらえていたので、
今見るとありえない装備だね。
服装は見てのとおり。
水筒も行動食も持っていなかったので、
民宿の方が全部用意してくれました。
どうもありがとうございました。
<頂上まであと3,340m>
イメージ 11

■8時15分
ガスだか雨だかわからない状態です。
<頂上まであと2,590m>
イメージ 12

時々、海に浮かぶ礼文島が見えます。
イメージ 13

■9時20分
利尻岳山非難小屋到着。
あいかわらず上はガスってる。
イメージ 16

こんなところにウルトラマン!
ウルトラマンをわざわざ担ぎ上げたとは。
スバラシイ!
イメージ 15

■10時25分
9合目!
イメージ 14

■11時50分
ついにたどり着きましたーー!
何も見えましぇーーーん!!
イメージ 1

私たちが「百名山」を
はじめて知ったのはこの時だった。
この方の百名山達成の記念すべき瞬間に
出会えたことに、とても感動した。
この方、お元気でしょうか?
イメージ 17
お社の朱塗りの色も鮮やかです。

あとは下山のみ。
なかなかワイルドな登山道。
イメージ 18

■13時40分

利尻山非難小屋でひと休み。
脱いだ靴はこのとおり。
当たり前だけど、
スニーカーでのぬかるみ道の下山は、
まあすべるわ、すべるわ。
イメージ 19

膝から上は
(スキー用の)ポンチョで守られていたので
きれいです。
イメージ 20

■13時55分
長官山。
今頃になって天気が回復しはじめた。
イメージ 21

山頂は見えなくても、上機嫌です!
イメージ 22

イメージ 25

ハイマツの道を海へと下りていき・・・
イメージ 23

■16時30分
約10時間かけて甘露泉水に
もどってきた。
振り返ってみると、
お盆の真っ只中だというのに、
小屋と山頂以外では、
ほとんど人に会わなかったような…
ましてや女性は私たちだけだった。
登山ブーム?の今だったら、
混み混みなのかな?
イメージ 24

■8月15日(水)
鴛泊港出航。
稚内港につくころ、
全身の筋肉痛がすっかりできあがり、
下船のタラップが地獄のようだった。
イメージ 26


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事