ここから本文です
じぶんの一歩
アラ50からのチャレンジ!夫婦で歩いたマイペースな山のキロク
■2017年10月1日(日)
今日は風もおさまり、
青空抜ける、登山日和!
「ほんとうのそら」の下に輝く
錦秋の山々を存分に味わおう!

■7時40分
安達太良奥岳登山口・
あだたら山ロープウェイ駅。
今日もロープウェイを利用して
楽チン登山です。
イメージ 2

■8時15分
ロープウェイ始発は8時30分。
最後尾は建物の向こうで、
どれだけ並んでいるのか分からなくなった。
イメージ 3

■8時45分
ロープウェイ山頂駅から
まずは「ほんとうのそら」へ。
要所要所にあった手作り案内板↓
なかなかのアピールぶり。
イメージ 4

薬師岳・薬師パノラマパークへ。
イメージ 5

■8時50分
「ほんとうのそら」に到着。
山頂駅からすぐだった。
「これが智恵子の愛した故郷の空」なんだ。
イメージ 6

「ほんとうのそら」と「薬師岳」は
こんなに近かった!
イメージ 7

■9時00分
安達太良山登山道へ戻る。
山頂付近はきれいに色づいている。
イメージ 8

イメージ 9

■9時20分
見晴らしのよい、
休憩スペースになる場所にでた。
イメージ 10

天気が良すぎて暑い!
上着を脱ぎながら、目の保養。
イメージ 11

「うわーーー!」
イメージ 12

■9時25分
登山再開するも、
目の前の山々は赤・橙・黄・緑の
パッチワーク。
また立ち止まって、見とれる。
イメージ 13

見とれてるうちに
団体さん2組と合流してしまい、
この後しばらく渋滞に巻き込まれてしまった。
イメージ 1

■9時30分
ただの道案内かと思っていたが、
帰って調べてみると、ここが仙女平分岐だった。
イメージ 14

渋滞中。
イメージ 15

渋滞で立ち止まってしまう時には
こんなイメージショット?を撮って
進むのを待ちます。
イメージ 16

登り方面。
イメージ 17

下り方面。
首都高のごとく渋滞中の登山道。
イメージ 18

イメージ 19

このあたりで団体さんを追い越した。
イメージ 20

ここから山頂までは
若者のペースで登った。
ちょっと疲れた。
イメージ 21

イメージ 22

山頂駅の屋根が
遠くにちょこっと見える。
それにしても、なんて気持ちが良く、
きれいなんだろう!
イメージ 23

山頂の岩峰が見えてきた!
イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

■10時10分
安達太良山到着。
すぐに「乳首山」と称される山頂岩峰へ
右から回り込む。
岩峰は短いクサリ場があり、
今日は混んでいるので、すれ違い待ちが長め。
イメージ 27

■10時20分
山頂到着!
イメージ 28

記念写真を撮った直後、
ガスが流れてきた。
イメージ 29

でも、5分ほどで眺望が戻った!
右手奥で雲がかかっているのが
磐梯山とのこと。
イメージ 30

■10時35分
岩に腰をかけて小休憩。
登ってきたクサリのあるルートは
すれ違いでますます混んできた模様。
地元のおじさんから、
反対からも下りられるよと教えてもらった。
(=岩峰に向かって左から回りこんで下りる)
イメージ 31

イメージ 32

足元にはちゃんと道はあったけれど、
ごく短い区間、
整備がされておらず、プチやぶこぎ。
イメージ 34

岩峰を下り、
左ルートを教えてもらった地元のおじさんと、
「ちょっとしたやぶこぎで、びっくりしたね」
と話した。
おじさんもこんな状態だったとは
知らなかったらしい。
イメージ 33

■10時45分
牛ノ背へ。
ゆったりとした感じ、
それぞれの小さい峰々に登山者がいる感じ、
九住と雰囲気がにているな、と思った。
イメージ 35

イメージ 36

■10時55分
爆裂火口。
今日は硫黄臭とともにくっきり見渡せる。
今までとはうって変わって、
火山の荒々しさを実感する
荒涼とした風景が広がっていた。
写真右にある山塊が、
昨日登った、吾妻連峰。
イメージ 37

■11時00分
鉄山・峰ノ辻分岐。
少し下りた風が当たらない場所で
お昼ご飯にする。
イメージ 38

■11時30分
くろがね小屋へ向け、出発。
イメージ 39

空間が広く気持ちがいい道を
ゆるやかに下っていく。
イメージ 40

■11時45分
峰ノ辻。
イメージ 41

イメージ 42

ここからも紅葉に埋もれて歩いていく。
イメージ 43

イメージ 44

イメージ 48

イメージ 45

目の前に黄色い「壁」が出現!
イメージ 46

赤もいいけど、黄色もいい!
イメージ 47

松をくぐっても、
イメージ 50

右手には赤い斜面、
イメージ 49

左手には黄色い斜面が広がっている。
イメージ 51

くろがね小屋が大きくなるのと比例して、
硫黄臭がはんぱなく漂ってくる。
イメージ 52

■12時15分
くろがね小屋で小休憩。
イメージ 53

残念ながらお風呂はパスして、
地元産のジュースのみ。
さるなしは、メロンジュースに似た味だった。
イメージ 54

■12時30分
くろがね小屋出発。
ここからは車も通れる馬車道になった。
イメージ 55

イメージ 56

道の脇にあった湯の花。
勢い良く湯気も立っている。
イメージ 57

イメージ 59

安達太良山のナナカマドは、
色づいた葉より、
鈴なりになった実の方が主役だった。
イメージ 58

■13時00分
勢至平通過。
イメージ 60

■13時05分
馬車道から、
旧道(ショートカットの登山道)へ入る。
イメージ 61

ところどころ、
にゅるにゅる粘土で転倒注意!
イメージ 62

馬車道に出ては旧道へを
何回か繰り返す。
イメージ 63

どんぐりが落ちている森の中を
下りていく。
イメージ 64

■12時25分
あだたら渓谷自然遊歩道入り口。
渓谷は寄らずに、
まっすぐ奥岳登山口へ。
イメージ 65

もう道はこんなに平坦。
イメージ 66

■13時40分
奥岳登山口・ロープウェイ山麓駅到着。
イメージ 67

「安達太良山へは絶対に紅葉の時期に!」
と言い始めて4シーズン目。
こんなにきれいな紅葉に出会えるとは!
吾妻山と安達太良山。
素敵な週末だった。

イメージ 68

■今回のタイムスケジュール
【所要時間】約4時間55分
(休憩時間 約1時間15分含む)
08:45 ロープウェイ山頂駅出発
08:50 ほんとうのそら記念碑
09:30 仙女平分岐
10:10 安達太良山山頂
10:20 安達太良山岩峰到着(休憩①)
10:35 安達太良山岩峰出発
10:45 牛ノ背
10:55 爆裂火口
11:00 鉄山・峰ノ辻分岐(昼食)
11:30 鉄山・峰ノ辻分岐出発
11:45 峰ノ辻
12:15 くろがね小屋到着(休憩②)
12:30 くろがね小屋出発
13:00 勢至平
12:25 あだたら渓谷自然遊歩道入口
13:40 奥岳登山口・ロープウェイ山麓駅

■コース上のトイレ
ロープウェイ山頂/山麓駅・くろがね小屋

■主な費用
あだたら高原スキー場
・駐車場            無料
・ロープウェイ片道      1,000円/1人
 (※割引券で900円)
くろがね小屋
・ジュース(もも・さるなし)  各210円

この記事に

◆2017年9月30日(土)
五竜に続いての紅葉登山は南東北へ。
今年一番の冷え込みと強風、
眺望のない山頂にいささかテンション低めで
歩き始めたけれど・・・
なかなかどうして!
「こんなに草紅葉が堪能できるとは!」
うれしい誤算の西吾妻だった。

■10時00分
天元台ロープウェイ乗車。
今日は、毎時00分、20分、40分で運行。
五竜での筋肉痛が若干残っているので、
高低差の少ない山形側からのルートを選択。
イメージ 2

リフトに乗り継ぐ。
ここに来る途中、
磐梯山付近では真っ黒な雲に弱雨が降っていて
どうなることかと思ったけれど、
青空が見えてきた。
でも、風が強く、とんでもなく寒い!
イメージ 3

防風防寒のためフリースやレインを着込んで、
「しらかば」リフト、
「しゃくなげ」リフトを乗り継いでいく。
イメージ 4

キラキラ光るすすきの穂。
イメージ 5

イメージ 6

ラストの「つがもり」リフトは、とても長い。
ほぼ貸しきり状態なのもあって、
余計に寒さが身にしみる。
イメージ 7

標高があがっていくにつれ、
きれいに色づいていく木々。
イメージ 8

■11時00分
ロープウェイと長いリフトを乗り継ぐこと
小一時間。
標高1820mの北展望台へ到着。
すっかり冷え切った!
イメージ 9

イメージ 10

■11時25分
樹林帯を抜け、かもしか展望台。
イメージ 11

すぐに小さな湿原の木道がはじまった。
イメージ 12

みごとな草紅葉!
「おー!いいねーーー!!」
そういえば今シーズン初の草紅葉。
イメージ 13

イメージ 14

■11時35分
左ルート(人形石方面)は復路で歩こう。
右ルートへ。
イメージ 15

ゆるやかに下っていくと、
イメージ 16

「うわーーーっ!」
広々とした湿原が現れた!
イメージ 1

イメージ 17

「すごい!チングルマの大群落!」
他にもたくさんの高山植物が
咲き誇っていた名残があちらこちらに。
「夏はめちゃくちゃキレイだろうなーー!」
イメージ 18

湿原があるとは知っていたけれど、
こんなに広いと思っていなかった。
高層湿原好きの私たちはすっかりゴキゲン♪
イメージ 19

湿原を過ぎると登山道に水が流れ出した。
イメージ 20

■11時55分
大凹(おおくぼ)の水場だった。
イメージ 21

ここからは湿ってすべりやすい
岩場の登山道に。
イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

■12時15分
登りきったら、また湿原。
梵天岩がもう目前。
イメージ 25

左手奥には、
明日登る、安達太良山!!
イメージ 26

梵天岩全景。
イメージ 27

梵天岩へは向かって右側から回り込んで行く。
梵天岩の一帯は、
ルートを示す印が消えかかっていて、
どこを歩くのか、わかりにくかった。
イメージ 28

■12時25分
梵天岩到着。
イメージ 29

梵天岩には登らず、そのまま進んでいく。
イメージ 30

途中にあった
きれいな赤に染まったもみじ。
イメージ 32

■12時35分
吾妻神社前のだだっ広い岩の広場に出た。
神社は帰りに通る予定。
岩の広場の左手奥にある、山頂へのルートへ。
イメージ 31

イメージ 33

目の前の西吾妻へのびる道を行く。
イメージ 34

小さな湿原を抜け、
イメージ 35

ぐじゃぐじゃの道を越え、
イメージ 36

樹林帯に入ると山頂はもう近い。
イメージ 37

■12時50分
西吾妻山山頂到着!
福島側から登ってきた方々と合流し、
記念写真の順番待ちをしている間に
晴れてきた!
イメージ 38

イメージ 39

山頂には10分ほど滞在し、
西吾妻小屋へ向かう。
イメージ 40

磐梯山が見える!
雨があがったんだ。
イメージ 41

イメージ 42

■13時10分
西吾妻小屋前でランチタイム。
風が強くて寒いけれど、
小屋の中でランチももったいない。
2本ある木道の1本を拝借して腰を下ろした。
イメージ 43

■13時45分
吾妻神社へ向けて出発。
小屋から約5分。
左手に飯豊の山がどーんと見えてきた。
飯豊の山は、いつか登りたい山のひとつ。
「待ってろよーーー!!」
イメージ 44

吾妻神社が見えてきた。
イメージ 45

■14時00分
吾妻神社到着。
眼下に広がるのは、米沢の街。
イメージ 46

神社前から見る西吾妻山。
ひとしきり眺望を楽しむ。
イメージ 47

西吾妻山の右手に視線を移すと、
西吾妻小屋と頭だけ出す磐梯山。
そういえば吾妻連峰は、計算上、
スカイツリーが見える北限だとか。
写真に捉えられるのは
いつの日になるのかな?
イメージ 68

■14時10分
梵天岩横通過。
イメージ 48

向かいの山肌のキツネ色は
全部草紅葉の湿原!
イメージ 49

復路は右手に安達太良山を見ながらの
木道歩き。
イメージ 50

急な湿った岩の下りがはじまった。
イメージ 51

イメージ 54

■14時30分
大凹の水場通過。
すぐに何度目かの木道に入る。
イメージ 52

イメージ 53

■14時50分
人形石への分岐。
イメージ 55

分岐すぐは笹が目立つ道。
イメージ 56

笹にかわり、
ハイマツが目立ちはじめたら、
イメージ 57

人形岩が見えてきた。
ここも吾妻神社の前と同じ、
見晴らしのよい岩の広場。
イメージ 58

■15時00分
人形石にある「吾妻山高度指導標」。
谷川岳山頂と同じ、1936m!
イメージ 59

「どこから下りるんだ!?」
赤い三角の標識を見つけて、
リフト乗り場へ最後の下り。
イメージ 60

雨が降っていたのかな?
この道の岩も湿ってすべりやすく、
ぬかるみだらけで気をつかう。
イメージ 61

イメージ 62

かもしか展望台への道に出た。
イメージ 63

■15時30分
北展望台に戻る。
リフト乗り場のおじさんが教えてくれた。
「今の気温は6度、風速は10m弱かなー」
体感温度は氷点下!
「どうりで寒いはず・・・」
秋を通り越して、
冬を感じた山歩きになってしまった。
イメージ 64

朝と同じくフル装備で、リフト乗車。
いやな空模様。
「リフトが終わるまで降りませんように」
イメージ 65

イメージ 66

厚い雲の下、
夕暮れの山々の重なり。
蔵王方面かな?
イメージ 67

リフトを降りたとたん、
ついに雨が落ちてきた!
ダッシュしたおかげで
16時20分発のロープウェイに
ギリギリ間に合った。

ロープウェイ駅からすぐの温泉で温まり、
うす暗くなった米沢から、
安達太良山へと車を走らせた。

イメージ 69

■今回のコースタイム
【所要時間】約4時間30分(北展望台基点)
(休憩時間 約1時間10分含む)
10:00 ロープウェイ乗車
11:00 北展望台
11:25 かもしか展望台
11:35 人形岩分岐
11:55 大凹の水場
12:25 梵天岩
12:35 吾妻神社前
12:50 西吾妻山山頂
13:10 西吾妻小屋前到着(昼食)
13:45 西吾妻小屋前出発
14:00 吾妻神社
14:10 梵天岩
14:30 大凹の水場
14:50 人形石分岐
15:00 人形石(吾妻山高度指導標)
15:30 北展望台
16:30 ロープウェイ下車

■コース上のトイレ
ロープウェイ駅・北展望台リフト乗り場
西吾妻小屋

■主な費用
天元台高原
・駐車場             無料
・ロープウェイ&リフト往復 3,500円/1人
 ※JAF割引で3,150円/1人になった

■今日の温泉
白布森の館          395円/1人
・米沢市森林体験交流センター内にある
・アメニティは石鹸のみ
・洗い場4人分、こじんまりとした湯船
・団体さんとぶつかると居場所がなく不運
・ちょうど貸しきり状態だったので、
 質素なつくりが逆に好印象だった
・白布温泉の旅館の立ち寄り湯は16時まで
 終わるところが多い

この記事に

◆2017年9月25日(月)/2日目
■9時35分
五竜山荘を発つ。
イメージ 31

■9時40分
主稜線の分岐。遠見尾根へ。
イメージ 32

「うわー!すっかり秋色!」
昨日より紅葉が進んだ!?
天気が良いだけ!?
左奥の白岳の頂上は行かずに右に進む。
イメージ 33

■9時55分
クサリ場にはいる。
イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

■10時15分
ポクポクと音のする階段。
どんどん雲が湧きあがる。
イメージ 37

上部はまだ青空。
イメージ 38

ヤセ尾根が見えてきた。
イメージ 39

紅葉の向こうの五竜岳。
「岩の殿堂」の風格が漂っている。
イメージ 1

ヤセ尾根通過。
イメージ 40

■10時55分
西遠見ノ池で休憩。
イメージ 41

イメージ 3

リンドウの花が開いている!
イメージ 2

■11時10分
休憩終了。
イメージ 4

輝く黄色が印象的な紅葉!
イメージ 5

錦にかこまれて、
「きれいやなー」「きれいやなー」を
連発しながらの山歩き。
あちこちで写真を撮りながら
秋を楽しんだ。
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

■11時40分
大遠見は通過。
イメージ 9

このあたりのミネカエデはまだ緑色。
昨日は気づかなかったな。
イメージ 10

すぐに色づいた木々にきりかわった。
イメージ 11

中遠見が見えてきた。
下りコース中、最大の登り返しがやってくる。
イメージ 12

イメージ 13

「すっかり上は雲の中やなあ」
イメージ 14

■12時20分
中遠見通過。
あまり見かけない。
この花、なんだ?
イメージ 15

特徴的なダケカンバ。
イメージ 16

小遠見山に登っても
何も見えないだろうから、
復路も巻き道を通ろう。
イメージ 17

■12時35分
アルプス平から小遠見山までは
トレッキングコースになっている。
「結構手ごたえあるよな・・・」
巻き道にはいる。
イメージ 18

どんどんふもとの町が近づいてくる。
イメージ 19

越えてきた中遠見と小遠見。
遠見尾根を振り返ってみる。
このコースは坂道と平らな道が
交互にあったので、
平らな道では息を整えることができ、
とても助かったと感じた。
イメージ 21

おとなりの八方尾根も雲の中。
イメージ 20

■12時50分
二ノ背髪通過。

■13時00分
二ノ背髪通過。
昨日、団体さんが休憩していたベンチ。
イメージ 22

■13時15分
見返り坂通過。

■13時25分
地蔵ノ頭分岐。
これも登らず地蔵の沼のある湿地方面へ。
「あれ!?昨日こんなにきれいだっけ??」
イメージ 23

イメージ 24

■13時30分
左に折れ、高山植物園にはいる。
イメージ 25

ウメバチソウがかわいい。
イメージ 26

植物園内のコンクリートの階段。
これがこっそり最後の難関だった。
足にこたえるのなんの・・・
イメージ 27

イメージ 28

■13時50分
アルプス平駅到着。
イメージ 29

帰りの上信越道からは、
夕暮れの空にくっきりと
後立山の連なりが見えた。
雲がすっかりとれた五竜の山頂。
その左に鹿島槍の双耳が特に目立っていた。

イメージ 30

■今回のコースタイム
●1日目
【所要時間】約5時間45分
(休憩時間 約55分+立休憩)
08:50 アルプス平
09:15 地蔵の沼
09:35 見返り坂
10:00 一ノ背髪
10:15 二ノ背髪
10:45 中遠見
11:30 大遠見(休憩①)
12:10 大遠見出発
12:35 西遠見ノ池
13:20 階段脇(休憩②)
14:30 主稜線分岐
14:35 五竜山荘到着

●2日目
【所要時間】約7時間40分
(休憩時間 約1時間25分+立休憩)
06:10 五竜山荘出発
07:25 五竜岳山頂到着(休憩③)
08:10 五竜岳山頂出発
09:10 五竜山荘到着(休憩④)
-------------------------------------
09:35 五竜岳山頂出発
09:40 主稜線分岐
10:55 西遠見ノ池(休憩⑤)
11:10 西遠見ノ池出発
11:40 大遠見
12:20 中遠見
12:50 二ノ背髪
13:00 一ノ背髪
13:15 見返り坂
13:25 地蔵の沼
13:50 アルプス平

■コース上のトイレ
アルプス平・五竜山荘

■主な費用
エスカルプラザ登山者用駐車場    無料
テレキャビン(ゴンドラ)往復 1,800円/1人
五竜山荘
・1泊2食           9,800円/1人
・お湯               150円/1L
・ジュース各種           500円/1本

■今日の温泉
八方温泉みみずくの湯      600円/1人
・八方温泉100活WEEK感謝企画中で1人無料になった
・露天風呂からは白馬三山が見える

この記事に

◆2017年9月25日(月)/2日目
■4時40分
朝食は5時〜7時30分の間の好きな時間に
とることができる。
10分ほど並び、
私たちは用意が出来次第のこの時間で。
イメージ 2

■5時35分
ご来光。
イメージ 3

目にみえるもの全てが朝陽に染まる。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

■6時10分
さあ、山頂へ出発。
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

霜柱!
イメージ 10

■6時45分
岩登りがはじまった。
イメージ 12

イメージ 11

イメージ 13

イメージ 14

ちょっと一息。
イメージ 15

イメージ 16

岩登り再開。
黄色い○と、赤い×印がはっきりしていて
ルートがわかりやすい。
イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

ずいぶん登ってきた!
白馬までバッチリ見渡せる!
イメージ 22

あともうちょっと!
イメージ 23

イメージ 24

■7時25分
五竜岳山頂。
先月登った剱岳が
まっさきに目に飛び込んできた!
イメージ 1

五竜山荘オリジナルTシャツ。
イメージ 37

後立山の南方面。
イメージ 25

後立山の北方面。
イメージ 26

山頂から少し離れてお茶にしよう。
イメージ 27

イメージ 28

お茶をしながら眺める絶景。
なんてすばらしい!!
鹿島槍、奥に連なる槍穂。
イメージ 29

雲海に浮かぶ
八ヶ岳、富士山、南アルプス。
イメージ 30

立山、剱。
イメージ 31

唐松、白馬。
「ずいぶん登った山々が増えたなあ」
どの山も皆、懐かしい!
イメージ 32

妙高、火打も登ってみたいなあ。
イメージ 33

■8時10分
もっとここにいたいけれど、
そうもいかない。
イメージ 34

撮影会をしながら下山開始。
イメージ 35

これは↓ダンナ。
イメージ 39

イメージ 36

イメージ 38

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

スリップしないよう、注意しながら歩く。
イメージ 43

イメージ 44

だんだん大きくなる五竜山荘。
イメージ 45

今日は天気がいいので、
山肌の紅葉もくっきりときれいに見える。
イメージ 48

イメージ 46

■9時10分
五竜山荘到着。
山荘で休憩をかね、身支度を整える。
イメージ 47

山荘を発つ前に利用した外トイレ。
個室の窓から見えるこの景色に驚いた!
これほどの展望トイレって・・・
すごくない!?
イメージ 49


この記事に

◆2017年9月24日(日)/1日目
やっと登れた五竜岳!
山頂からの大展望はもちろんのこと、
山肌を彩る紅葉、
一瞬現れたブロッケン・・・
美しい自然を満喫する
1泊2日の山行になった。

■8時50分
とおみ駅からテレキャビンでアルプス平へ。
目指す五竜岳は一番左のピーク。
まだまだ遠い。
イメージ 2

■9時10分
高山植物園を歩き、
展望ペアリフト駅までやってきた。
地蔵の頭には登らないで、巻き道へ。
イメージ 3

■9時15分
地蔵の沼。
「予想以上に色づいてるー!」
イメージ 4

■9時20分
地蔵の頭からの道と合流。
イメージ 5

■9時35分
見返り坂から見下ろした地蔵の頭。
ケルンがとんがってるね。
イメージ 17

■10時00分
腰掛けて休憩できるちょっとした
スペースがある、一ノ背髪。
団体さんの先客があったので、
そのまま通過する。
イメージ 6

行く先真っ白。
これは雲の中に入ったのか、
曇天なのか!?
イメージ 7

■10時15分
二ノ背髪通過。
イメージ 8

ガスの中を行く。
何だか寂しい・・・
イメージ 9

まわりが見えないので、
足元の植物を撮影しながら歩く。
イメージ 10

ほとんどのリンドウはつぼみだった。
イメージ 11

■10時25分
直進すると小遠見山。
小遠見山付近からは
ヤリ三兄弟(=鹿島槍・槍ヶ岳・白馬鑓)が見えるよ」
「今日は天気がいいから見えるかもしれませんね!」
と、登山届けを提出する際に教えてもらい、
とても楽しみにしていたのに・・・
このガスでは、残念!
イメージ 12

省エネも兼ねて、ここも巻き道を利用。
イメージ 13

■10時45分
中遠見を過ぎると、
イメージ 14

下りがはじまった。
登ってくる人たちは息をきらしている。
どこまで下りんやろ?」
イメージ 15

「ひょえーー!
「あそこまでーー!」
イメージ 16

下りきったら、
イメージ 18

こんどは上り。
イメージ 19

時折、雲が切れて
遠くの山や谷が見渡せる。
イメージ 20

■11時30分
大遠見で休憩。
イメージ 21

■12時10分
休憩終了。
色づいたナナカマドやミネカエデの中を
進んでいきます!
イメージ 22

■12時35分
西遠見ノ池に出た。
ここは大遠見よりも広々としていた。
こちらで休憩をとっても良かったかも。
イメージ 23

池のまわりにはチングルマなど、
お花がたくさん!
イメージ 24

休憩したばっかりなので、通過。
イメージ 25

■12時55分
真新しい標識。
イメージ 26

ヤセ尾根がボヤッとガスの中にのびている。
イメージ 27

ガスはガスで、幻想的でもある。
イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

■13時20分
さっきから聞こえていた
「ポクポク」という音は、
あの階段を下りる靴音だったのかあ。
イメージ 31

階段脇でしばし休憩をとっていると、
さあーーっと雲が流れて、
いきなり山頂と山荘が現れた!
「もうこんなところまで登ってきてたんや!」
と、驚く。
イメージ 32

■13時35分
休憩終了。
イメージ 33

ポクポク階段が終わるとすぐに
1つ目のクサリ場に突入。
イメージ 34

2つ目。
イメージ 35

今日は岩が乾いているので、
クサリがなくても3点支持で登っていけた。
イメージ 36

クサリ場は終わったみたい。
イメージ 37

と思ったら、また出てきた。
イメージ 38

なんと!!!
このクサリを登ったところで、
ブロッケン現象に遭遇!!!
写真は青空だけど、
クサリ上部の右手の谷には、
濃いガスがたちこめていた。
すっかり童心に戻り、
夢中で手を振っているうちに
太陽が雲にかくれてしまい、
あっという間にブロッケンは消えてしまった。
「あ〜!写真を撮り損ねてしまった〜!」

岩場を過ぎると、
イメージ 39

右斜面はチングルマの群落。
イメージ 40

遠見尾根もきれいに見渡せる。
イメージ 41

いつの間にか
山荘より高いところまで来ていたんだ。
イメージ 42

■14時30分
白岳を過ぎ、主稜線に出た。
イメージ 43

五竜山荘はもうすぐそこ。
イメージ 44

■14時35分
到着!
イメージ 1

日曜日というのに、混雑している。
イメージ 45

夕食までまだ時間があるので、
山荘前のベンチでおやつにする。
聞けばダンナは
クサリ場を過ぎたあたりから、
シャリバテだったらしい。
真っ白なうえに、寒いので早々に退散。
イメージ 49

受付前でグッズを見たりして時間をつぶす。
こんなサービスがありました↓
イメージ 46

イメージ 47

■17時20分
指定時間より早めに夕食の順番がまわってきた。
今日の夕食は4回戦までだって!
あわただしい。
イメージ 48

夕食後、あきらめていた夕焼けが
ちょこっと見れた。
イメージ 50

夕焼けがバトンタッチしたのは、
五竜の頂に浮かぶ月。
イメージ 51

この後、天気は急速に回復。
五竜から湧き出た天の川は、
唐松の向こうまで悠々と流れていた。

明日を期待して、早めに就寝。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事