ゆばあば通信 温泉紀行

お菓子作りに食卓もよう、ときどき旅。温泉大好き夫婦がこれまで訪問した温泉旅館をご紹介します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

秋の連休はまたまた箱根に行ってまいりました。

今回は箱根湯元から100円のマイクロバスに乗ること5分
塔ノ沢にある山の茶屋。

つり橋を渡ると(車も渡れる)竹林の中に全20部屋ぐらいのレトロな感じの旅館があって階段をのぼると池には鯉、雨が止んだばかりの竹林はしっとりとしていいかんじ。この竹林は駅までの道に続いていて、晴れていれば散歩もできる。

リニューアルしたばかりだから館内はどこもかしこもピカピカたけど部屋の窓には、岩風呂の一部になっている巨大岩が迫っていて圧迫感が…

部屋のテラスにはなぜか猫足のバスタブがつけられていてお湯はかけ流しの良質なんだけどミスマッチ。対岸にはホテルらしきものがあって人目が気になるのでテラスのお風呂には夜入りました。

しかし予想に反して食事がほんとにおいしかった!
松茸と鱧のお吸い物、あん肝の湯葉巻き、鴨、栗ご飯などなど、目にも美しく上品な味。デザートは、柿と黒酢が添えの杏仁豆腐。

塔ノ沢という場所がレトロな感じで、昔の文人墨客がちょっと足を伸ばしてお湯に浸かったところだからおいしい食事の宿が多いのかも。

近くには「福住楼」がありました。
ちなみに、知人夫婦の福住楼の感想はと言えば、食事は極上だけど何せ文化財となる古さ、お化けが出そうな佇まいで夜はトイレに行くのも我慢したそう。ガッツのあるグルメ人はどうぞ〜!

さて、山の茶屋の大浴場は三つあって、露天風呂が二つと内風呂が一つ。こじんまりとしたお風呂だけど、景色は山が迫っていて緑がきれい。バス付のお部屋が少ないのでお風呂は混み気味と聞いていたけど夕朝食前を狙ったら一人きり、ラッキー。のんびり深い緑と山にかかる靄を眺めているとおば様の団体ががやがやと入ってきたので退散。

今回、バスタブのある部屋を指定したら景色のよくない部屋になってしまったが、帰りに他の部屋を覗いたら眺めのよいお部屋もあってびっくり。予約する際には眺めのよいお部屋を、とリクエストすることをお勧め。

私はと言えば、風邪をひいていたけど4回お風呂に入ったら朝には治った!

閉じる コメント(5)

顔アイコン

私も泊まった福住楼 櫻2 そして 林文子のお気に入だった離れお茶室 夜の廊下を歩くのは少し勇気が必要です

2005/10/16(日) 午後 2:07 [ ノリコ ]

顔アイコン

こんどは、料理の写真もぜひ載せてください。

2005/10/16(日) 午後 3:58 [ wad*00* ]

顔アイコン

細かく親切な説明が、うれしいね。 行ってみたいです。 食事の写真ものせてね。 次もたのしみ!

2005/10/22(土) 午後 7:49 [ ふー  ]

ランダムから来ました。箱根はよく行きます!「山の茶屋」宿泊しました。すごい延々と急な階段を上った記憶があります。お料理はとても美味しかったですよね^^

2005/10/30(日) 午前 1:23 なぎっちょ

なぎっちょさん、こんばんわ!ご訪問ありがとうございま〜す♪山の茶屋、ちなみにお部屋はどんなお部屋だったのでしょうか?私も急でしかも段差のちがう階段上りましたあ〜☆ほんとお料理だけは文句なしでしたよね。

2005/10/30(日) 午前 2:06 yub*ba1**7


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事