ゆばあば通信 温泉紀行

お菓子作りに食卓もよう、ときどき旅。温泉大好き夫婦がこれまで訪問した温泉旅館をご紹介します。

山のホテル夢想園(大分・湯布院)

[ リスト | 詳細 ]

畳150畳分ものお風呂は圧巻。
プリンも忘れちゃいけない。
記事検索
検索

全1ページ

[1]

山のホテル夢想園 感想・クチコミ・評価
早いものでもう11月。。。今年アップしてなかった記事をアップしてます。
こちらは、九州は大分・湯布院の「山のホテル夢想苑」に宿泊したときの食事。大きなお風呂とプリンが印象的なお宿でしたっけねぇ〜。
イメージ 1

夕食は掘り炬燵でぬくぬくといただきます。焼物に煮物に。。。
イメージ 2

お肉、と。バランスいいです。さすがのゆばでももう食べられないっていうぐらいの量でした。
イメージ 3

デザートは、きな粉プリン。面白い味でした。ここは喫茶BanBanで食べる自家製プリンもおいしいんだけど、夕食のデザートもプリンなのね。
イメージ 4

朝食は、ログハウスのような喫茶BanBanでしっかりした和食。モグモグ(^¬^*)
イメージ 5

テーブルの木の温もりを感じつつ、食後にコーヒーをすする。朝食にデザートってめずらしくない?モチロン嬉しいですが。
イメージ 6

開く コメント(8)

山のホテル夢想園 感想・クチコミ・評価


さて、湯布院の2泊目のお宿「山のホテル夢想園」の露天風呂でございま〜す。こちらのホテルは、由布岳を一望できる露天風呂がうり。
名物プリンを食べ終わったら、早速、長い渡り廊下を通り、外に出る。広い敷地に、女性露天2、内湯1、男性露天1、内湯1、家族露天風呂2、家族風呂内湯2が点在している。
イメージ 1

ジャジャーン!これが、150畳の広さの女性用露天風呂「空海の湯」です。由布院盆地、由布岳を一望のロケーション。(ホテルのHPの写真を拝借。なぜって、太陽があるうちに写真が撮れなかった…。) 
ウキーッ、ひ、ひろ〜い!今まで行った温泉の中でNo.1の開放感です。
最初この写真を見て、眉つばモノだな、と思っていたのですが、実際に目前に由布岳が迫り、民家は遠く離れている。しかも、こんなに広いのに、入浴している宿泊客の数は、かなり少なめ。少ない時は1人、多くても5人ぐらい。

イメージ 2

さすがに、有名な露天風呂なので、貸切状態になって写真を撮るのは、ムリ?と思いきや、夜になった誰も入浴していないときがありました〜☆

イメージ 3

昼間の露天の感じは、ホテルのHPにある男性露天風呂「御夢想の湯」の写真が、一番本物に近い感じです。

青い空にぽっかり浮かんだ白い雲。由布岳に鳥が曲線を描いて舞い、風に草木がそよぐ。なんとも言えない開放感。男湯から先に上がった夫も、「いやぁ〜、すごいお風呂だったねー!」とちょっと興奮気味。お湯はぬるめ、やっぱりこれだけ広いと冷めちゃうのでしょうか?

イメージ 4


こちらは、家族風呂の内湯。外に札を出して中から鍵をかけてはいります。お湯自体は別府の方がいいですが、広くてどっしりした梁が落ち着くお風呂でした〜。(* ̄∀ ̄*)ふぅ〜

イメージ 5

露天の家族風呂。こちらもかなり広〜い。軽く、関東の温泉旅館の大浴場の露天の大きさ。二人で入るにはもったいないぐらい。

イメージ 6

他にも、100畳の女性専用露天風呂なんかがありましたが、外が寒かったため、そこには行かずに、家族風呂の内湯へ足が向いてしまうゆば夫婦でした。

ここへ行く前に、別府に一泊したのですが、そこの旅館の仲居さんも「ここのお風呂に入って喫茶店でプリンを食べるために夢想園に行きましたよ〜」とおっしゃていました。地元の方にも人気なのですネ。夢想園の温泉は日帰り入浴も可能なので、「空海の湯」は一度は入ってみる価値ありです。

開く コメント(21)

山のホテル夢想園 感想・クチコミ・評価

さて、湯布院旅行のもう1泊は、「山のホテル夢想園」です。
この宿のお目当ては、由布岳を一望できる150帖の露天風呂とプリンでした。展望喫茶のプリンがおいしいと聞き、1週間も前から予約しておいたゆばでした〜""o(`▽´)o""

広い敷地に本館と離れにお風呂が点在しています。こんなに広いのに、お部屋は34部屋と少なめです。

イメージ 1


木々が生い茂り、敷地内はいい雰囲気。

イメージ 2


ロビー脇にある陶器屋さん。すてきな陶器がいっぱ〜い。

イメージ 3


お部屋は山小屋風。遠くに電車が走る音がガタゴトと聞こえます。。。そう、湯布院はこんなかんじのところ。

イメージ 4


2階の廊下のドアを開けてパシャリ。緑が心地よく映る。

イメージ 5


そしてお目当てのプリン~!展望喫茶BanBanのプリンは牛乳と卵の味が濃厚で、とってもおいしい。1日40個限定なので、予約して行った方がいいかもしれません。お願いすると、宿泊客には、プリンをお部屋へ運んできてくれます。甘すぎず、ペロリと食べちゃいました。もう1個いけちゃうかな〜♪

イメージ 6
日帰り入浴も受け付けているので、湯布院へお出かけの際には、ここのプリン、ぜひおすすめです。

開く コメント(22)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事