「生態系とヒトの運命」

夕張市立病院副院長室のブログ から、内容一新

どうなることやら

すべて表示

ダービーマッチでのスタンディングオベーション

12月18日のリーガエスパニョーラ第16節、FCバルセロナはアウェーでのエスパニョールとのダービーで、1-5で勝利した。FCバルセロナのこの数試合での強さは瞠目すべきものであるが、この試合での見どころは両チームのライバル同士らしい堂たる戦いぶりと選手、スタッフ、サポーターの表した互いへの敬意と賛辞の表現であった。特に後半、点差が付き勝負がほぼ決まった時間帯での交代となったFCバルセロナのMFアンドレス・イニエスタに対するエスパニョールファンからの称賛はまさに心温まるものであった。 今年度の世界最優秀選手最終候補の3人に名を連ねるミッドフィルダーは今年のワールドカップ決勝延長戦での劇的なゴールを昨年に心臓発作で急逝したエスパニョールの元キャプテン、ダニ ハルケにささげた。このときのユニフォームの下のシャツに書かれたメッセージによって彼はエスパすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

文明は続くのか

2011/6/29(水) 午前 8:34

人類の文明が地球環境と生態系、生物多様性を犠牲にして発展してきたことは周知である。6500万年前の大絶滅(K-T境界事件)以来の破滅へと突き進んでいるように思っている人も少なくないだしょう。人々はどうゆう選択をするのだろうか。それがこのブログのテーマです。人々を全てを納得させる選択はなされないままに地球環境と生物多様性の破壊は続くのがもっともありそうなシナリ ...すべて表示すべて表示

現実を知らなかった者達は想定を誤ったということも、できるかもしれない。しかし、歴史と科学は津波が起こり得ることを我々に告げていた。だから、より正確には想定を誤ったのではのではなく。我々が事実を無視し、勝手な想定で行動し、墓穴を掘ったのだ。これは「まけいくさ」なのだ。代償はそれなりのものとなろう。 国土をある程度失う事もありうるだろう。いま、国民のために ...すべて表示すべて表示

生命の多様性

2009/10/28(水) 午前 9:03

大型哺乳類の大量絶滅はヒトの狩猟圧が原因のひとつだったのですが、鳥類にも狩猟による絶滅種が多いです。最近は淡水魚や両生類の環境破壊による絶滅が増えているように思われます。環境問題を論ずる時、単にヒトが生存するための環境保全ではなく、3000万種以上ともいわれる種の多様性そのものを崩壊させないことに最終的な目標をおくべきなのです。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事