ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

ヒューゴの不思議な発明 (2011年、アメリカ)

【ジャンル】
ヒューマン・ドラマ
【監督】
マーティン・スコセッシ
【出演】
エイサ・バターフィールド (ヒューゴ)
クロエ・グレース・モレッツ (イザベラ)
サシャ・バロン・コーエン (鉄道公安官)
ベン・キングズレー (パパ・ジョルジュ)
ジュード・ロウ (ヒューゴの父)
レイ・ウィンストン
クリストファー・リー
ヘレン・マクロリー
リチャード・グリフィス
フランシス・デ・ラ・トゥーア
エミリー・モーティマー
マイケル・スタールバーグ

あらすじ

1930年代、パリ。孤児のヒューゴは駅の時計台に隠れ住み、時計のネジを巻く日々を過ごしていた。彼の心の支えは父が残した不思議な機械人形と一冊の手帳。そんな彼の前にある日、機械人形の修理に必要なハート型の鍵を持った少女イザベルと、彼の養父で夢を捨ててしまった老人ジョルジュが現れる……。

感想 (2012年3月10日、109シネマズ富谷にて鑑賞)

第84回アカデミー賞で5部門を受賞し、マーティン・スコセッシ監督の傑作と名高い映画です。
もう一年近く前になりますが、好きな女優クロエ・モレッツが出てることもあって、劇場で3D鑑賞しました。

映画愛にあふれた作品であることは分かったんですが、正直イマイチな内容でした。
日本での紹介のされ方が間違っていたと思うんですけど、まず邦題の「不思議な発明」は「ヒューゴの」開発ではないし、発明品が巻き起こすストーリーではあるけれどファンタジー要素は一切なくて、あくまでもヒューマン・ドラマに終始してるんですよね。
僕が、観る前に勝手な思い込みをしていただけなんですけど、やはり予告編を見ても、少年が活躍する冒険活劇を思い浮かべてしまいます。
でも、実際はそうじゃない。


物語の前半はまだ楽しめたかもしれません。
時計台で暮らす少年ヒューゴ、嫌な老人ジョルジュや堅物の鉄道公安官、そして謎めいた機械人形。
いったいこの人形にはどんな秘密が隠されていて、どんなワクワクする冒険が待っているんだろう?

しかし、後半からは物語の焦点がヒューゴからジョルジュ老人へと移ってしまいます。
このジョルジュ・メリエスという老人は実在の映画製作者で、映画の創成期にさまざまな撮影手法を開発した「世界初の職業映画監督」と呼ばれる人物。
物語は、夢を捨てた老人と、彼と縁の深い機械人形の話になっていきます。

こうなってくると、「ヒューゴの不思議な発明」がますますヒューゴのものではなくなってきちゃうんですよね。
まあ、タイトルごときどうでもいいんですが(少なくとも原題「Hugo」よりはマシだしねw)、その他の点でも「なんかちがうんだよな〜」と思ってしまいました。

むしろサブストーリーの鉄道公安官の方が楽しめたかも。
絵的に見てて面白いし。

イメージ 2

それから自分が無知だったのが原因なんですが、ジョルジュ・メリエスの作品として「月世界旅行」が出てきてこの老人は実在の映画監督の役なんだと分かっても、なんとなくまだ疑ってるんですよ……(笑)
どこかで、この作品はファンタジーなんじゃないか、ここから終盤にかけてもっと盛り上がるんじゃないかって。
でも、結局は盛り上がらないまま、一人の老人の心を救って終了。
それともどこか盛り上がる場面あったのでしょうか……?

監督の映画愛は伝わりました。ジョルジュ・メリエスの映画への情熱も分かったし、スコセッシ監督が彼を尊敬していることもよーく分かりました。
でも、その映画愛というのが、最大のネックでした。無知な僕には映画そのものを愛でる感情がよく分からない。メリエスの映画に歴史的価値以上の感慨を持てないんですよね。

映画愛といえば「ニュー・シネマ・パラダイス」も映画愛にあふれているとして評価が高い映画。
しかし、僕はこの作品もあまり良いとは思えませんでした。むしろ退屈でした。
果たして僕には映画愛とやらが欠けているんでしょうか?知識はそんなにないですが、見たい映画はたくさんあります。映画好きであることは間違いないと思います。

……ということは、映画愛ってのは所詮監督のひとりよがりなんじゃないかって思うんですよね。

  • 自分はこの映画から「映画愛」を感じた口です笑。
    これ、自分は映画館で3Dで見ました。
    過去の「月世界旅行」を3Dで見せるという、堂々としたアイディアがまず素晴らしかったと思う。
    また、この現実の技術と、過去の映画の良さを合わせるっていうのは、まさに現代じゃなきゃできません。
    今の人たちにも、「映画を見に来てほしい」っていう、スコセッシの巨匠ゆえの責任感を見せた映画だった気がして、自分は納得しましたね。

    WANTED222

    2013/2/11(月) 午前 1:05

  • WANTEDさん
    映画通であるかどうかで感想変わってくるみたいですね……。
    まだまだ映画ファンとして未熟な自分です。
    映画の歴史と3Dの融合はたしかに他にない試みでした♪
    でも、「映画館へ足を運ばせる」には娯楽として楽しめないと、映画がマニアだけのものになってしまうし、この映画はワクワクの冒険を期待させてそれがないのでがっかりなんです……(^^ゞ

    [ ゆけち。 ]

    2013/2/11(月) 午前 11:59

  • 映画史の勉強にもなりましたし、仮にジョルジュ・メリエスの物語じゃなかったとしても、個人的には高評価になったかもしれません♪
    映画愛に関しては難しいですね…。
    そればっかりは、と言うかまぁそれを言い出したら映画そのものも全て個人の感性次第になっちゃうんですけど、僕はYuckeさんが映画愛がないとは思いませんけど♪

    TBお願いします♪

    れじみ

    2013/3/10(日) 午前 7:29

  • れじみさん
    まあ、これは完全に僕が見方を間違えたんですよね(笑)
    タイトルや予告編、3月という公開時期から勝手にファンタジー・アドベンチャーだと決めつけて、柔軟に見れなくなっていたんです。
    ファンタジー映画への愛をもって映画館に行ったら「ファンタジーじゃないじゃーん!」ってなってしまって。ニュートラルな立場で見れなくなっていました。

    TBありがとうございます♪

    [ ゆけち。 ]

    2013/3/10(日) 午後 4:16

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事