ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

ピンポン THE ANIMATION
第2話「スマイルはロボット」

感想

第2話はなんか息もろくにできずに見入ってしまって感じで、気づいたら終わってました。
面白いのかなんなのか……、いやスマイルのロボット発動の所は面白かったです。
あそこは原作には無い描写ですよね。

ていうか、前回のレビューで「原作に忠実」と書きましたが、ようやく原作漫画を押入れの中から見つけ出して読み返してみたらいろいろ変更点はあるんですね。
まず前回の孔文革の半分キレながらのペコとの試合。原作では孔はまったく怒ってないんですよ。
孔が自分の境遇に怒りを燃やしながら打つのはもっと後の話だったようで、後のエピソードを初回に持ってきたために、インパクトのあるアツい回になったんではないかと。

イメージ 10

イメージ 4

他にも、スマイルが移動中に遊んでいる携帯ゲーム機ですが、原作ではルービックキューブなんですよね。
ゲーム機にどんな意味を持たせているかによりますが、単に「最近の子供ならゲームだろ」ということで変えたのなら、これは改悪じゃないかなーと思います。
まあ、なんとかあのゲーム機に意味を見出したいですね。

イメージ 2

今回はドラゴンこと風間竜一も登場しました。
「皆無ですドヤア」が見れたのは満足ですが、小泉先生の「『皆無です』だっての……、ガキがッ!」も見たかったどうせなら。

でも一方でより乙女モードな小泉先生も見れたという……(笑)

イメージ 3

イメージ 5

なんといっても後半のスマイルVS小泉がアツかったですね。
原作組には途中までは予想の範囲でしたが、終盤のロボット覚醒は意表を突かれたんじゃないでしょうか?
スマイルがバタバタ走るカットは戦慄ですよ、ハッキリ言って怖い(笑)

イメージ 6

イメージ 7
イメージ 8

第2話でスマイルをあそこまで飛ばしてしまって、逆に終盤このアニメはどうなるんでしょうね?
なんか原作を軽く飛び越えて行きそうな気がしてワクワクしてますよ私。

イメージ 11

イメージ 9
「布団ないでしょ、そこ」

ペコに対しての「先に行くよ」の意味が二重の意味でイイ。
スマイルは言葉通りの意味で言ったと思うんですが、ペコには「僕は次のステージに行くよ」って……格下だと思ってたスマイルに追い越されたように聞こえたんだろうなーと思いつつ……。

この記事に

  • 顔アイコン

    こんばんは。
    細かな点は結構変わってるんですね。
    本当に熱い展開になって、今週は内容が濃かったです。

    ハニー先輩

    2014/4/20(日) 午後 9:44

    返信する
  • ハニー先輩
    そうなんですよ。原作漫画読んでみたら今回の展開は一巻で描かれているんですが、けっこうユルユルと描かれてるんですよね。
    アツい展開にしたのはアニメ製作陣の手腕ですね!

    [ ゆけち。 ]

    2014/4/21(月) 午後 8:22

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事