ポタリング

すべて表示

手賀沼とあけぼの山農業公園のヒマワリ

7月27日(金)
 
災害的猛暑もようやく一息ついたので、久々の出動。今日はお気に入りのコース、手賀沼とちょうど見頃を迎えたという あけぼの山農業公園のヒマワリを見に行くことにする。

手賀沼の東端、手賀曙橋近くの駐車場から10時に出発。
まずは手賀沼の北側(我孫子市側)の遊歩道をゆっくりと進む。
イメージ 1

台風が接近中とのことで、青空でないのがちょっと残念だが、気温も低く風もあるので、これまでの猛暑が嘘の様に快適そのもの。
イメージ 2

イメージ 3

手賀沼親水広場「水の館」で、お約束の展望台からの景色を楽しむ。
イメージ 4

手賀沼公園
イメージ 5

景色を撮影するために自転車を降りると、すぐに鳩が寄ってくる(^^;。
イメージ 8

手賀沼のほぼ西端、根戸新田の交差点を右折し、あけぼの山を目指す。
この県道7号線は道が狭く、路肩はほぼ無し、歩道も狭く自転車には不向きな道。
交通量は多く、上り坂なのも気が抜けない。
イメージ 6

布施入口交差点を右折し、布施弁天通りに入ると古くからの農家など、懐かしい田舎道の趣きとなる。
イメージ 7

イメージ 9

布施弁天を通り過ぎ、あけぼの山農業公園に到着。
満開のヒマワリが目に飛び込んできた。ヒマワリ畑は1.2ヘクタールの広さがあるという。
イメージ 25

ヒマワリの見頃は1週間ほどと短く、時期を過ぎると頭が下を向いてしまうとのこと。
昨日満開になり、今がちょうど見頃だ。
ここには4月のチューリップの時期には何度も来たことがあるが、ヒマワリは今回で2回目だ。
イメージ 26

イメージ 27

う〜ん、やっぱり青空の方が映えるね。
花が風車の方を向いているのが何とも残念。逆だと絵になるんだけどなぁ〜(笑)。
イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

ハス池では蓮の花もちらほら。
イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

公園のホームページに紹介されていた珍しい花を見るため、今回は園内の温室にも立ち寄る。
イメージ 13

入口付近にある「ソテツ」はなんと花を咲かせている。10年に1度という珍しい現象とのこと。
イメージ 14

イメージ 15

ストレリチア」。
別名「極楽鳥花」。美しい鳥の横顔のように見える。
イメージ 16

イメージ 17

コウモリラン」。
葉がコウモリの羽のように見えることが名前の由来。
葉が鹿の角:ビカクに似ていることから和名では「ビカクシダ」と呼ばれる。
イメージ 18

公園を出発し来た道を戻る。
イメージ 20

5kmほどで手賀沼に戻ってきた。
北柏ふるさと公園に入ると、セミの大合唱が聞こえてきた(笑)。
イメージ 19

ふるさと大橋を渡り、手賀沼の南側(柏市側)の手賀沼サイクリングロードへ。
広々とした手賀沼サイクリングロードは、いつ来ても走りやすく、景色も良くて最高!
イメージ 21

ハス群生地
イメージ 22

白鳥の休憩場を発見!?
イメージ 23

13時を過ぎると少し日差しが出てきた。
イメージ 24

13時30分、出発地点の駐車場に戻ってきた。
 
今年は例年より早い梅雨入り、そして梅雨が明けると同時に異常な猛暑が続き、1カ月以上走れずにいた。久々に走り、バテてしまうかと思ったが、快適な陽気とお気に入りのロケーションに助けられ、気持ちよく走ることができた。例年であれば、これからが夏本番。“平成最後の夏”はあと何回走れるかな?
 
走行距離 29キロ
トータル 10575キロ

.


みんなの更新記事