過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

東京ど真ん中

10月16日(木)

今日は予報では降水確率0%、文句なしの秋晴れになりそうだ。
今回は「新版 東京周辺自転車散歩」から“東京ど真ん中”のコースを走る。

輪行にてJR東京駅へ。10時30分、赤レンガの丸の内中央口からスタート。
和田倉門を右折。イメージ 1

皇居の周りは何度か走った事があるが、せっかくなので今回は大手門から皇居東御苑へ。イメージ 2

都会の喧騒から隔離された独特の雰囲気の中、江戸城を偲ぶ。
外国人観光客の姿が数多く見られる。あちこちに見られる巨大な石垣が目をひく。

天守閣跡。1607年(慶長12年)に完成した天守閣は高さ57m。
金色のシャチホコをいただく5層建てだった。
イメージ 3

明暦の大火で消失したあとは再建されず、現在は台石だけが残っている。
イメージ 4

香淳皇后の還暦記念として1966年(昭和41年)に建てられた音楽ホール、桃華楽堂
イメージ 5

再びブロンプトンに乗り北桔橋門から北の丸公園へ。
日本武道館をバックに・・・。
イメージ 6

田安門から公園を出ると東京湾の漁船の目印だったという常燈明台がある。
イメージ 7

千鳥ヶ淵緑道を通り国会前から皇居を離れる。
三宅坂からの眺め。
イメージ 8

国会議事堂
イメージ 9

見学の団体客が中から出てきた。機会があれば1度見学してみたい。
イメージ 10

山王坂を下り日枝神社へ。江戸三大祭に数えられる神幸祭が2年に1度開催される。イメージ 11

1878年(明治11年)に大久保利通がこの付近で暗殺されたという紀尾井坂を上り
迎賓館の周りを進む。

神宮外苑イチョウ並木。146本の木が9m間隔で植えられているとの事。イメージ 12

あと1ヶ月もすると見事な落葉が見られる事だろう。
イメージ 13

吉田茂、志賀直哉など著名人が多数眠る青山霊園の桜並木を抜ける。
イメージ 14

岡本太郎記念館の近くでは駐輪中のブロンプトンM3Rに遭遇。イメージ 15

イメージ 16

青山、広尾辺りは外国人の姿が目立つ。
麻布の素敵な花屋さん。
イメージ 17

有栖川宮記念公園で昼食。
六本木から外苑東通りを進み東京タワーの正面へ。
イメージ 18

イメージ 19

増上寺総門前から日比谷通りで東京駅方面へ。
イメージ 20

帝国ホテルの近くにはかつての鹿鳴館跡が。
イメージ 21

程なくスタートした和田倉門まで戻ってきた。ここまでで約30キロ。
今日も帰りは自走の予定。
帰路につきつつ平将門の首塚に立ち寄る。
イメージ 22

その昔、下総の国で滅んだ将門は京の都大路でその生首をさらされた。
その怨念で京から生首が白光を放ってここに飛来してきたといわれ、現在でも将門塚保存会が
供養をし続けている。驚いたのは見学していたわずか数分の間に、30代くらいの若者が
次から次へと訪れて手を合わせていた事。
イメージ 23

御徒町のワイズロードを見学し、江北橋から荒川サイクリングロードに合流。
日がだいぶ傾いてきた。今日はうっかりライトを忘れてしまったので大急ぎで帰る。
イメージ 24

岩淵水門。イメージ 25

5時を過ぎると一気に暗くなる。幸魂大橋まで来た時はすっかり暗くなってしまった。
5時50分無事自宅到着。イメージ 26

今日は風も無く良い天気だったので、気持ち良く走る事が出来た。
このコースは坂が多く距離が短い割には疲れた。だいぶ涼しくなってきたので今日は
ディパックで出かけてみたが、走るとまだ背中に汗をかいてしまった。
うっかりライトを忘れたのと同時に、愛用のブルックスのズボンの裾止めも忘れてしまい
走りづらかった。



ここ最近輪行時に前輪のフックがいつの間にか外れてしまって、持ち上げた時に慌てる
場面が何回かあった。入念に清掃をしながら観察したら樹脂製のフックが途中から折れて
しまっていた。かつて縁石にぶつけた記憶もあり、破損した模様。

ワイズロード志木には補修用のパーツがあったが必要の無いステーも付属しているので、
今回はSJS CYCLES.COM にてパーツのお取り寄せ。海外通販でも約1週間で到着。
早速取り替えたらすっかり元の状態に戻った。これで安心して輪行が出来る。
ここはブロンプトンのパーツをかなり細かい物まで扱っているので、重宝している。

交換前。
イメージ 27

交換後。
イメージ 28



走行距離 64キロ
トータル 3109キロ

開く トラックバック(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事