雄岳急行通信

雄岳急行(ゆうだけきゅうこう)と申します。雄岳の由来は「言うだけ」です(^_^;)
GW前、山陽電鉄6000系の第二弾増備車3連×3本が相次いで完成、搬入され、営業入りも間もなくの気配。

自分の場合気になるのは、新車よりも入れ替わりに引退する車輌たち。
単純に考えると、新車と同数の車輌が引退を迎える訳で、長年親しんだ車輌たちの最後の活躍ぶりをやはり記録しておきたい。

ということで、絶好の天気に恵まれた公休日の朝、下界へ下りて久々に線路端に佇んだ。

イメージ 13




この界隈には、かつて国道上を走っていた時代のレールを流用したと言われる架線柱(支持物)が現役で残っている。

イメージ 5


今回初めて、ちょっとじっくり観察したり写真撮影したりしてみた。

イメージ 3

イメージ 4


専ら道路との併用軌道に使われる「溝付きレール」と言われるもので、そのレールを2本背中合わせに、底部を擦り合わせてリベットで留めたものが一組で支柱となっている。

イメージ 1

イメージ 2


隣り合った二組の架線柱の溝付レールを見比べてみると、何やらかなり断面が異なるように見えたが、この腐ったポンコツ頭には3D的に回転させた像を想像することは難しい。
ちびて(摩耗して)変形したものなのか、初めから異なる規格のレールなのか・・・
 


さて、お目当ての車輌が動いているかどうかは運次第! 果たして如何に・・・


8:02
4/15に営業入りした、この時点では最新車輌

イメージ 6


8:07

イメージ 7


8:14

イメージ 8


8:54

イメージ 14


9:18

イメージ 9


9:34

イメージ 10


10:18

イメージ 11


11:15

イメージ 12



結果は、経年が高く、かつ更新(リニューアル)が行われていない、次期引退候補と目される車輌編成がひと通り現れてくれるという、嬉しい朝となったようだ。
まずは、有難う神様〜!(こんな時だけでスンマセン……(´д`|||))



電化に併せて重軌条化した際に発生した不要レールを活用した架線柱は、かつて結構アチコチで見られたものだが、溝付きレールを使ったものはもしかしたら珍品の部類なのかもしれない。

山電の明石以西に見られる神姫電鉄開業時のアングル材組立による架線柱は、コン柱化により数を減らしつつあり、ここの溝付きレール架線柱もけっして予断を許さないような気がする・・・

イメージ 15



鋼製架線柱こそ「電鉄」のシンボルである!、と信じてやまない自分にとっては寂しい話ではある。

そう言えば、かつて山電では、踏切付近に「鉄枕木」が使われているのを見ることができたのを思い出した。きっと、もう遠い昔の出来事なのかもしれない。




てな感じで締め括ろうと思っていたら、ぬぁんと昨16日、3004及び3200編成の“引退興行”がプレス発表されたではないか!
つまり、図らずも、自分はこの日の撮影が普段着姿の彼らとのお別れとなったのであった。

イメージ 16



しかし、系列や形式消滅とかでないにもかかわらず、車輌ごとに餞のセレモニーを用意してくれる会社って、なかなか無いように思います。長年労苦を共にした車輌たちへの愛情が感じられます。有難うございます。そして、お疲れさまでした。



撮影日 2017年4月28日



♪オ マ ケ

イメージ 17

リバーサルフィルムを使い始めた頃の記録を試験的にスキャンしていた画像です。よくよく見たら、なんと今回引退する当該編成でした!
よって、追加アップさせて頂きます。
たぶん、1978〜1979年頃の撮影かと思います。(暫定)





2017.5.17

この記事に

開く コメント(5)

ドケチもんの自分としては、わざわざ交通費を使ってまで花見に行くことは考えられない(-_-;)が、勤め帰りや用事のついでの“行き掛けの駄賃”では今年の桜はそこそこ楽しませてもらった。


泊まり勤務明け、自宅最寄り駅からちょっと遠回りをして、桜がそこそこ並木状態の道路でしばしバスを撮影。(4月13日)

イメージ 4


イメージ 5



背後にクルマ接近の気配・・・
腰を捻って振り向くと・・・


イメージ 6


ぬあんと右折しようとするバスは希少な「キュービック」ではあーりませんか!!!

思わずビックリで尻餅をついてしまった(*_*;が、何とかズーミングをしてシャッターを切る。
ちゃんとピントは来ていて一応撮れているところは、今のカメラのオートさまさまである。


イメージ 7



「キュービック」というのは、かつて一世を風靡したバスの商品名で、特徴的な前面と隅の窓ガラスの形状から、トーシロな自分にも容易に見分けがつく(^○^)

↓ このFacebookの記事によると、同社に残る最後の1両とのこと。
https://m.facebook.com/sanyo.railway/posts/1182539718501604:0



キュービックとの遭遇には実は前段がある。

4月1日はダイヤ改定初日で、もしもの拾い物に備えてカメラを携帯して出勤。

そして駅前に着くと、早速目前をまさかのキュービックが過る!(°Д°)

こうなると、もう出勤列車を遅らせるしかない!(遅刻はしません(^^))

イメージ 8

ガンマンの如く振り返りながらカメラを構える (←あほオタ丸出し!) が、特徴的な前面が見える角度ではピントが追い付かず……(ToT)


ところでこのキュービック、神戸市交でもかなり使われていたらしいが、自分には全く記憶にない。
興味がないとはこーゆーことか(←一般人が鉄道を見る感覚)と独り合点。
自分が小3の時分に登場した新車以来、バス外観の変化はつい最近まで無関心であったのだ。(因みに、小3時の新車は「西工カマボコ」と呼ばれていると近年知る(^^))




基本的に自分は「方向幕車しか撮らない」(←どこがや!)ということで、気になるのは4/1以降の方向幕車の動向。


右の120系統は改定まで222の運用だったスジ

イメージ 9


イメージ 10


4月10日朝退勤時に駅前に方向幕車(222)を発見!
ナゼかカメラを持参してたので、早速撮影。
ついでに駅前の桜が見頃なので背景にしばし撮っていると、209と208も相次いで登場! ということは、落合営業所の方向幕車全3両は4/1以降も取り敢えず生き残っているのだ\(^o^)/

イメージ 11




上の写真の209は実はココで撮りたかったのだが間に合わず……(ノ_・,)

イメージ 16



翌日(4月11日)は公休日だったので、前日と同じスジ(運用)に方向幕車が入るのでは?と期待して、桜と絡めて撮るべく雨と強風の中出撃するが、そうは問屋が卸さなかった〜(。>д<)(´д`|||)

イメージ 12




イメージ 13

4月13日にはコイツもキャッチ!
後ろからやって来たのによく気が付いた、と自分を褒めてやりたい(→アホf(^_^;)
この後現れなかったが、果たして固定運用なのだろうか?





春彼岸の墓参りも例によって遅れに遅れて、週間天気予報を見て「この日しかない!」(←何がや)とやっとこさ重い腰を上げる。(4月14日)


イメージ 1

ラッキーにもコイツが終日走る運用に入っており、超定番地ではありますが好天の下で桜とともに記録できて有り難い限り。思わず神に、いや先祖に感謝!(^_^)v


イメージ 2

架線柱(電線支持物)のリニューアル完了区間で


before (2016.9.27)

イメージ 15


after (2017.4.14)

イメージ 3



塗装がハゲハゲの信号柱や駅施設とかを目の当たりにすると、なんか悲しい気持ちになってくる。やはり車輌ばかりでなく、施設の維持・改良が地道に行われていることが、企業の健全度の1つのバロメーターになるのではないだろうかと思う。



イメージ 14

長らく工事が続けられていたアンダーパスも、つい先日から供用開始とのこと。


イメージ 17

奇しくも、実家団地と同日(昨年9/29)に閉店した駅前のスーパー跡



 キュービック、急に現れびっくらぽん

 (→お粗末(..))


2017.4.17

この記事に

開く コメント(4)

新年度勤務割変更の移行期間に連休が発生したので、母親からの使役依頼とともに企みもあって実家へ。


今回(往路)は西神中央・押部谷経由神鉄で。

4/1を生き延びた西神営業所の方向幕車

イメージ 6




う〜ん、まだちょっと早いかなぁ……(ノ_・,)

イメージ 7




駅近くのちっちゃな神社
正月に来れなかったので、今更ながら初詣(。´Д⊂)

イメージ 8

イメージ 23




イメージ 24




団地の生命線だったスーパーは昨年9月29日で閉店(ノД`)

イメージ 25





オカンのリクエストで(^◇^)

イメージ 9


イメージ 10





遠景ではほとんど目立たんなぁ……(;_;)

イメージ 11



月並みな構図ですが……(^_^;)

イメージ 12


イメージ 13



1時間1往復だと撮影には暇をもて余すが、花見鉄だとちょうどエエぐらいかも。来シーズンには是非実現したいものだ。

イメージ 14




どなたかが種を蒔いたのか?

イメージ 15



イメージ 16




出口の向かって右側には「パルナス」のちっちゃな売店があったなぁ

イメージ 17



やっぱりシャッターを押してしまう

イメージ 18



イメージ 19


イメージ 20





近所の工業団地内のホテルで両親、妹と昼食

イメージ 22


自分にはクルマがないので、嫁に行った妹に毎度面倒を掛けており、面目ない限り……


イメージ 21

認知症の父だが最初の食欲はある





台所の流し下を掃除していて、こんな“新兵器”が装備されていたことを、入居40年目にして初めて知る(|| ゜Д゜)

イメージ 5




肝心の急ぎの捜し物は見つけられなかった(爆)が、余計なブツ(お宝?)は色々と発掘され、現存が確認できたことはそれはそれで善しとしておく(/ω\*)

イメージ 1

イメージ 2




なんかの頭に付けられてたマークと同じデザイン (当然か……)

イメージ 3

イメージ 4




結局、行き掛けの駄賃(実は本命)のサクラにはちと早く、捜し物も発掘できず、ほぼタダ飯食らっただけで帰るのであった。




撮影 2017年4月5〜7日


2017.4.8

この記事に

開く コメント(4)

門出を祝う\(^^)/

好天に恵まれた昨日は、賄い(タダ飯)に釣られて、親友のご子息の進学に伴う引っ越しを手伝ってきた。


イメージ 2



関東では既に満開の報が聞こえるが、当地は近年では少し遅れ気味で、ちょうど入学式の時分に見頃を迎えそうだ。


イメージ 1


ご子息(以下、「彼」)の新居は、学校まで徒歩1分。



イメージ 23


イメージ 3


貨物線廃線跡まで徒歩2分。




父上は自分の鉄友なのだが、彼も無事一人前の“鉄”に成長し、後継者不足の斯界において(今のところ)未来を嘱望される存在である。父上が模型中心なのに対し彼は実車中心であり、今風に言うところの「撮り鉄」「乗り鉄」である。

イメージ 4

何はともあれ、まずはオメデトウ!(^^)/



父上が直営輸送2往復目の間、自分はせっかくの好天なので恒例“行き掛けの駄賃”で付近を散策する。




JRまで徒歩5分。

イメージ 5


彼の言う通り205系はよく見かけたが、特有の1000番台車は留置されたままとのこと。


イメージ 6


イメージ 7


事故で抑止がかかってしまった唯一見掛けた103系。写真右手が彼の通うことになる学部。



彼によると、南海高野線まで徒歩10分程度とのことで、晴れが続いていたので足を延ばすことに。なお、南海も今月から「昼間点灯」を始めてると教えてもらう。


イメージ 8

で、いきなり現れたのがコイツ

イメージ 9

窓ガラスが全面遮蔽されとおり、何の秘密団体貸切か?と思ったが、これで営業スタイルであると後で彼に教えてもらう。


イメージ 10

「みさき公園開園60周年」記念ヘッドマーク付

イメージ 11


イメージ 12

6000系も健在!
トップナンバーもやって来たが、ナンバ側で油断していて撮り逃がす(T-T)




イメージ 22


遠里小野と書いて「おりおの」と読む難読地名と知る

イメージ 13





イメージ 14


イメージ 15



川下側からは更に阪堺電軌が鉄橋を渡る音も聞こえてくるではないか……

自転車でもあれば、自宅からタダで鉄しまくれる、自分でも羨ましいばかりの抜群の立地条件!
まさか志望理由がそれ(だけ)ではないでしょうが(^w^)(^w^)・・・

イメージ 16






賄いは自分の希望でココ

イメージ 17


イメージ 18

イメージ 19

ごちそうさまでした〜(*^^*)

悲しいお知らせ(左)

イメージ 20






イメージ 21

解体の足場が組まれつつある歴史的瞬間に遭遇(/_;)/~~




この4月1日、国鉄が民営化されて満30年を迎えた。
30年前のこの日、就職して5年目に突入した自分は、地方機関から初めて中央に異動となり、その初出勤だった。
不安一杯と微かな期待を胸に交錯させて出勤途中に通り掛かった新生JR三ノ宮駅で、山口百恵の『いい日旅立ち』が構内に流されていたのをふと思い出した。


2017.4.3

この記事に

開く コメント(3)

今日の放送(第143回)

ラストシーンの明美ちゃんと英輔のやり取り(台詞)、良かったです〜♪( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

自分も参考にしたいですね、来世では……(爆)



イメージ 1


さて、神戸市交とシティ・ループの「べっぴんさん」ラッピングバスも放送終了までとのことなので、気が付けば残すとこ十日あまり!

昨日は現職同期会(昼飲み)が11時からあり久々に下界へ。
このチャンスを逃すと、わざわざ撮りに行くことは自分のグータラ性格ではなさそう(-_-;)

泊まり勤務明けで、三宮到着は9時40分頃。
阪神元町10時48分に乗らないと同期会に間に合わないので、許される時間は1時間!
果たして、この間に目的を果たせるのか?


イメージ 2

最初にキャッチしたのは、今日の放送で主役だった明美ちゃんの 642「とあろーど」
(自分にはどうしても「権田原美帆」のイメージが付きまとう……f(^_^;)


イメージ 3

ドアの無い側のデザインは共通
644「かざみどり」



イメージ 4

京町筋まで来たが、中央分離帯があって上手く撮れず   641「はなどけい」
トラックに邪魔されたが、よく見ると神戸らしくてコレもまた良し(^^)v


イメージ 5

そして帰宅後に確かめると、シティループ唯一の直筆サイン付だった(@_@)




イメージ 22

644「かざみどり」は君枝ちゃん

イメージ 11




で、シティループはそこそこやって来るが、交通局の一般路線バス車のラッピングは1両しかなく、見れたら儲けもんと思ってたら・・・





イメージ 6

1本浜手の道を西に過るバスの横っ腹には・・・\(^o^)/\(^o^)/
(局番「123」というと、小学生時代の白鶴美術館行ボンネットバスを自動連想してしまう。)



やったー!とばかり、折り返しを狙うべく元町1丁目へと急ぐが、肝心の車がなかなか現れないではないか・・・

そう、ここで折り返しの92系統ではなく、中突堤まで行く90系統に入っていたのだった゜゜(´O`)°゜

バス停の時刻表を見ると、1時間1本の次の90系統は「10:41」!
時間通りに来れば、阪神元町10:48には間に合いそうだ(^_^)v


イメージ 7

『日東館書林』は忘却の彼方……

見にくいですが、コレにも直筆サイン付です

イメージ 8


イメージ 10


イメージ 9

バックの『末積製額』の一画だけが50年の昔を偲ばせる





イメージ 23




イメージ 12


新開地駅地下1階駅ナカの喫茶店が今月末で店仕舞いすることは新聞記事にもなったが、隣の『洋菓子のヒロタ』も一足先に15日で終わっていた(ToT)

イメージ 13


イメージ 14


イメージ 18







イメージ 19

イメージ 20

六十前後のオッサン達には、正直量が多過ぎた〜(≧∇≦)

イメージ 21


かなり延長サービスしてくれたが、いやしい自分でさえギブアップ( ´△`)

イメージ 24








コレも忘れず見に行きたいのだが、果たして会期中に山を下りるついでが発生するのやら・・・

イメージ 15




大団円というよりも、坦々と最終回を迎えそうな朝ドラ「べっぴんさん」。

あの四人娘を、髪型と服装でそれなりの「中年」に見事に変身させたマジックには正直敬服させられた。

ただ、多くのシーンでの室内の電灯スイッチの配管が、亜鉛パイプの露出タイプだったことだけが自分では気になって仕方がなかった。自分はやはり当然「埋め込み」タイプであるべきで、その方がセット作りもずっと楽だと思うのだが。





$ オマケ

偶然キャッチできた、この19日から市内定期観光コースにデビューしたばかりの「スカイバス」

イメージ 16


阪急の仮設駅舎は姿を消し、いよいよ新しいランドマークの建設が始まる

イメージ 17




2017.3.23

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事