全体表示

[ リスト ]

鬼石神社と祇園祭り

「鬼石祇園祭り」
以前はこの名前で行われていましたが、
昭和50年、宗教色があるとの理由で
「鬼石夏祭り」と名称が変わりました。

以下、鬼石町誌(昭和59年10月1日発行) 
P−1406 祭礼行事より引用。

鬼石の祇園(天王様)は鬼石神社に合祀されて
毎年14日・15日と2日間盛大に行われる。

起源は江戸後期頃より始められ
当時は花車として台車にそれぞれ竹細工に紙の色花を作り
賑やかにかざり付けた、所謂(いわゆる)万灯型で笠鉾である。

相の道・中町・下宿(本町)と3台のねり物が揃って鬼石神社へ登上した。
その頃は2年か3年に一度くらい出されており、見上げるほど
高い鉾で、作りも立派であったという。

明治中期頃まで神社参道に平行して北側に
9尺(2,80メートル)の付道が出来ていた。

ねり物は鳥居をくぐる事が出来ないため作られたもので、
これを山車(だし)道、または御神馬道と呼んで親しまれたが、
現在はその後形もみられない。

*祇園祭りの祭神「牛頭天王」が合祀された年号の
記述はありませんが、
鬼石祇園祭りの始まりを江戸後期とした理由には、
仲町の社(やしろ)に在る、
文政8年の棟札の存在があると思われます。

左手前が仲町の社です。
(現在は取り壊され、棟札等は仲町山車蔵へ移されました)

イメージ 1

*見上げる程、高い笠鉾・・・見たいものですね〜。
                   (無理か〜

*それから、山車道(御神馬道)の存在。その形跡は
 是非確かめたいと・・(後日です〜

イメージ 2














この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ブログ巡り中にお邪魔します!
お知り合いのブログからリンクをしてここにたどり着きました(*^_^*)
やっぱりヤフーブログはステキなブログが多いので見ているだけで楽しいです♪
私もあなたの様に魅力あるブログ、ブロ友が出来るように頑張るので一緒に頑張りましょう★ 削除

2015/5/25(月) 午後 1:57 [ 貧乏からセレブへ逆転人生♪ ] 返信する

> 貧乏からセレブへ逆転人生♪さん
ご訪問&コメントありがとうございます!!これからも宜しくお願い致しますm(__)m

2015/5/26(火) 午前 8:35 [ 鬼石夏祭り応援し隊 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事