自然栽培トマトの小黒農場

今シーズンのトマト発送は8月中旬からとなります。

全体表示

[ リスト ]

しいたけの植菌

標高の高いこの辺りでも、近頃の暖かさで雪がすっかり消えました。
まだ茶色一色の山ですが確実に春がやって来ているのを感じます。
 
そろそろいいかなと思い、先週しいたけの植菌を行いました。
主には自給用です。
12月に切ったナラ、クリの木を使用しました。
太さは腕くらいのものから胴体ほどあるものまでまちまちですが、90cm長さのものが合わせて50本弱。
 
種菌の形は色々ありますが、素人でも作業が簡単でお手頃価格の種駒を使いました。
この駒一つ一つにしいたけの菌が棲みついています。
イメージ 1
 
まず原木に専用ビットで穴を空けて、
イメージ 4
 
その穴に種駒を一つずつトンカチで叩いて入れていきます。
たくさん入れれば菌の回りも早いと思いますが、目安量があります。
10cm太さ×1mの原木に30〜40程度だと思います。
イメージ 2
 
幼稚園の休みの日なので子どももやりたいと言って寄ってきましたが、
15分くらいで飽きてどこかへ・・・
イメージ 3
 
植菌したもの(ホダ木と言います)は家の西に寝かせて積んでおきました。
適度な湿り気を保ち、直射日光を当てたくないので上にコモを掛けておきます。
夏までは適当に散水して湿り気を保ち、菌が回るのを促します。
秋以降はこの山を崩し、斜めに立て掛けてきのこが出るのを待ちます。
 
このホダ木から本格的にしいたけが発生するのは来年の秋からになります。
まだ1年半後の事ですが楽しみが増えました。
 
既に植菌してあるホダ木からもそろそろしいたけが出てくる時期です。
春と秋、年に2回の楽しみです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事