自然栽培トマトの小黒農場

今シーズンのトマト発送は8月中旬からとなります。

全体表示

[ リスト ]

長引く事が懸念されていた今年の梅雨も例年通りに明け、いよいよ夏本番です。
標高1,200mの農場は日差しが強く、直射日光の下で作業をするのは大変です。
でもトマトの管理作業が大詰めを迎えている今、そんなことも言っていられません。
 
平均的な畑の現在の様子です。
低温による生育の遅れが心配でしたが、例年通り元気に育ってくれています。
イメージ 1
 
この畑は過去2年トマト連作をし、樹勢が落ちてきたので昨年は大豆を栽培。
昨年は8月9月の雨が極端に少なく、大豆の実がほとんど入らない状況で、大豆の収穫は本当に少なかったです。
反面、実が入らなかった分、窒素消費をしなかったようで、集めてくれた窒素の多くが畑に残り、今年のトマトに効いてくれているようです。
2年連作をしたおととしと比べ、生育はかなり良いです。
 
2段目の着果が悪くて心配をしていましたが、3段目以降は順調に実が付いてくれています。
このまま上段まで着果が悪かったらどうしようと心配していましたが、とりあえず安心です。
イメージ 2
 
着果させた1段目の玉も大きくなってきました。
8月に入った頃から赤みが差してくると思います。
イメージ 3
 
低段での収量アップを狙って、1段目花房直下の側枝を伸ばして着果させています。
狙い通り良い実が付いてくれました。
イメージ 4
 
樹の様子です。
実が目立つ姿になってきました。
採れる形です。
イメージ 5
 
樹勢は今のところ維持していますが、少し強過ぎる感じです。
低段の着果負担によって上段の花が少なくなるのが例年の傾向ですが、
今年は上段の花がたくさん付いています。
イメージ 6
 
樹勢が強いため花房が左右対称でなく乱れた形になっています。
この花が全部実ってくれたらと思いますが、まずそんなことはありません。
ほとんどの花は落ちて適度な量が着果します。
昨年は雨が少なく着果が多過ぎて尻腐れが多発しましたが、今年はその様子がほとんど見られませんので、
わざわざ花を落とすことはせずに、トマトの樹に着果させるかどうかを決めてもらいたいと思います。
 
トマトの出荷はお盆頃からになります。
収穫までもう少し。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事