自然栽培トマトの小黒農場

今シーズンのトマト発送は8月中旬からとなります。

全体表示

[ リスト ]

梅雨が明けて土が良く乾きます。
3日前ですが自然栽培のじゃがいもの収穫をしました。
 
3,4年前は自然栽培ではほとんど採れなかったじゃがいも。
畝の立て方や植栽密度など色々なやり方を試して、少し手応えがつかめた2年前。
これだという方法を採用し大豊作だった昨年。
そして今年は・・・
 
収穫直前のじゃがいも畑。
この畑は花豆栽培用の棚が立てられた畑で、この数年は花豆をやっていました。
自然栽培とは言え連作することによる収量低下などが気になってきましたので、
今年は少量の品目を作付ました。
イメージ 1
 
株の様子。
イメージ 2
 
まあ、この畑だったら絶対にできるだろうとの確信がありましたが、結果は…
完全に枯れる前の株を引き抜きます。
イメージ 3
 
お〜、今年も芋がたくさん付いてくる〜♪
イメージ 4
 
MとLが混じったちょうど良いサイズ。
肌もきれいで美味しそう。
1株で1kg以上の収穫です。
イメージ 5
 
1反当りの収量に換算すると約1,400kg。
じゃがいも産地の一般栽培の収量3tにはまだまだ及びませんが、
この畑ならこれくらい採れるという事が予測できたこと、
これくらいは採れるという確実性や再現性、
栽培後も土の状態を高いレベルで維持できたことを考えると、まずまずの評価だと思います。
 
品種は十勝こがね。
過去キタアカリや男爵では収量が上がらなかったので、この品種が私の畑に向いているようです。
この品種に行きつくまでにも苦労がありました。
 
自然栽培でも確実に採れるようになったじゃがいも。
北海道の秋場さんや折笠さんには規模もレベルも到底追いつきませんが、
販路を確立して栽培規模を少しずつ増やしていけたらと思います。
 
販売もします♪
 

閉じる コメント(2)

試行錯誤。長年の積み重ね。根気とやる気。敬服!
本来農業とはそう言うものなのですね。
改めて肝に銘じます。

2014/7/25(金) 午後 1:52 [ iji*1*7 ]

顔アイコン

採れなかったジャガイモが採れるようになったことはとても嬉しいです。このやり方は私の畑では通用しますが他所ではだめかもしれません。それが農業の面白いところだと思います。

2014/7/25(金) 午後 9:46 [ 小黒農場 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事