自然栽培トマトの小黒農場

今シーズンのトマト発送は8月中旬からとなります。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

にんにくの芽

梅雨の中休みというのでしょうか、この1週間は晴れて気持のいい日が続いています。
その前は1週間雨続き。
晴れと雨がバランスよく分散してくれれば作業が楽なのですが、そうでない状況でやるからこそ面白みがあるのかもしれません。
 
あっという間に6月も後半に。
この時期の楽しみと言えばやっぱりこれ!
イメージ 1
 
にんにくの芽です!
炒めて食べると最高!暑い時期のビールのお供にはもってこいです。
 
世間では「芽」と呼ばれていますが、実際はトウ。
花を咲かせるためにニョロニョロと上に長く伸びてくる茎です。
 
収穫の半月ほど前になると、葉の中心のところからトウが伸びてきます。
イメージ 2
 
てっぺんにはつぼみが付いていて、そのうち花が咲きます。
花が終わると、この部分にとても小さなにんにくができます。
そのミニにんにくも食べられますが、養分を地下のにんにくの玉に集中させて肥大を図る目的で、
トウが経ったら引っこ抜いてしまいます。
ニョロニョロと伸びてきたトウを上手に引っ張ると、付け根で切れて千切れて長い「にんにくの芽」が収穫できます。
 
にんにくはまだまだ青々していますが、下の方の葉が少しずつ枯れてきました。
株全体の半分くらい枯れたら収穫です。
去年も良くできましたが、今年はもっと良さそうです。
イメージ 3
 
イメージ 4
 
自然栽培のにんにくはほとんど腐りません。
有機の圃場でもにんにくを少しやっていますが、玉は大きくなるものの晩秋以降に腐りが出てしまいます。
一方で自然栽培のにんにくは1年経っても腐りません。
さすがに芽が出てシワがよってきますが、我が家では昨年収穫したものをまだ食べています。
 
収穫は6月末。
とても美味しいにんにくが採れそうです。
生にんにくが楽しみです。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事