自然栽培トマトの小黒農場

今シーズンのトマト発送は8月中旬からとなります。

その他の作物・出来事

[ リスト | 詳細 ]

いんげん、ピーマン、キャベツ、葉物etc...主力作物以外の小規模栽培の作物についてです。
その他、小黒農場での出来事や出張、出店先での事、その他自然栽培や農業に関する事、持続可能なライフスタイルについてのページです。
たくさんのコメント待ってます!!
記事検索
検索

全17ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

梅雨が明けて土が良く乾きます。
3日前ですが自然栽培のじゃがいもの収穫をしました。
 
3,4年前は自然栽培ではほとんど採れなかったじゃがいも。
畝の立て方や植栽密度など色々なやり方を試して、少し手応えがつかめた2年前。
これだという方法を採用し大豊作だった昨年。
そして今年は・・・
 
収穫直前のじゃがいも畑。
この畑は花豆栽培用の棚が立てられた畑で、この数年は花豆をやっていました。
自然栽培とは言え連作することによる収量低下などが気になってきましたので、
今年は少量の品目を作付ました。
イメージ 1
 
株の様子。
イメージ 2
 
まあ、この畑だったら絶対にできるだろうとの確信がありましたが、結果は…
完全に枯れる前の株を引き抜きます。
イメージ 3
 
お〜、今年も芋がたくさん付いてくる〜♪
イメージ 4
 
MとLが混じったちょうど良いサイズ。
肌もきれいで美味しそう。
1株で1kg以上の収穫です。
イメージ 5
 
1反当りの収量に換算すると約1,400kg。
じゃがいも産地の一般栽培の収量3tにはまだまだ及びませんが、
この畑ならこれくらい採れるという事が予測できたこと、
これくらいは採れるという確実性や再現性、
栽培後も土の状態を高いレベルで維持できたことを考えると、まずまずの評価だと思います。
 
品種は十勝こがね。
過去キタアカリや男爵では収量が上がらなかったので、この品種が私の畑に向いているようです。
この品種に行きつくまでにも苦労がありました。
 
自然栽培でも確実に採れるようになったじゃがいも。
北海道の秋場さんや折笠さんには規模もレベルも到底追いつきませんが、
販路を確立して栽培規模を少しずつ増やしていけたらと思います。
 
販売もします♪
 

にんにくの芽

梅雨の中休みというのでしょうか、この1週間は晴れて気持のいい日が続いています。
その前は1週間雨続き。
晴れと雨がバランスよく分散してくれれば作業が楽なのですが、そうでない状況でやるからこそ面白みがあるのかもしれません。
 
あっという間に6月も後半に。
この時期の楽しみと言えばやっぱりこれ!
イメージ 1
 
にんにくの芽です!
炒めて食べると最高!暑い時期のビールのお供にはもってこいです。
 
世間では「芽」と呼ばれていますが、実際はトウ。
花を咲かせるためにニョロニョロと上に長く伸びてくる茎です。
 
収穫の半月ほど前になると、葉の中心のところからトウが伸びてきます。
イメージ 2
 
てっぺんにはつぼみが付いていて、そのうち花が咲きます。
花が終わると、この部分にとても小さなにんにくができます。
そのミニにんにくも食べられますが、養分を地下のにんにくの玉に集中させて肥大を図る目的で、
トウが経ったら引っこ抜いてしまいます。
ニョロニョロと伸びてきたトウを上手に引っ張ると、付け根で切れて千切れて長い「にんにくの芽」が収穫できます。
 
にんにくはまだまだ青々していますが、下の方の葉が少しずつ枯れてきました。
株全体の半分くらい枯れたら収穫です。
去年も良くできましたが、今年はもっと良さそうです。
イメージ 3
 
イメージ 4
 
自然栽培のにんにくはほとんど腐りません。
有機の圃場でもにんにくを少しやっていますが、玉は大きくなるものの晩秋以降に腐りが出てしまいます。
一方で自然栽培のにんにくは1年経っても腐りません。
さすがに芽が出てシワがよってきますが、我が家では昨年収穫したものをまだ食べています。
 
収穫は6月末。
とても美味しいにんにくが採れそうです。
生にんにくが楽しみです。

1週間のダウン

15日(木)の朝起きてみると、体が何だかだるい・・・
しばらく休んでいないから当たり前だと思いつつも体温計で計ってみると37℃台の熱。
ちょうど良いから休みにしようと一日寝ていましたが、次の日になっても熱は変わらず。
きっと夕方には良くなるだろうとさらにもう一日お休み。
 
3日目の17日(土)朝。
熱を計ってみると38℃台後半の高熱に!
このところ作業が非常にはかどり、体もいくらでも動くので、楽しくなって休みなしで働いていたら、
とうとう体がおかしくなってしまったようです。
 
クラクラしながら車を運転して、自力で病院へ行きましたが、ただの風邪という診断。
今まで風邪なんて1日2日で治っていたのに、3日目で熱がさらに上がるなんて初めてです。
何かがいつもと違うと思いながらも、寝て休むしかないのでずっと寝ていました。
 
4日目の18日(日)には39.5℃まで熱が上がり・・・物心ついてから最高記録です。
 
6日目の20日(火)まで38〜39℃台の熱が続きましたが、
7日目の21日(水)になると、うそのように熱が下がり平熱に。
それで今日から起きて、ハウス内で軽い作業をしています。
 
実は2歳の息子がほとんど同じ症状で、小児科ではヒトなんとかウィルスに感染したようだと診断されていました。
感染すると約5日間高熱が続く強力な風邪のようなもので、主に幼児がかかるのですが、
弱った大人も感染するそうです。
きっと私もこれにやられたのだと思います。
 
一年で最も忙しい5月。
この時期に1週間も休んでしまったことは大変なことですが、
それでも今年はかなり作業がはかどっていたので±ゼロくらい。
不幸中の幸いでした。
 
一つだけちょっと困ったことは、休んでいたせいでとうもろこしの種まきが分散できず、
これから一気に播く事になるので、収穫も一気に迎えてしまうことです。
ただ、これはすでに分かっていることなので、今から対策を立てて滞りなく出荷できるようにして期待と思います。
 
5月下旬はトマト苗の定植に田植えです。
このタイミングで回復して良かったです。
8月になり、じゃがいもの茎がどんどん枯れていきます。
機械で収穫する場合は別ですが、手で掘る場合はこの茎が残っているうちの方が断然収穫が楽です。
茎をもってひっこ抜けるからです。
 
5月19日頃に植えた十勝こがね。
いつもより播くのがかなり遅くなってしまいましたが、芽の動くのが極めて遅いこの品種にはむしろ適期でした。
成功よりも失敗から学ぶことの方がけた違いに多いです。
 
マルチをしての栽培。
確実に収穫したかったので株間60cmとしました。
株間には枝豆を播いてあります。
ただこの枝豆、じゃがいもの生育に良い影響を与えたかどうかは全く分かりません・・・じゃがいもの生育の方が早くて、ずっと埋もれていました。
 
イメージ 1
 
株をもってひっこ抜きます。
道具で掘るよりも全然楽。
7,8割のイモがくっついてきます。
イメージ 2
 
1株当たりこれくらいのじゃがいもが収穫できました。
これで1kgくらいです。
平均してどの株もこれくらい採れました。
イメージ 3
 
大きなものは300g以上。
十勝こがねは粒が大きく芽のくぼみも無いため業務用に適している品種です。
一般家庭でももちろん調理しやすいです。
しかも貯蔵性が極めて高く、そして美味しい!!
お気に入りの品種です。
 
初めはほとんど採れなかった自然栽培のじゃがいも。
昨年からコツが分かり、今年は確実な収量を得ることができました。
株間が広い分反当たりの収量はやや落ちますが、それでも1株にこれだけのイモが付けば大満足です。
そして何より品質と味は最高です。
 
上手にできるようになった自然栽培のじゃがいも。
来年は作付面積を少し増やしたいと思います。

収穫間近の夏いちご

夏いちご(品種:甲斐サマー)が順調に育ってくれています。
株がしっかりしてきたので、7月中旬から摘花をやめて実を付け始めました。
実は雨に弱いようなので雨除けを設置しました。
(左の方はまだ作業途中です)
 
イメージ 1
 
いちごの株自体は水を必要としますので、様子を見て潅水をする必要が出てくるかもしれません。
高畝+雨除けでは畝の上はかなりの乾燥状態になります。
いちごの根がどれだけ深くまで伸びているのか全く分かりませんが、畝の外まで伸びてくれていれば少しの水分でも上手く吸収してくれるはずです。
 
雨除けの中の様子です。
イメージ 2
鳴沢村から譲り受けた苗はかなりの背丈がありましたが、その後葉っぱを更新していくうちに随分と自然栽培らしい姿になってきました。
背丈は高くなく、がっちりとした姿です。
今となってはですが、黒マルチではなく白マルチを使えば良かったと思っています。
日中マルチの表面がかなり熱くなり、もしかするといちごの実が焼けてしまうかもしれません。
その場合は敷きわらなどで対応したいと思います。
 
株の分けつも進んでいます。
(ピンボケです・・・)
イメージ 3
 
定植時はほとんどが1つだった株ですが、株元から新しい分けつが発生し、どの株も2,3個に増えています。
分けつは1株につき4,5個まで増やします。
それ以上になると込み過ぎて一つ一つが窮屈になり、生産性が落ちてしまうため、新しく発生するものは取り除いてあげます。
 
それほど大きくありませんが、実も赤くなり始めました。
イメージ 4
 
甲斐サマーという品種は一つの花房からどんどんと花が発生するため、養分が分散して実が小さくなってしまいがちだそうです。
なので一つの花房に付ける実は5,6個に調整します。
多い分は摘花、摘果します。
 
今日は4つ収穫できました!
小ぶりですが立派ないちごです。
イメージ 5
 
夏いちごはすっぱいという印象が強いのですが、酸味はそこまできつくなく、
甘みとのバランスがちょうど良いすっきりした味。
とても美味しいです。
 
収穫は8月10日頃までは味見程度しか得られなさそうです。
初めてなのでまったく分かりませんが、お盆過ぎにはもっと株がしっかりし、収量も少し上がるのではと思っています。
一度成り休みすると聞いていますが、多分9月初旬〜中旬がピークになると思います。
 
アブラムシやうどんこ病などもう少し発生すると思っていましたが、今のところさほど気になる症状はありません。
秋になり気温も下がり、株が疲れてきた頃どうなるか、今年はしっかりと観察をしていきたいと思います。

全17ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事