日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

Sogaphonの種明かし

今日はSogaphonシステムの解説です
 
まずは完成形
 
イメージ 1
 
チコンキのスロート部のアダプターは積層スプリングで仕上げています。0.3mm厚の熱処理形状記憶スプリング製です。友人のチコンキスト曽我氏(熱処理会社の社長さん)の手によるものです。ですからSogaphon。
もちろんゼンマイのプロですから、どんなゼンマイも作ってしまいます。富士レコードや梅屋さんにも頼まれて製作しています。趣味として。こういう人が仲間にいるとチコンキストは安心ですね。僕のオルゴールのゼンマイも修理してくれました。
 
 
ドイツポリフォン11インチ、8ベル付きの機械です。1900年頃の銘器復活。
 
真ん中の円錐形の物体はHMV5Bサウンドボックスに模して作ったイコライザーです。これがあるのとないのとでは音が違う。HMVはよく考えています。
 
イメージ 2
 
ユニット側です。Peerless 5cmフルレンジユニットです。試行錯誤の結果HMVにはこのユニットが最適であることが判明。ただし現行品は中国からインドに生産拠点が移転したので、音質については不詳です。Tang-Bandでは低音がやや出すぎるようです。できるだけユニット振動板とスロートが近いほうがいいようです(サウンドボックスの振動板と同じ位置)。
 
イメージ 3
 
 
実験段階のSogaphon。ジャンクチコンキのサウンドボックスの流用です。
 
イメージ 4
 
ユニット側。Tang-Bandの5ccmフルレンジ。
 
 
最近You-tubeにアップした画像です
 
 
Coleman Hawkinsのソロ。かなりのレア盤です。
 
 
大好きなEdythe Wrightです。
 
Sogaphonを使うと45回転EPだって蓄音機で再生できちゃいます。我が青春時代のアイドル、ダニエル・ビダル
 
とってもいい音です。78rpm復刻は出来るだけノイズカットをしていないものが最適で、新さんのGoodiesシリーズはおすすめです。
 
なんといっても針を削る(切る)手間がかからない。しかも音量調節ができる?
チコンキストには邪道かもしれませんが、こんな楽しみ方があってもいいですよね。
 
 
 

蓄音機のお遊び

ブログをはじめました!
コメント大歓迎です。
これからどうぞよろしくお願いします!
 
ゆうちゃんです。
本来まっとうな真空管アンプビルダー、蓄音機愛好家兼ジャズマニアでしたが、最近はあらぬ方向の道楽に走っています。
 
画像は動画にしてYou-tubeにアップしていますのでご覧ください。
yuichis3010で検索すると出て来ます。
 
最新情報は銘器HMV157を使った電気再生、HMV102 2台によるステレオ再生の実験です。
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
HMV157はHMVのフロア型蓄音機では最も小型ですが、ホーンに折り曲げのない’ストレートホーン’型なので、音ばなれの良さは抜群です。
 
ナマ蓄音機のように、針の交換、レコードの交換をする手間がないのでソファに寝転がりながら蓄音機の音を楽しむことが出来ます。
 
蓄音機のサウンドボックスのかわりに5cmのフルレンジスピーカーをマウントするシステムです。友人の曽我氏発案制作によるもので、Sogaphon(ソガフォン)と名付けました。
リアルな音がします。
 
Sogaphonの解説はこちら
 
イメージ 3

 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事