sinfonia結衣

日本ロリータ協会会員No.3181

本編 京都舞鶴市 舞鶴赤レンガパーク(前編)

イメージ 13

皆さんおはようございます
今回は京都府舞鶴市ににあります
舞鶴赤レンガパークに行ってきました。

赤れんがパークの建物は、旧海軍舞鶴鎮守府の軍需品等の
保管倉庫として、明治35年(1902)から
明治36年(1903)に建てられたものです。
これらの倉庫のうち8棟が平成20年(2008)に国の
重要文化財に指定され、 平成24年(2012)
「舞鶴赤れんがパーク」としてオープンしました。

イメージ 1

今回もがんばって動画撮ってきました。


護衛艦「しらね」の主錨です。
入り口に展示してありました。

イメージ 2

舞鶴赤レンガパークの案内板の前で。

イメージ 3

展示やイベント棟に行くまでに
赤レンガロードがあります。

スナップです。

イメージ 4

ロードの建物は立ち入り禁止になっています。

イメージ 5

赤レンガの建物の大きさがわかります

イメージ 6

イベント棟第5号棟前です。

イメージ 7

5号棟カフェの前で。

イメージ 8

展示棟の扉は綺麗に塗装がされています。

イメージ 9

しゃがんで撮影しました。

イメージ 10

第5号棟イベントホールの内部です。
中に入ると大きな建物であることが
良くわかります

イメージ 11

後ろの人達は
建築の勉強をされている方のようでした。

イメージ 12

第3号棟知恵蔵棟の前の郵便ポストです。
ここに来るとこのポストと並んで写真を
撮るのが定番のようです。

イメージ 13

知恵蔵棟の内部です。

中にディーゼル機関車が展示されて
いました。

戦後民間の倉庫として使われていたので
倉庫内の運搬用の機関車だったのかも
知れません。

イメージ 14

パークの敷地内に
鉄道の軌道だったのかなって
思うような後が所々
残っていました。

イメージ 15

知恵蔵棟2階の展示場です。
屋根の骨組みは木で造られているのが
良くわかります。

イメージ 16

戦艦「三笠」の模型が展示されています。

イメージ 17

赤レンガ博物館1号棟前です。
この建物の屋根の骨組みは鉄骨で
組まれています。
魚雷の倉庫として造られた建物です。

イメージ 18

レンガ博物館の看板です。

イメージ 19

舞鶴は昔は海軍の街として栄え
戦後は海上自衛隊の街
として栄えています。
奥に見えるのは
護衛艦「ひゅうが」です。

イメージ 20

カメラの望遠性能を試すべく
ズームで撮ってみました。

イメージ 22

海上自衛隊の船が出港して行きました。

イメージ 21

後編に続きます。
お楽しみに



舞鶴と同じ港町
神戸で撮影した動画です。



その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。


.


みんなの更新記事