ここから本文です
危険な国をランキングしてます。最新更新 2018 02

書庫全体表示



アントワネット(他国からの花嫁) ジャンヌダルク(正義のヒロイン)処刑した最低な男達の子孫が住む国。若い時のB.バルドーばかりにウヌボレてたのに その後は まったく引き立てない。



イメージ 9
神風特別攻撃隊 英雄 Mohamed Lahouaiej Bouhlel(31)











2016年7月16日 02:07 bloomberg

フランス在住のチュニジア人男性、モハメド・ラフイジャ・ブフレル容疑者は19トンの冷凍冷蔵トラックをレンタルし、ニースの海岸沿いの遊歩道を2.3キロにわたり暴走した。パリの対テロ検察官、フランソワ・モラン氏が記者団に述べた。犠牲者には10人の子供やティーンエージャーが含まれた。容疑者は警官に射殺される前に7.65ミリ口径の自動小銃で応戦したという。

フランスでの大規模テロは2015年1月のシャルリー・エブド襲撃事件以来3回目。11月には同時多発テロで130人が犠牲になった。過去1年半の間にはその他4件の小規模な事件があり、死者数は240人近くに上っている。・・・84人が死亡、202人が負傷し、このうち子ども1人を含む18人が重体となっています。















France Nice 自爆暴走事件 死者80名以上 2016年7月15日(金)

テロとは言わない 秋葉原事件と同じ。嘘で塗り固められた国


イメージ 8

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 10

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 5

イメージ 4

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19









「豚肉のハムを食べていた」「酒臭い」 容疑者はイスラム教に無関心で離婚問題を抱えていた!
2016.7.18 07:22

チュニジア国籍のモハメド・ラフエジブフレル(31)

・「あいさつにも返事がなく、話したことはない」

・誰かと一緒にいる姿はみたことはなく、酒の臭いが漂っていることが多かったという。

・妻と3人の子供がいる。2005年に出身地のチュニジア中部モアケンから移住し、ニース北部の団地で暮らしていたが後に別居し、今は離婚手続中という。

・定期的にジムで体を鍛えるなど容姿に気を使い、女性と遊ぶことも好んだほか、よくバーにも通っていた。店で一度だけ会ったときは「いつもよりは少し明るい表情だった」。

・今年3月、交通事故をめぐり木材で相手の運転手にけがを負わせたとして傷害罪で執行猶予付き有罪判決を受けた。離婚も暴力が原因で妻が申し出ていたという。

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29







雨宮塔子 離婚成立の裏に「パリ在住ママたちからの嫉妬の炎」
2015年08月28日 jisin.jp


雨宮塔子 TBS“出戻り”で激化
2016年7月21日  nikkan-gendai




イメージ 30

イメージ 31

イマイチ男ばっか

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事